フェーズ 意味 医療

閉じる最終更新日:2020/06/07気になる項目をクリック読み:「フェーズ」は英語の「phase」を由来とするカタカナ語であり、「段階、局面、時期」を意味する言葉です。本来は、ギリシャ語で月の見え方を表す言葉や「また「設計フェーズ」「開発フェーズ」など、具体的にどのような段階なのか表現する場合もあります。英語の「phase」は、「フェーズ」というよりは、どちらかと言えば「フェイズ」と発音されます。ただし、ビジネスシーンで文字にする際は「フェーズ」とした方が相手に伝わりやすいでしょう。変化や発達、進化していく物事の中には単位で表現できないものも多くあります。それらをある期間・規模で区切ってフェーズという単位で見てみると、それらがどのくらい変化・発達・成長を遂げているかをそのためビジネスシーンでは、大きく分けて使い方はそれぞれ見ていきましょう。ここでは一般的にも使われるものを二つ紹介します。「フェーズフリー」バリアフリーは、高齢者や障害者などの要援護者への空間的な自由を提案しています。一方、「フェーズフリー」は全ての人への時間的な自由を提案しています。「フェーズフリー社会」「フェーズフリー設計」「フェーズフリーな住まい」といった形で使われます。フェーズゲートとは、ビジネスにおいては、各フェーズの終了基準を前もって明確に定義し、その基準(条件)を満たさないと次に進むことができないようにします。それによって早期に問題点やリスクを把握して、対策することが可能建築業界でもIT業界同様に、「フェーズ」の類語としては、以下の3つが挙げられます。読み方:ほとんどの文章で、「フェーズ」と「段階」を置き換えても違和感のない文章になります。今回のプロジェクトは最終的な読み方:意味:仕事や作業を進めていく順序・段階。また、その進み具合。「工程」は、IT業界や建築業界で使われる「フェーズ」の言い換え表現として医療業界で使う「フェーズ」と言い換えて使おうとすると違和感を感じるので注意しましょう。今回は全作業工程が的確な指示のおかげでスムーズに進んだ。読み方:意味:物事の進行上の段階。「ステップ」は「段階」とも訳されるので、「フェーズ」や「段階」が使われている文章を「ステップ」に置き換えても違和感がないことが多いです。ただし、「ステップ」は、「ステップアップ」という表現もあるように、「一歩一歩の段階を踏んでいく」というイメージのある言葉です。業界によっても違いますが、読み方:②の「位相」という意味は、物理学や数学などの領域で使われています。「位相」とは、振動や波動など周期的に繰り返される事象の中の「一つの局面」という意味があります。また、言語学における「phase」の意味には、その言葉が使われる集団や場面の分類が含まれます。「phase」の使い方には、大きく分けてビジネスを含めた日常生活で使う意味と、学術領域で使う意味の二種類あると言えるでしょう。英語の「phase」を由来とする「フェーズ」は主に、「最終的なフェーズ」というように単体で使うことも出来ますし、「第1フェーズ」と番号を振って使用されることもあります。類語で言い換える際には、その状況に合わせて「段階」「工程」「ステップ」などを用いましょう。ビジネスシーンでは、長期にわたるプロジェクトや事業の進捗状況を「フェーズ」で区切って名前をつけることで、説明がしやすくなったり、作業が進めやすくなります。ただし、業界によっては微妙に 年代別人気キーワード別カテゴリ一覧 Ⅲ フェーズごとの災害時のイメージ 1 災害時保 健活動のフェーズとは フェーズ(phase)とは、「局面・段階」などを意味します。 発災直後から復興までの時間の経過や生活の場の変化に伴い、人々の生活 … 日本語は、漢字とひらがな、カタカナによって基本的に構成されています。特に外国由来の単語については、カタカナを用いて表現されることが多いです。近年では、多くのカタカナ言葉を耳にする機会がありますが、その詳細な意味については、あまり詳しく知っている人は少ないです。ビジネス場面では特に顕著であり、意味を取り違えて使ってしまう場合も多く、上手に使えている人は少ないです。フェーズという単語も …

「フェーズ」は英語の「 phase 」を由来とするカタカナ語であり 、 「段階、局面、時期」を意味する言葉 で す。 日本のビジネスでは、IT業界でシステム開発の際や、医療業界で治験などで、長期的な目標を細かく区切って段階を分ける際に使用します。

フェーズ(phase) このフェーズという言葉は、ビジネスでそれなりに聞く機会があります。きちんと意味を覚えておくと、いざ聞いた時にすぐに何を表現しているのか分かるでしょう。フェーズの意味や使い … 検索したいワードを入力してくださいフェーズという言葉は聞いた事があるものの説明するのは難しい言葉です。なんとなくニュアンス的に伝わるものの知ったかぶりして使うと後で恥ずかしい思いをします。そうならないためにもフェーズの意味と正しい使い方を知っておきましょう。初回公開日:2018年08月24日更新日:2018年08月24日記事に記載されている内容は2018年08月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。フェーズとはどのような意味を持つのでしょうか。直訳は「段階」「局面」第一フェーズ、第二フェーズというように用いられます。ビジネスや医療などの場で多く用いられるフェーズという言葉ですが、ニュアンスで伝わるもののその言葉を使用するには難易度が高めです。フェーズをあわせるという言葉があります。直訳すると「段階を合わせる」となり、何を言いたいのか良くわかりませんが、似た意味としてフォーカスを合わせる、ピントを合わせるなどがあります。類義語のフェーズとは、ステップ、ステージなどがあります。いずれも段階、局面という意味合いでの共通な意味を持つ言葉ですが、それぞれに言葉の持つニュアンスが異なります。ビジネスのフェーズとはどのような意味合いでしょうか。心理学のフェーズとはどのように使われるのでしょうか。チームバチスタで多く知られる事になったアクティブフェーズ、パッシブフェーズについて見てみましょう。ITでのフェーズとは要件定義から始まり、総合テストに至るまでの各工程をフェーズとして捉えています。プロジェクトでのフェーズとはどのような意味があるのでしょうか。そもそも、プロジェクトとフェーズは混同しやすいため正しい意味をしっかり抑えておきましょう。フェーズとはビジネスやITで用いられるプロジェクトの段階という意味から、治験や感染の状況に応じたステージ的な意味合い、ラクビーや心理学での局面という意味合い、電気系統での位相とさまざまなニュアンスを含んでいます。 フェーズという言葉は聞いた事があるものの説明するのは難しい言葉です。なんとなくニュアンス的に伝わるものの知ったかぶりして使うと後で恥ずかしい思いをします。そうならないためにもフェーズの意味と正しい使い方を知っておきましょう。