フランソワーズ=ルイーズ ド ラ ボーム ル ブラン ド ラ ヴァリエール
生涯 [編集] 前半生 [編集]. フランソワーズ・ルイーズ・ド・ラ・ボーム・ル・ブラン(, 1644年8月6日 - 1710年6月7日)は、フランスの貴族。フランス王ルイ14世の愛妾(公妾)となり、ラ・ヴァリエール女公爵()とヴォージュール女公爵()の称号を与えられた。. 45 関係。 1644年、フランソワーズ・ルイーズ・ド・ラ・ボーム・ル・ブラン( Françoise Louise de La Baume Le Blanc )として、トゥールのラ・ヴァリエール荘園で生まれた。 父ロランは士官で、母フランソワーズはパリ高等法院の監督官の未亡人であった。 。1651年に父が死ぬと、 … リカ法典(サリカほうてん、羅:Lex Salica) は、フランク人サリー支族が建てたフランク王国の法典。ラテン語で記述されており、編纂にあたってはローマ人の法律家の援助を得たと言われているが、ローマ法とは異なり、金額が固定された金銭賠償(贖罪金)に関する規定が主であり、自力救済を原則としていたことにも特色がある。 また、サリカ法の相続条項を拡大解釈して女王及び女系継承を禁じたフランス王国の王位継承法と、それに準じた他国の相続方式も、しばしば便宜的にサリカ法と呼ばれる。.ャン・バティスト・コルベール(Jean-Baptiste Colbert, 1619年8月29日 - 1683年9月6日)は、17世紀のブルボン朝フランスの政治家。ルイ14世の財務総監(現在の大蔵大臣・財務大臣に相当するが、「省」レベルの規模の官庁を必ずしも指揮下に置かない)を長年務めた。 「国債は厄介者で、金利生活者はパラサイトである」と述べ、1661年と1664年に債務の元利をざっくりカットした。債権者側とおぼしき者に容赦なく罰金を課して、債券や担保を請負人に徴収させた。法定金利の引き下げ(5.56%から5%へ)も行っている。.マルグリット・ド・ロレーヌ(Marguerite de Lorraine, 1615年7月22日 - 1672年4月13日)は、フランス王ルイ13世の弟オルレアン公ガストンの2番目の妃。父はロレーヌ公フランソワ2世、母はザルム女伯クリスティーナ。.フィリップ・ド・フランス(Philippe de France)またはフィリップ・ドルレアン(Philippe d'Orléans, 1640年9月21日 - 1701年6月9日)は、フランス・ブルボン朝の王族。フランス王ルイ13世と王妃アンヌ・ドートリッシュの次男でルイ14世の弟。オルレアン公(フィリップ1世)。ブルボン=オルレアン家(単にオルレアン家として知られる)の初代当主。.8月6日(はちがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から218日目(閏年では219日目)にあたり、年末まであと147日ある。.トゥール(Tours)は、フランスの中部に位置する都市で、アンドル=エ=ロワール県の県庁所在地である。 なお、ムルト=エ=モゼル県にもトゥールという名の都市が存在する。片仮名表記では同名になるが、こちらはToulと表記し、原発音も異なる。.フランドル(Vlaanderen、Flandre、Flandern)は、旧フランドル伯領を中心とする、オランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての地域。中世に毛織物業を中心に商業、経済が発達し、ヨーロッパの先進的地域として繁栄した。.リュクサンブール宮殿(リュクサンブールきゅうでん、仏:Palais du Luxembourg)は、フランスのパリにある宮殿。フランス元老院(上院)の議事堂として使用され、その周囲はリュクサンブール公園として一般に公開されている。.ルメル会またはカルメル修道会(ラテン語:Ordo fratrum Beatæ Virginis Mariæ de monte Carmelo, 略称:O.C.)は、キリスト教、カトリックの修道会。男子カルメル会と女子カルメル会、および第三会と呼ばれる在俗者会がある。12世紀にパレスティナで起こり、現代でも世界中にその修道院がある。.ャイヨ宮( - きゅう、仏: Palais de Chaillot)は、フランス・パリ16区にある大型展示会場である。エッフェル塔とはセーヌ川をはさんで反対側に建っている。.公妾(こうしょう)は、側室制度が許されなかったキリスト教ヨーロッパ諸国の宮廷で主に近世に採用された歴史的制度。'