そらまめくん のベッド ねらい

花ちゃんさん まだ妊娠中ですが、聴覚が発達してくるこの時期から胎教にどうかなと思って、読み聞かせを始めました。主人は13歳年下なので、いろいろと時代の違いを感じることが多いのですが、『そらまめくんのベッド』は夫婦共に大好きな本として共通していたので、うれしくて購入した次第です。主人が声を変えて絵本をお腹の子に読んでくれてますが、おかしくて毎回大笑いしてます。何度読んでも楽しめる、最高の絵本をありがとうございます!

井上 正子さん 5ヶ月の娘に読み聞かせしました。内容はともかく、よく絵を見ていました。本のページを手で触って「早くページをめくって!」と言っているかのようでした。この本は私が小学校で勤務していた頃に子どもたちに読み聞かせをしていました。毎年そらまめの皮むきをしていたので、その前にこの本を読んだのです。心あたたまる内容で、違う種類のお豆も知ることができます。私も子どもたちも「そらまめくんのベッド」が大好きです。 978-4-8340-そらまめくんの宝物は、雲のようにふわふわで、綿のようにやわらかいベッド。だからだれにも貸してあげません。ある日、そのだいじなベッドが突然無くなってしまったからさあ大変! そらまめくんは必死でベッドをさがしますが、どこにもありません。ところが、やっと見つけたベッドには、うずらがたまごを生んで温めていたのです。さて、そらまめくんは……。子どもたちに大人気の愉快なそらまめくんが大活躍する絵本です。読んであげるなら3才から自分で読むなら小学低学年からその他の仕様 +以前から知っていたものの、持っていなかった絵本。保育園で子どもが読んでもらって、内容を話してくれたので購入。「ベッドがないね!」と先々説明してくれながら、一緒に読みました。 しゅんさん そらまめが店頭に並び、皮をむいている子どもたちがイメージできてたのしい。 れおありすさん 我が家には4才の女の子と1才の男の子がいます。今日、参加している育児サークルで、上の子が同じ4才の子にそら豆の皮をもらっていました。ふたりにはこんな会話が……。「ベッドだね?」「うん、ベッドだよ。中は、きのうたべちゃった。」「ふうん。すごいね。」「そう。ほんものだもん。」どんな話かは、お楽しみ。 そらまめくんは自分のふわふわなベッドのさやがお気に入り。 他のお豆達に、「そのベッドで眠らせて欲しいな。」と言われるのですが、「ダメダメ。」と、誰にも貸そうとしません。 ある日、突然そらまめくんのベッドが消えてしまいました。 オーノユウコさん 娘が気に入って、1日に何度も読んでと持ってきます。手がはなせない時などは、内容を覚えているので、字は読めませんが1人でいろんなページをめくりながら読んでいます。さやえんどうさんがとてもお気に入りのようで、出てくる度に“かんわいい~”と嬉しそうです。 みみさん 自分のものをかしてあげることが苦手な息子。そんな息子とそらまめくんの気持ちがリンクして、この絵本を息子に読みきかせたいと思いました。ベッドがなくなった時、じーっと見ていた息子。何か特別に言葉を発することはありませんでしたが、何かを感じてくれたらいいなと思いました。 まるちゃんのママさん 近所の幼稚園でこの本を知り、娘がじーっと見ていたので購入しました。家で何度も読んでいますが、読む度に「ちょっとまって!」とページを行ったり来たりしながら「これは グリーンピース?」「これは さやえんどう?」と、豆の種類をたしかめながら楽しんでいます。 西野莉緒さん 銀行の待ち時間に本棚にあったこちらの本を手に取り、とても可愛い絵と色彩、そしてあたたかいストーリーに感動しました。その帰り道に早速書店に寄り“そらまめくん”を購入しました。毎晩のように孫がこの“そらまめくん”を読んで!!と持ってきます。もうストーリーも覚えてしまい、ひとりで本をめくりながらお話ししています。そのくらい大好きな絵本になりました。そこで2冊目、3冊目と購入し、今では孫と私の宝物になっています。

