クロノトリガー 中世 bgm
冒頭からラストまでのテンポがアップダウンすることにより、映像にマッチしている曲。「クロノ」は「マール」を追って、同じ渦のゲートに飛び込むのであった…ってお話。そして、当時は考えられなかった(スクウェアとエニックスが合併する前)、坂口博信氏 × 堀井雄二氏 × 鳥山明 という組み合わせに発狂したのと、音楽に光田康典氏、植松伸夫氏という今のゲーム業界では考えられない布陣。『クロノ・クロス』でのオープニングで 使用されており、何ていうかこの曲だけでクオリティが高く初っ端から全てを圧倒した一曲です。幼馴染の「レナ」を見つけて会話をすると「亡くなった幼馴染のお墓参りをお願いできるかしら」と言われ、墓に向かうと、そこには自分の墓である「セルジュの墓」が存在した。前作同様に「強くてニューゲーム」はもちろん健在で、マルチエンディングも同様に採用されています。前作でメインシナリオを勤めていた 加藤正人氏が今回は監督、脚本、演出を全て担当しています。中世から現代に帰りストーリーを進めて行くと王女誘拐犯として「王国裁判」にかけられます。衝撃な展開から、敵の様な人達に捕まりそうになるが旅娘である「キッド」が助けに入り、この謎を解き解く冒険が始まる。前作よりも、仲間人数が大幅に増え(40キャラ以上)てパーティの自由度が大幅に増したことによりプレイヤーを混乱させました。さらにはストーリーの緻密さに置いてかれるコトもしばしばありましたが今思うと良くできているストーリー展開はさすがスクウェアエニックス。著名人アーティストである、清水 翔太氏やHilcrhymeがサンプリングしていることが楽曲の有名度がわかります。ドラマチックな展開からなんとも耳に残る奇妙かつ心地よいサウンド。そして、これからの冒険を不安と期待をミックスした様な曲はさすがとしか言い様がないです。主人公である「クロノ」は、千年祭の会場で偶然にも金髪の少女とぶつかり出会う。彼女は「マール」と名乗り、流れで一緒に行動を共にする。幼馴染である発明家であった「ルッカ」のイベントである転送装置のデモイベントで「テレポッド」の公開実験に足を運んだ。その実験台を観戦していた「マール」が転送のイベントに参加し、その転送中に異常事態が発生する。 突如現れた時空の渦というゲートに吸い込まれてしまい、身に着けていたペンダントを残し姿がキングクリムゾンする。時はクロノ・トリガーの世界から20年たったA.D.1020年。魁堵(かいと)が気ままにゲームや映画、アニメを中心に魅力をツラツラ届けるサブカルブログ。YouTubeで『レトロゲーム実況』もしておりますのでご興味ある方は是非ご覧ください。ガルディア王国が当に滅び、「パレポリ」が権力を握ってから15年という歳月が流れていた。90年代を代表するロープレであり、主人公クロノを中心に魅力的な仲間たちから、現在過去未来を行き来する異次元ストーリー、さらには「強くてニューゲーム」の先駆けであり、マルチエンディングの多さにもファンを唸らせました。特に戦闘システムよりも、耳に残るBGMが本当に名曲だらけなのが凄い。主人公である「セルジュ」は幼馴染である「レナ」と “オパーサの浜” で黄昏ていた。「セルジュ」は突然に謎の声に意識がキングクリムゾンする。目を覚ますといつもの光景なハズなのどこか違う感じがし、自分の村へ戻ると「セルジュ」のことは誰も知らないという。今ではプレイしやすくなった、クロノ・トリガーやクロノ・クロス、さらにはゼノギアスや、マリオパーティ、ゼノブレイドシリーズなどで数々の名曲を思う存分披露しております。この機会に、名曲に注目しながらもプレイするのもありかもしれませんよ。そして、それに思い出補正を交えつつ簡単に “何曲” か紹介したいと思います!待望の続編が90年代ラストに発売された作品であり、前作の面影を残しつつもどこか懐かしさを感じさせました。 夜の底まで落ち込みたい時がたまにあるんです。そんな時は底まで行ってからまた上がります。なんでしょう、この厳かで神秘的な曲は。ゲームのどこで流れていたかは思い出せないのですが、クロノ・トリガーと言ったらこの曲を思い出します。まさに神秘的です。他にもクロノトリガーは名曲揃いです。是非他の曲も聴いてみてください。そしてゲームも是非。携帯でもできるみたいです。私は当時の思い出はキレイなままにしたいのでゲームのやり直しはしませんが、たまにこうやって曲を聴いて思い出すことにします。音楽って凄いですよね。その音楽を聴いていた頃に簡単にタイムスリップできてしまう。