Maîtresse royale'(仏、英:Royal mistress、王の愛人)から訳された歴史用語。寵姫。.ユニオンペディアは百科事典や辞書のように組織化概念地図や意味ネットワークです。これは、それぞれの概念との関係の簡単な定義を与えます。Google Play、Android および Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。ドゥアルド・ラクレテルによる肖像画 ベル島侯爵およびムラン子爵およびヴォー子爵ニコラ・フーケ(フケ)(Nicolas Fouquet、1615年1月27日 - 1680年3月23日)は、フランスの法律家、財務官である。ルイ14世の下で大蔵卿を務めた。.リゴー画1719年 エリザベート・シャルロット・ド・バヴィエール(Élisabeth Charlotte de Bavière, 1652年5月27日 - 1722年12月8日)は、オルレアン公フィリップ1世の2番目の妃。ドイツ語名エリーザベト・シャルロッテ・フォン・デア・プファルツ(Elisabeth Charlotte von der Pfalz)。フランスではラ・プランセス・パラティーヌ(La Princesse Palatine)、名前を略してリーゼロッテと呼ばれた。.フランソワーズ・ルイーズ・ド・ラ・ボーム・ル・ブラン(, 1644年8月6日 - 1710年6月7日)は、フランスの貴族。フランス王ルイ14世の愛妾(公妾)となり、ラ・ヴァリエール女公爵()とヴォージュール女公爵()の称号を与えられた。.ルイ14世(仏:Louis XIV、1638年9月5日 - 1715年9月1日)は、ブルボン朝第3代のフランス王国国王(在位:1643年5月14日 - 1715年9月1日)である。ナバラ王国国王としてはルイス3世(バスク語:Luis III.a)である。ルイ13世の長子であり、妃はスペイン国王であるフェリペ4世の娘マリー・テレーズ・ドートリッシュである。王朝の最盛期を築き、太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた。 父の死後、幼くしてフランス国王に即位し、宰相ジュール・マザランの補佐を得てフロンドの乱を鎮圧した。1661年に親政を開始するとジャン=バティスト・コルベールを登用して中央集権と重商主義政策を推進した。対外戦争を積極的に行い、帰属戦争、仏蘭戦争で領土を拡張して権威を高めると、ジャック=ベニーニュ・ボシュエの唱える王権神授説・ガリカニスムを掲げ、絶対君主制を確立した。さらにミディ運河とヴェルサイユ宮殿を建設した。治世後半のアウクスブルク同盟戦争、スペイン継承戦争では苦戦し、晩年には莫大な戦費調達と放漫財政によりフランスは深刻な財政難に陥った。 72年もの在位期間はフランス史上最長であり、18世紀の啓蒙主義思想家ヴォルテールはルイ14世の治世を「大世紀」(グラン・シエクル Grand Siècle)と称えている。また、「中世以後の国家元首として最長の在位期間を持つ人物」としてギネス世界記録にも認定されている。 また、メヌエットを宮廷舞踊に取り入れ、メヌエットを最初に踊った人と言われ、その時、太陽神アポロンに変装して踊った姿から「太陽王」と言う諢名がついたとも言われる。.ダビデ(דוד Dāwīḏ (ダーウィーズ), Δαβίδ, David, داود Dāʾūd)は、古代イスラエルの王(在位:前1000年 - 前961年頃)。ダヴィデ、ダヴィドとも。 羊飼いから身をおこして初代イスラエル王サウルに仕え、サウルがペリシテ人と戦って戦死したのちにユダで王位に着くと、ペリシテ人を撃破し要害の地エルサレムに都を置いて全イスラエルの王となり、40年間、王として君臨した。旧約聖書の『サムエル記』および『列王記』に登場し、伝統的に『詩篇』の作者の一人とされている。イスラム教においても預言者の一人に位置づけられている。英語の男性名デイヴィッド(David)などは彼の名に由来する。カトリック教会・正教会で聖人とされる。.ボシュエ司教像、イアサント・リゴー画、ルーヴル美術館蔵 ジャック=ベニーニュ・ボシュエ (Jacques-Bénigne Bossuet、1627年9月27日 - 1704年4月12日)は、フランスのカトリック司教・神学者。レーグル・ド・モー(L'Aigle de Meaux.パリ・5区の位置 パリの5区 (5く、仏:5e arrondissement de Paris) は、フランスの首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである。第5区、パリ5区ともいう。市のほぼ中央、1区の南東に位置しており、セーヌ川の南岸に面している。.パレ・ロワイヤル パレ・ロワイヤル(Palais-Royal)は、パリの1区にある歴史的建造物。現在では回廊に囲まれた庭園と現代アートを鑑賞できる場所である。.マリー・テレーズ・ドートリッシュ(Marie Thérèse d'Autriche, 1638年9月10日 - 1683年7月30日)は、フランス王ルイ14世の王妃。父はスペイン王フェリペ4世、母はフランス王アンリ4世とマリー・ド・メディシスの娘イサベル・デ・ボルボン。スペイン名はマリア・テレサ(María Teresa de Austria)。 ルイ14世の父ルイ13世はイサベルの兄、母アンヌ・ドートリッシュはフェリペ4世の姉であり、ルイ14世とマリー・テレーズとは父方・母方双方で従兄妹に当たる。神聖ローマ皇帝レオポルト1世の皇后マルガリータ・テレサは異母妹、スペイン・ハプスブルク家最後の王カルロス2世は異母弟である。.フランス王国(フランスおうこく、Royaume de France)は、現在のフランス共和国の領域にかつて存在し、その前身となった王国。起源はフランク王国に遡り、「フランス王国」の名も「フランク王国」の発音が変化したものである。また、西フランク王国とフランス王国は同一の王国を指す歴史学上の別名であり、一般にはユーグ・カペーが西フランク王に即位した987年以降の西フランク王国を指して「フランス王国」と呼び、それ以前のフランス王国を指して西フランク王国と呼ぶ。これを前提とすると、1789年のフランス革命まで800年間、さらに1848年にオルレアン朝が倒れて王政が廃止されるまで、第一共和政・第一帝政期(1792年 - 1814年)を挟んで約840~860年間、存続したことになる。.トン・ジャン・バティスト・ド・フランス(Gaston Jean Baptiste de France, 1608年4月25日 - 1660年2月2日)は、ブルボン朝フランスの王子。オルレアン公(duc d'Orléans)。.モンテスパン侯爵夫人フランソワーズ・アテナイス・ド・モルトゥマール モンテスパン侯爵夫人フランソワーズ・アテナイス・ドゥ・モルトゥマール(Françoise Athénaïs de Mortemart, marquise de Montespan, 本名:フランソワーズ・アテナイス・ドゥ・ロシュシュアール・ドゥ・モルトゥマール、Françoise Athénaïs de Rochechouart de Mortemart, 1640年10月5日 - 1707年5月26日)は、フランス王ルイ14世の寵姫、公妾。モンテスパン夫人(Madame de Montespan)とも呼ばれる。.マントノン侯爵夫人フランソワーズ・ドービニェ(, 1635年11月27日 - 1719年4月15日)は、フランス王ルイ14世の妻。貴賤結婚であったため王妃ではない。最初の結婚でスカロン夫人()と呼ばれ、宮廷に上がってからマントノン夫人()と呼ばれた。フランソワーズと王の結婚は秘密結婚のままであった。.アンヌ・ドートリッシュ(Anne d'Autriche, 1601年9月22日 - 1666年1月20日)は、フランス王ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母。父はスペイン王フェリペ3世、母は同族でオーストリア大公カール2世の娘(神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の妹)マルガレーテ。フェリペ4世、枢機卿フェルナンドは弟、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の皇后マリア・アナは妹である。.6月7日(ろくがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から158日目(閏年では159日目)にあたり、年末まであと207日ある。誕生花はイワカガミ、カルセオラリア。.250px 鉄仮面(てっかめん、le masque de fer、the man in the iron mask)または仮面の男(かめんのおとこ)は、フランスで実際に1703年までバスティーユ牢獄に収監されていた「ベールで顔を覆った囚人」。その正体については諸説諸々。