和田洋子さん 絵本を読んでもらうことが好きです(3歳男児)。保育所でも読んでもらったことがあったようで、本の名前は知っていました(まだ本の内容は理解できていないようですが…)。8ヶ月の妹も一緒にお話を聞いていました。お友達に思いやりを持って、接することができるようになって欲しいと思っています。子供の成長段階に合わせて、お話を読んでいきたいと思います。 中田英子さん キャラクターのそらまめくんがあんまりかわいいので、思わず絵本を2冊購入してしまいました。せわしない毎日、くたくたになって仕事から帰ってきて用を済ませ、寝る前のひとときにこの絵本を開くと、心がホッとしますね。 ぽこりんさん たくさんの“おまめさん”が出てくるこの本が娘は大好きです。しかし肝心のそらまめくんは食べたことが無く、冬の間中「お母さん、そらまめくんお店にある?」と聞いてきていました。春になりあちこちのお店を探しやっとベッド付きそらまめくんを見つけたときは私も嬉しかったです。その日はもちろんおまめパーティ。おいしいねー。と食べました。それからベッドを並べて遊んだりふかふかのそらまめくんのべっどに皆を乗せたりして絵本さながらに遊びました。 Smiffさん 孫の誕生日に購入。そらまめくんシリーズは絵も背景もきれいで、孫もおおよろこび。孫のパパも福音館の「こどものとも」、「かがくのとも」で育ちました。じぃじがつくっている畑のそらまめのふわふわベッドをきれいだね、ふわふわだねとよろこんでます。ちょっぴり野菜きらいの孫ですが、そらまめやグリーンピース、枝まめは大好きです。なかや先生、これからもすてきなお話お願いします。 たいちゃんパパさん こころあたたまる本で、夜寝る時読んでます。 エツコサンさん 保育教諭をしています。まだ少し早いのですが、私の大好きな本!数十年前に娘、息子に読んだことを思い出し購入しました。訳あり手離してしまった為、今回購入させて頂きました。 ふーママさん ふわふわのそらまめ君のベッド、最後のページのみんなで楽しそうに眠るシーンにいやされます。2歳の子が理解できるようになるまで、何度も読んであげたい。 桃花母さん 小さい子どもが大切な物を人に貸してあげることは、大人が考えるよりずっと大変なことで、様々な段階を経て次第にできるようになるものだと思います。そういう過程が大切に表現された絵本でした。早急に形式的に貸借ができることより、貸せない時期をくぐりぬけ、じっくり納得がいく形で貸借ができるよう、大人として子どもを導いていけたらいいなあとこの本を通して実感しました。 まさしさん ほのぼのとした絵、全体的にみどり、青色の私の好きなカラーの色調で、とてもきれいな世界です。私の好きなシーンは、ラストのそらまめくんが、みんなをふわふわベッドに招待して「おやすみなさい、みんなぐっすりねむってね」のシーンです。 熊谷太郎さん おともだちに、どうぞ一緒にあそぼーと、声かけできるやさしい子に育ってほしいと思いました! まきちゃんさん 身近な食べ物やベッドが出てくる話で、子供はとても親しみが持てるようです。おいわいのパーティーの場面に出てくる楽器などもとてもいいです。…ただ、現実的にはふつう、ベッドをかしてくれとは言わないなぁ、と思いました。皆で分け合ったり、助け合ったりして、教育的な面でも考えて作られたのだとは思いますが。 西村泉さん 春から幼稚園に通うので、お友達との接し方に役立てばと思い、この本を選びました。大人も考えさせられる良い本だと思います。 みゆさん 今から40年程前、当時4歳児だった娘がもち帰った「こどものとも」が、貴社の絵本との出会いでした。その後、息子次女と3人の子ども達が毎月もち帰り、5歳児になったら「かがくのとも」と出会い、本屋さんでみつけては購入したりと、我が家の本棚のスペースは絵本でいっぱいになりました。その絵本が今は孫達に読みつがれ、うれしい限りです。子ども達の限りない感性をみがき、心を育ててくれる貴社の絵本の数々、これからもたくさんの子ども達に読みつがれるよう、応援しています。 やえのアータンさん これから産まれてくる赤ちゃんが喜んで読んでくれると思い購入しました。主人、おばあちゃんが読み聞かせ…お腹の赤ちゃんも楽しんで。優しいイラストも気に入りました。次回はすいかのたねなども あっ!?ぐりとぐらも!!今から楽しみです。絵本って大人になっても思い出深く残るものなので、本好きな子に育てます。 そらまめくんの宝物は、ベッド。雲のようにふわふわで、わたのようにやわらかいんです。えだまめくんや、グリーンピースのきょうだいたちが「そのベッドでねむってみたいなあ」といいますが、「だめ、だめ」と誰にもつかわせようとしません。 そらまめくんの宝物は、雲のようにふわふわで、綿のようにやわらかいベッド。だからだれにも貸してあげません。ある日、そのだいじなベッドが突然無くなってしまったからさあ大変! そらまめくんは必死でベッドをさがしますが、どこにもありません。 すぷーんさんさん この本は、子どもがゆずり合いの大切さを知るのに適している。絵もかわいらしい。

そらまめくんのベッド のあらすじ・内容. 『そらまめくんのベッド』を読みました。 そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集) 作者: なかやみわ 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1999/09/30 メディア: 単行本 購入: 7人 クリック: 34回 この商品を含むブログ (85件) を見る あらすじ そらまめくんの宝物は、自分のベッドです。