この曲はファンが多いので、いろんな人がアレンジしています。たまたまいいアレンジがおすすめに出てきたので、これも貼っときます。音楽の才能がある人が羨ましい。好きな曲を自分の好きに感じにアレンジできるなんて最高じゃないですか~それにしてもこのオープニングムービーカッコいいです。スーパーファミコン版でしか遊んでない世代ですんで、これ最初見た時は感動しました。いやー、これ最初から最後までアニメで見たいっそんな中、クロノトリガーはドラコンボールの鳥山明先生がキャラクターデザイン、戦闘システムはフィールドから戦闘画面に切り替わらずそのまま戦闘が始まる、また仲間同士で連携技が出せるなど斬新なゲームシステムを引っさげて登場しました。また趣味のパソコンに費やせる時間が増えてきたので、いろいろ遊んでます。 やはりこの曲ですね。メインテーマです。とにかくカッコいいです。ゲーム中でも主人公たちが奮い立った時に流れます。私もそんな気分の時に聴きます。これは現代のフィールド曲です。メロディラインが美しいです。街は1000年祭で盛り上がっており賑やかでお祭り騒ぎなんですが、一歩街を出るとこの曲になります。緑の思い出、このあと一度ラヴォスに滅ぼされた絶望の未来へ行くんですが、そこがまたトラウマになりそうにぐらい荒れ果てた世界でゲームのドット絵でこんなにも絶望感が描けるものかと当時思ったものです。そしてその絶望の未来から現代に戻ってきたときにこの曲を聴いてなんだかホッとする。そして主人公たちは未来を変えるべく旅に出る・・・突然の豊かな文明と天に浮かぶ大地、そしてこのなんだか不思議で懐かしいメロディ。これを聴きたくてここのセーブポイントはずっと上書きせずに残してた記憶があります。20年以上も経ってまたこうして聴けるなんて幸せです。私も今、タイムスリップして20年前に戻っています。当時のいろんなこと思い出します。あの頃はまだ高校生。40代と言ったらもうオッサンど真ん中、サラリーマンとかしているのだろうかと漠然と思っていましたが、はい、サラリーマンやってます。まさかこの曲を聴きながら仕事したり、ブログ書いたりしているとは思いませんでしたが。みんなこの曲が好きなのか想いが強すぎて派手にアレンジが多い中、これは原曲に忠実なRemixです。ピアノの音色もとてもキレイ。これはこれでなかなか貴重なRemixです。そしてまた絵が素晴らしい。壁紙にしたい!!!あっ、そんなことを書きたいわけじゃなかった。クロノトリガーはそんな斬新な設定が目白押しなんですが、実はゲーム中の曲がまた名曲揃いなのです。私の作業用BGMリストを自分のためにも作っておきます。子供たちの手がかからなくなってきてちょっと寂しくなってきた40代IT系サラリーマンです。最近、いろいろ忘れっぽいので備忘録も兼ねて、試したこととか書いていこうと思います。クロノトリガーはスーパーファミコンで大ヒットした名作中の名作です。私もリアルタイムで高校生の頃に遊びました。その頃はRPGが流行ってドラゴンクエストやファイナルファンタジーが二大RPGでした。未来でロボの思い出のあたりで流れたと思います。すみません、20年以上前なので記憶が曖昧です。ゲーム中でも悲しいシーンで流れます。私も気分が落ち込んでいる時に聴きます。そんなの聴いたらもっと落ち込まないかって? クロノ・トリガーの思い出クロノトリガーはスーパーファミコンで大ヒットした名作中の名作です。私もリアルタイムで高校生の頃に遊びました。その頃はrpgが流行ってドラゴンクエストやファイナルファンタジーが二大rpgでした。そんな中、クロノトリガー ロボはその役を買って出、以後中世のフィールドには種まき、水やり、耕耘、カカシ役をするロボが出現する。この間に彼は、クロノ達を時代を超えた旅にいざなったのは誰かの意思によるものではないのかと考えるようになり、a.d.1000 1 『クロノ・トリガー』(1995年)とは? 2 『クロノ・クロス』(1999年)とは? 3 『クロノ・トリガー』|名曲.

『クロノ・トリガー』のスピンオフ作品だが、使われているbgmはゲーム版と同じ。 『spector』(2005年劇場公開) 劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来 (2010年) 劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来オリジナルサウンドトラック (2010年12月22日) 劇場版イナズマイレブンgo 究極の …