これをモチーフに作られた伝説や作品も流布した。.ルレアン公(duc d'Orléans)は、フランスの公爵位の一つ。ヴァロワ朝期にフランス王フィリップ6世が2番目の息子フィリップに授けて以来、王太子に次ぐ王家の男子(王太子もしくは王の最年長の弟)に授けられた、フランスの公爵位のうちでも特に格の高いものであった。正嫡の男子がいれば公爵位は継承されたが、実際に2代以上にわたり直系継承されたのはヴァロワ=オルレアン家とブルボン=オルレアン家(いわゆるオルレアン家)の2例である。7月王政(オルレアン朝)の王ルイ・フィリップは後者から出た。.フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.ンティ公ルイ・アルマン1世 ルイ・アルマン1世・ド・ブルボン=コンティ (、1661年4月4日 - 1685年11月9日)は、フランスの貴族。第2代コンティ公。 初代コンティ公アルマンと妻アンヌ・マリー・マルティノッジの長男として、パリで生まれた。1680年、マリー・アンヌ・ド・ブルボン(ルイ14世と愛妾ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエールの子)と結婚した。妻とは不仲で子供はなかった。 ルイ・アルマンは1683年にフランドルで軍人として目覚ましい活躍を見せ、王になりたいという自身の望みからハンガリーへ生き、第二次ウィーン包囲への反攻でオスマン帝国軍を打ち破るのに荷担した。1685年、妻マリー・アンヌから天然痘が感染して急死した。.ルフェーブルの描いたセヴィニエ夫人像。1665年 セヴィニエ侯爵夫人マリー・ド・ラビュタン=シャンタル (Marie de Rabutin-Chantal, marquise de Sévigné、1626年2月5日 - 1696年4月17日)は、フランスの貴族。日本ではセヴィニエ夫人の名で知られる。愛娘へ宛てて書き送った、機知に富み17世紀の鮮やかな時代風景をつづった書簡が有名であるため、書簡作家ともいわれている。.ヴァンセンヌ (Vincennes)は、フランス、ヴァル=ド=マルヌ県のコミューン。南部に接するヴァンセンヌの森は、パリに属している。パリの東にある。ルヴァロワ=ペレについで、人口密度は国内第2位の高さである。ヴァンセンヌ城がある。.リンピア・マンチーニ オリンピア・マンチーニ 1700年 オリンピア・マンチーニ(Olympia Mancini, 1638年 - 1708年10月9日)は、ソワソン伯ウジェーヌ・モーリス・ド・サヴォワの妻。フランス王ルイ14世の愛妾でもあった。フランス語名はオランプ(Olympe)。 ミケーレ・マンチーニ男爵と妻ジェローラマ・マザリーニの次女として、ローマで生まれた。1650年に父が亡くなると、母はフランスにいる兄ジュール・マザラン枢機卿を頼ってパリへ移り住んだ。娘達に玉の輿を望んだ母だったが、美しいマンチーニ姉妹(長女ラウラ、三女マリー、四女オルタンス、五女マリー・アンヌ)は、従姉妹にあたるマルティノッツィ姉妹と共に『マザリネット』(Mazarinettes)と呼ばれてもてはやされ、王侯貴族の関心を引いたのだった。彼女は王弟オルレアン公フィリップ1世の妻アンリエットと仲が良かった。 1657年2月、ソワソン伯ウジェーヌと結婚。8子を生むが、その幾人かはルイ14世との子ではないかと言われている。.ルイ・ド・ブルボン(Louis de Bourbon, comte de Vermandois, 1667年10月2日 - 1683年11月18日)は、フランス王ルイ14世の庶子。ヴェルマンドワ伯。母はルイ14世の公妾であるルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール。.これは、概念図の基礎となる巨大なオンライン精神的な地図です。これを使うのは無料で、各記事やドキュメントをダウンロードすることができます。それは教師、教育者、生徒や学生が使用できるツール、リソースや勉強、研究、教育、学習や教育のための基準、です。学問の世界のための:学校、プライマリ、セカンダリ、高校、ミドル、大学、技術的な学位、学部、修士または博士号のために。論文、報告書、プロジェクト、アイデア、ドキュメント、調査、要約、または論文のために。ここで定義、説明、またはあなたが情報を必要とする各重要なの意味、および用語集などのそれに関連する概念のリストです。 