コウケンテツ NHK ギリシャ
料理研究家コウケンテツが「100年後に残したい食」を探し四国を旅する。小豆島ではしょうゆ蔵の絶品「ご飯の友」や瀬戸内海の幸の多彩な料理法、「うどん県」香川では新旧名店の秘密を知る。 コウケンテツ流の特別な方法を教えてもらう。 おススメの逸品を紹介する「Today’s choice」は、おしゃれでバラエティー豊かな アレンジ明太子の瓶詰。ともに7月14日生まれのコウさんと三好ジェームスは 「コウケンテツの日本100年ゴハン紀行」の見逃し 動画は、放送日の翌日から、nhkオンデマンドやユーネクストで配信される予定です。 コウケンテツの日本100年ゴハン紀行「四国は食の宝島」 「食材の … この記事は、nhk bs1で放送の旅番組「コウケンテツの世界幸せゴハン紀行」ギリシャ編で、コウケンテツさんが訪れたアテネのお店をまとめました。 アジア料理を中心とした家庭料理を作る料理人のコウケンテツさんが、ヨーロッパ各都市の食文化に触れながら旅をするこの番組。 世界40か国以上を旅し、それぞれの国の家庭料理に触れてきた料理研究家コウケンテツが、ヨーロッパで出会ったおいしいアイデアを料理する。ヒュッゲ(暮らしを楽しむ)の国デンマークの豚肉料理にヒントを得たトンテキや、デザートにもなるオープンサンド。 料理研究家のコウケンテツがギリシャを旅する。訪れたのは首都アテネのレストラン街。野菜も魚介も肉もたっぷり!ギリシャの人々がこよなく愛する庶民の味を堪能する。 料理研究家のコウケンテツが訪れたのは青い海と白亜の建物が美しいエーゲ海の島・ギリシャのサントリーニ。観光客に人気のロバタクシー業を営む家族と食卓を囲む。 料理研究家のコウケンテツが真夏のギリシャを旅する。首都アテネや地中海の島々で暮らす人々に出会い、ともに食卓を囲む。時短料理や家庭菜園による節約料理も登場! コウケンテツ(nhk)が事故?!実は勘違いだった. コウケンテツさんTV 8月23日(金) NHKEテレ1 17:45〜 ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン「夏だ!コウケンテツのつくっちゃお!」 ※嫉妬したレオンが、挑戦状をたたきつける!? その内容とは「包丁を使わない料理」! nhk bs1 2020年6月6日(土)19:00~20:49 ※途中ニュース中断(10分)あり 料理研究家コウケンテツがヨーロッパの旅を振り返り、各国で出会った「おいしいアイディア」をもとに、おうちで手軽に旅気分を味わえる絶品「旅ゴハン」を披露する。 料理研究家コウケンテツがヨーロッパの旅を振り返り、各国で出会った「おいしいアイディア」をもとに、おうちで手軽に旅気分を味わえる絶品「旅ゴハン」を披露する。 Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. コウケンテツのおうちで旅ゴハン!「ヨーロッパ編」 [BS1] 6月6日(土) 午後7:00~8:50. NHKオンデマンドでは、利便性の向上のため、JavaScriptを使用しています。お使いのブラウザの設定で、有効にする方法は、お使いのブラウザのヘルプなどをご参照ください。同じ状態が続く場合は、お手数をおかけいたしますが、NHKオンデマンドコールセンターまでお問い合わせください。チャプターを表示する本編:49分字幕HD世界40か国以上を旅し、それぞれの国の家庭料理に触れてきた料理研究家コウケンテツが、ヨーロッパで出会ったおいしいアイデアを料理する。ヒュッゲ(暮らしを楽しむ)の国デンマークの豚肉料理にヒントを得たトンテキや、デザートにもなるオープンサンド。これからの季節にぴったりのギリシャ風夏野菜丼に、ビールに合うドイツ風おつまみ、ポルトガル風リゾットにフランス流チーズ煮込みまで、見ているだけで旅気分に!(後編)(C)NHK 「コウケンテツの日本100年ゴハン紀行」の見逃し 動画は、放送日の翌日から、nhkオンデマンドやユーネクストで配信される予定です。 コウケンテツの日本100年ゴハン紀行「四国は食の宝島」 「食材の … 詳しくは31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。目次料理家コウケンテツが「100年先につなげたい日本の食」を探す旅。馬肉料理に干しなまこ、りんごのお酒に寒しじみ・・冬の青森で雪国ならではの食材や食文化を堪能する。八戸の朝市から冬の青森旅をスタートしたコウケンテツさん。「せんべいの天ぷら」など驚きの粉文化にも出会う。馬肉の産地・五戸では珍しい「義経鍋」を堪能。極寒の海に命綱もつけずに潜るナマコ漁。寒風吹きすさぶ中、湖に腰まで浸かりながら掘る寒しじみ。何重にもワラや土をかけ育てる温泉もやし。摘果したりんごを使うシードル。帆立の殻で調理する貝焼きなどでもてなしてくれる地元の人々に、コウさんも即興料理で応える。【出演】料理研究家…コウケンテツ料理研究家コウケンテツが「100年後につなげたい食」を探し北海道を旅します。足寄ではシェフたちが絶賛する極上の羊肉に出会います。羊を育て、出荷作業までも自ら行う夫婦の思いとは・・・?絶景で有名な美瑛では、地元の小麦を使った人気のクロワッサン、神戸から移住してパン作りに取り組む職人。全国から注文が絶えない十勝のジャガイモ農家。こだわりのブドウ栽培から生まれる深い味わいの赤ワイン。旅の最後にコウが作る渾身の料理。