シャーロックホームズ 罪と罰 wiki
トロフィーメモ. アクトワンレコーズから下記の作品の明治時代に流行した「探偵講談」を復興させている、上方講談師シャーロック・ホームズシリーズはその内容と知名度から、度々推理ホームズもののヒットで掲載誌ストランド・マガジンが売り上げ部数を伸ばすと、ライバル各誌はこぞって個性的な名探偵の登場する推理小説を掲載し、その中からいわゆる「また、アジアでも同時期にホームズに影響を受けたキャラクターが登場した。 Powered by Copyright © このゲーム知ってる? All Rights Reserved. シャーロック・ホームズ:罪と罰. 無性愛は、性欲自体がない無性愛は、性的指向や科学研究の分野としての無性愛の受容はまだ比較的新しく他の性的指向に比べるとメディアでの紹介や法的保護の動きは遅れているが、英語圏では徐々に性的アイデンティティとしての地位を獲得しつつある本節では英語圏の文脈での定義について説明する。日本独自の用語等については「無性愛であると自認する人々にはたくさんの種類がいるため、無性愛は幅広い定義を包摂しうるAVENでは無性愛者を「我々の皆が、無性愛であると気付いた時から無性愛という用語やコミュニティを必ずしも知っていたわけではないが、ほとんどの無性愛者は生涯にわたって無性愛である。(…)一方、無性愛者のコミュニティにも少数ながら、自らのセクシュアリティを探究したり疑問を抱く中で、束の間だけ無性愛と自認する人もいる。(…)無性愛識別基準無性愛の人々は、いかなるジェンダーの人々にも性的に惹かれないが、特に性的な行為に関しては、自慰行為の必要性または欲求は、無性愛者からは一般に性衝動(sex drive)と呼ばれ、性的な惹かれや性的なものとは切り離して考えられる。自慰行為をしている無性愛者は一般的に、それが人体の正常な営みであり、潜在的なセクシュアリティを持つしるしではないと考え、快感を覚えないこともある無性愛者は、性行為を行うことに対する感情についても様々である。無関心で、恋愛パートナーのためにセックスをする人もいれば、一般に人がセックスをすることを嫌うわけではないが、性行為をすることには強い嫌悪感を抱く人もいる無性愛者と自認する多くの人は、自らを他の性的アイデンティティにも属していると考える。例えば、性的指向や性的アイデンティティの恋愛的・感情的側面に関しては、無性愛者はアロマンティックと非アロマンティックの間、または無性愛とそうでない状態との間(アロマンティック・スペクトラム)にいると感じるため、無性愛者のコミュニティに関する学術研究は今のところ不足している1990年代にはインターネット上に性的欲求がほとんどまたは全くない人々のための私的なサイトがいくつかあった2014年の2009年、AVENのメンバーらが初めてアメリカでの無性愛は人間のセクシュアリティの新しい形態ではないが、公の議論に表れたのは比較的最近のことであるただし学者のジャスティン・J・レーミラーは、「キンゼイのXの分類は性的な行為の欠如を強調していたが、現代の無性愛の定義は性的な惹かれの欠如に重きを置いている。とすれば、キンゼイ指標は無性愛の正確な分類には不十分かもしれない」1979年、1980年に掲載された2つの論文では、カンザス大学のミシェル・D・ストームズがキンゼイ指標の再モデル化について概説している。キンゼイは実際の性的な行為と性的妄想(sexual fantasizing)や性欲(ertoicism)に基づいて性的指向を測定したが、ストームズは妄想や性欲のみを使用し、また単一スケールの2つの端ではなく2軸上に異性愛と同性愛を置いた。これは、両性愛(異性・同性両方への性欲を異性愛者・同性愛者と同程度に示す)と無性愛(異性への性欲を同性愛者程度に、同性に対する性欲を異性愛者程度に示す、つまり性欲がほとんどない人)の区別を可能にする。このタイプのスケールは初めて無性愛を説明したものであったポーラ・ヌリウスによる1983年の調査では、妄想と性欲の2次元スケールを用いて性的指向を測定した。回答者には結果に基づいて、異性愛・同性愛について0〜100のスコアが与えられ、両者とも10点未満の得点を挙げた者は「無性愛」と分類された。この群には男性の5%と女性の10%が該当した。調査では無性愛者が、複数のパートナーとの交際、肛門性交、様々な場所での性的接触、自己性愛的活動などの様々な性的な行為の頻度がはるかに低く、その欲求が起こる頻度も低いという結果を示した無性愛者のこの現象についての研究は、ボガートの1%という数字とは対照的に、2013年に出版されたアイケンらの調査によれば、2000〜2001年のNatsal-2アイケン、マーサー、キャッセルは、いくつかの証拠から、性的魅力を感じたことのない回答者に民族的差異があることを見出だした。無性愛が性的指向であるかどうかについてはかなりの議論がある無性愛がHSDDであるという見解については、無性愛者のコミュニティ内で議論を呼んでいる。無性愛を自認する人はふつう、性的指向として認識されることを好むこれらの研究者は、「無性愛者は自ら選んで性的欲求を持たないのではなく、一般に性的指向のカテゴリーに関しては、無性愛は、一連のカテゴリーに追加する意義のあるものではなく、むしろ性的指向やセクシュアリティの欠如であると主張されることもある。別の議論では、無性愛者が自慰したり単に恋愛パートナーを喜ばせるために性的な行為を行うことを踏まえたうえで、「無性愛は自然なセクシュアリティの否定であり、セクシュアリティへの羞恥心や不安、無性愛に関する経験的データを提供した最初の研究は、1983年にポーラ・ヌリウスによって発表された、性的指向と精神衛生の関係についてのものである2013年の研究では、ユールらが白人の異性愛者・同性愛者・両性愛者・無性愛者の性的指向との関連が指摘されるただし、性的指向の成因に関する研究を無性愛に適用することは、性的指向に無性愛を含めるか研究者によって一貫した定義がないという問題を孕んでいる2012年の研究によれば、無性愛者はゲイやレズビアン、バイセクシュアルなどの他の無性愛はまた、LGBTコミュニティからも偏見にさらされているいくつかのメディアにおける無性愛的な表現は限られており、作品の中で公に知らされたり、確たることが述べられることはほとんどないまた、アンソニー・ボガートは以下のような見方を示している。映画やテレビではよく、魅力的だが無性愛的な女性のキャラクターが、物語終盤で男の主人公に異性愛に「変えられる」さまを描く。こうした非現実的な描写は、どんな無性愛的な女性もひそかに男性のことを欲しているものだという異性愛の男性の妄信を反映したものである21世紀初頭から無性愛は、生物学的な存在というよりも一種の性的アイデンティティとして、欧米のメディアで徐々に論じられるようになってきた2011年にはアンジェラ・タッカー監督の下で、無性愛をめぐる問題を描いた無性愛の定義や分類については、日本の無性愛者コミュニティでは独自の発展を遂げてきた部分もある。