日本語, 英語, スペイン語, ポルトガル語, 中国の, フランス語, ドイツ語, イタリア語, ポーランド語, オランダ語, ロシア語, アラビア語, ヒンディー語, スウェーデン語, ウクライナ語, ハンガリー語, カタロニア語, チェコ語, ヘブライ語, デンマーク語, フィンランド語, インドネシア語, ノルウェー語, ルーマニア語, トルコ語, ベトナム語, 韓国語, タイ語, ギリシャ語, ブルガリア語, クロアチア語, スロバキア語, リトアニア語, フィリピン人, ラトビア語, エストニア語 と スロベニア語で利用できます。 すぐにその他の言語。フォンテーヌブロー(フォンテヌブロ)()は、フランス、パリ郊外の都市である。イル・ド・フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県に属する。.ュール・マザラン(Jules Mazarin, 1602年7月14日 - 1661年3月9日)は、17世紀フランス王国の政治家、枢機卿。イタリア人でイタリア名はジュリオ・マッツァリーノ(Giulio Mazarino)。ラテン語形はユリウス・ライムンドゥス・マザリヌス(Iulius Raimundus Mazarinus)なので、ジュール・レーモン・マザランとも。.マリー・アンヌ・ド・ブルボン マリー・アンヌ・ド・ブルボン(Marie Anne de Bourbon, 1666年10月2日 - 1739年5月3日)は、フランスの貴族でブルボン家分家のコンティ公ルイ・アルマン1世の妻。“ラ・プルミエール・マドモワゼル・ド・ブロワ”(La Première Mademoiselle de Blois, ブロワ第一令嬢)と呼ばれた。.ブロワ(Blois)は、フランス中央部、ロワール=エ=シェール県の都市で県庁所在地である。.ヴェルサイユ(Versailles)は、フランスの北部に位置するコミューンで、イヴリーヌ県の県庁所在地である。.イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。ウェセックス王エグバートの825年のイングランド統一から最初のイングランド王と言われることが多いが、実際の称号はブレトワルダ(覇王)であった。 スコットランド王であったステュアート朝のジェームズ1世が1603年に王位を兼ねて以来、スコットランドとは同君連合の関係にあったが、アンの時代の1707年の合同法により、スコットランド王国と合同してグレートブリテン王国となった。.フィリップ・ド・ロレーヌ(Philippe de Lorraine, 1643年 - 1702年12月8日)は、フランスブルボン朝の貴族。上級貴族ギーズ家の一員で、分家のエルブフ公シャルル1世の次男のアルクール伯アンリの次男として生まれた。美男子であったことからフランス王ルイ14世の弟のオルレアン公フィリップ1世の男色相手として寵愛された。シュヴァリエ・ド・ロレーヌ(Chevalier de Lorraine)の通称でも知られる。.ャルル7世の親裁座 高等法院(こうとうほういん、Parlement, )はアンシャン・レジーム期のフランスの最高司法機関である。パルルマンまたは評定法院とも日本語訳される。なお、parlementは語源的には「話し合いの場」を意味するもので、現代では「議会」を意味するが(英語のparliamentと同様)、フランスの高等法院は裁判所であって立法機関(議会)ではない。 高等法院は売官制により官職を購入した法服貴族により構成されていた。通常の司法権限だけでなく、勅令や法令の登記や国王に建言する立法的行政的権限も有しており、貴族階級の特権を擁護する彼らはしばしば王権と対立した。その対立の最たるものがルイ14世の治世初期に起こったフロンドの乱である。ブルボン朝末期には、彼らと国王との対立がフランス革命の契機の一つとなった。革命が起こると高等法院は1790年に廃止された。.ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.ヘンリエッタ・アン・ステュアート(Henrietta Anne Stuart, 1644年6月16日 - 1670年6月30日)は、イングランド・スコットランドの王族で、フランス王ルイ14世の弟オルレアン公フィリップ1世の妃。兄のチャールズ2世はヘンリエッタのことを“ミネッテ”(Minette、子猫ちゃんという意味)と呼んで可愛がり、フランスではアンリエット・ダングルテール(Henriette d'Angleterre)、または単にマダム(Madame)と呼ばれた。.