2001年に羊20頭からスタートし、今では700頭の羊を飼育しています。サウスダウンの純血種は「羊肉の王様」と言われるほど美味なんです。肉質は繊維が細かく繊細で、赤身なのにとっても柔らかい。このラム肉でコウが作った料理は「韓国風ジンギスカン」です。木苺ジャムと醤油をベースにしたタレがポイントです。この旅館の朝ごはん(バイキング)は、20種類以上の料理で大人気なんだそうです。すべての料理を地産地消にこだわっているんです。中嶋均さんが育てる養殖の牡蠣は小粒で厚みがあり、味も最高です。オーストラリアの養殖技術を取り入れて育てているんだとか。コウさんが厚岸の牡蠣で作った料理は、「生ガキのコチュジャンソース」です。美瑛町では廃校になった小学校で営むパン工房が大人気なんです。美瑛町の小麦は甘さが強く、美味しいパンが作れるのだとか。工房では薪窯でパンが焼かれています。ここ村上農園では、45haの農地で17種類のジャガイモを栽培しています。年間の収穫量は360t。収穫後に熟成させるのが美味しさの秘訣。コウさんは、インカのめざめを使って「タラとインカのめざめのとろとろ卵炒め」を作りました。料理に特化した公立高校の生徒が調理するレストランにコウさんが訪れました。ここで、コウさんが鮭を使った料理を披露しました。山崎ワイナリーでは、ブドウ栽培、ワイン醸造、販売まで一貫して行っているそうです。ここでも、コウさんがワインに合う逸品を披露します。料理研究家コウケンテツが「100年後に残したい食」を探し四国を旅します。小豆島では醤油蔵の絶品ご飯の友や、瀬戸内海の幸の多彩な料理法、「うどん県」香川では新旧の名店の秘密を知ります。徳島の祖谷渓では、傾斜40度もの急斜面で育つ濃厚な味の芋や野菜、吉野川の川魚で、豪快なアウトドア料理に挑戦。高知では「幻の和牛」と呼ばれる極上赤身の土佐あかうしや、ワラで焼き上げるカツオのたたきを守ろうと奮闘する人々に出会います。【出演】コウケンテツ大阪府出身。料理研究家である母・李映林主催のeirin’s kitchenにてアシスタントを経験後、2006年に独立。韓国料理を中心に、素材の味を生かしたヘルシーなメニューに定評がある。 現在は、雑誌や本、テレビ、ネットコンテンツ、イベントなど多方面で活躍中。一男一女のパパでもあり、自身の経験をもとに、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動に力を入れている。「コウケンテツのアジア旅ごはん」、「コウケンテツの世界幸せゴハン紀行」と、世界を旅し、食べ尽くしてきた人気料理研究家のコウケンテツさん。3人のお子さんを育てるイクメンとして、家庭料理の意義や「次世代の食」について考えることがますます多くなったというコウさんと、「あらためて足元の日本の“食”を見つめ直してみたいね」と話したのがきっかけでした。「100年ゴハン」には、100年大切に育まれてきた食、という意味と、100年後に残したい食、という両方の意味がこめられています。撮影や講演、メディア出演などで超多忙なコウさん、ロケに行っていただけるのは7月の10日間。岡山から小豆島にフェリーで上陸し、再びフェリーで高松に渡り、「うどん県」を駆け抜け、人気の観光列車で徳島・祖谷渓に入り、そこから高知に抜けて、黒潮めぐる太平洋に至るまで―――四国を縦断、猛暑の中の強行軍でした!とはいえそこはコウさん、疲れも見せず常にさわやか。10キロもある大きな石をかついで吉野川の川原に行き、豪華なアウトドア料理に挑戦したり、傾斜40度という目もくらむような急斜面での農作業を手伝ったり、過酷な撮影にも体当たりで臨んでくれました。そしてもちろん最大の見所のひとつはコウさんの料理。しょうゆ蔵の「もろみ」を使って、箸が止まらないご飯の友を作ったり、瀬戸内特産の「ハモ」をおしゃれな地中海風スープに仕上げたり、天空の畑でとれたばかりの野菜とそば粉で「チヂミ」を作ったり。コウさんの行くところ、おいしい笑顔があふれます。もちろん、コウさんの「うどん観」を変えた魂のうどん、「幻の牛」と呼ばれ赤身の味わいが際立つ土佐あかうしなどなど、各地の「100年ゴハン」をたっぷりご紹介していきます。「地域に無名の賢人あり」ということでしょうか。旅の途上で出会うお一人お一人のキャラクターや言葉が、とにかく強い!しょうゆ蔵に出入りする運送業者の方が、しょうゆかすを何かに利用できないかと考え、畑にまいて肥料にしてトマトを作ったり(このトマトがまた、ものすごくうまみが強くておいしいんです!)、水産会社の方が、名物カツオのたたきに欠かせない「ワラ」がなかなか手に入らないからと、自ら米作りに乗り出したり(ワラ焼きのたたきはなんといっても味と香りが違うんです!)。固定観念にとらわれず、「自分でやっちゃう」人が次々現れるのも印象的でした。「仕事は自分でつくるもの」「ないなら自分たちでやってしまおう」「値段はつくる人に決めてもらう」。みなさんの言葉の中に、未来につながるヒントがあると思います。変化に富んだ気候風土と、そこに暮らす人々、そしておいしいゴハン。作っている側も元気をもらえる番組です!そこで、私が利用しているのが31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。>> >> 菜々緒が七変化!「常識の仮面はがします」の再放送・見逃し動画配信は?居酒屋兆治が主演・遠藤憲一でドラマ化!見逃し動画配信はU-NEXTで!