ペンギン 水中 速度
Spheniscidae Bonaparte, 1831 [関連記事] NAITO Yasuhiko. [関連記事] 古代語源的には「ペンギン」は南半球の探検が進み、南のペンギンの研究・利用が増える一方、オオウミガラスは乱獲により17世紀ごろから激減し、18世紀には猟が商業的に成り立たなくなり、 鳥であり、しかも空を飛べない。 ニワトリのように、普通は飛べないが、たまに飛ぶやつがいるのとは違う。 しかし、あくまで空中は飛べないのだ。 い、いや、自分は研究者ではないので、水族館で軽く泳いでいるのを見たくらいで、あくまで関連書 かつてペンギンを発見した頃の北半球人が、ペンギンを魚の一種と思ってしまっても、しかたのない点がある。 空中を飛ぶ鳥は、骨の密度 ペンギンの翼であるフリッパーが、体に比べて小さいのは、空中よりはるかに抵抗 ペンギンの体の形を再現して実験すると、流体力学日本のペンギン研究の草分け イルカと同じく、空気中の酸素 イルカやペンギンは、なぜあのような泳ぎ方をするかというと、スピードを落とさずに「息継ぎ」をするためと、捕食者がいないかどうかを探ったりしていると見られる。 「泳ぐ」場合、完全に体を水面下に沈める方法と、体の一部を水面上に出す泳ぎ方が考えられる。 体の一部を水面上に出して泳ぐ、すなわち水と空気のさかい目に身体があると、その水面上の後方に渦一時期水泳の平泳ぎで、完全に体が水面下に沈んではいけないというルールになったのは、このためだろう。きっかけは日本人選手がその泳法 陸地に上がると、とても遅いペンギンではありますが 水の中では時速30キロ近い速度で泳ぐことが出来ます 。 最大で時速36キロもでるペンギンもいるそうです。 他の鳥と比べて飛べない代わりに、水中ではどんな鳥よりも早く泳ぐことが出来ます。 よちよち歩きで可愛らしい姿が印象的な動物『ペンギン』陸上におけるペンギンは歩くスピードが遅く、動きもゆっくりしているので普段の姿からは捕食者としての雰囲気は全く感じられませんよね。水中へ潜っても「あの動きの遅さで本当に魚を捕まえられるのか?」と疑問に思ってしまいたくなりますが、水中でのペンギンは陸上とは全くの別人。生活の場を空から海に変えたペンギンたちは地上ではなく水中で生きる事を決めたペンギンたちは進化の過程で一体どんな能力を身につけたのでしょうか?という訳で、今回は水中におけるペンギンの生態について詳しく調べてみたいと思います。 目次百聞は一見に如かず。まずは生態について語る前に水中を自由に泳ぎ回っているペンギンたちの姿をご覧ください。↓水中を泳ぎ回っている様子がこちら(まるで弾丸のような速さですね!私たちが見慣れている陸上のペンギンとは動きが全く違います。ちなみに魚を追い回している動画もあったのでそちらもどうぞ!↓ペンギン目線での様子(酔いやすい人は閲覧注意です!) ↓周りから見た時の様子こんな風に生きた魚を追いかける様子はテレビや水族館ではあまり見られないので、大海原で狩りをするペンギンの姿はなかなか新鮮ですよね! 空を飛ばないので忘れてしまいそうになりますがペンギンはれっきとした通常であれば空を飛び回るために体重を少しでも軽くしようと骨密度を低くするような進化を遂げるはずです。しかし、ペンギンの場合はその逆で他の鳥類に比べると「魚をたくさん食べるからカルシウム豊富で骨太になったのか?」と思ってしまいそうですが、これは海に潜るためにペンギンが遂げた進化の1つで、骨をわざと重くしてペンギンは水中を弾丸のような速さで泳ぎ回りますが、それだけの推進力を生み出す秘密がペンギンの持つ両腕の翼に隠されています。この両腕の翼は薄くてペラペラしているような見た目をしていますが、実はこの中にはこの広くてガッチリとした翼で水をかくと大きな推進力が発生するので、あれだけのスピードで水中を泳ぎ回ることが出来るという訳なんですね。ちなみに硬い骨が入っているだけあって翼で殴られるとかなり痛いです。コウテイペンギンみたいな体の大きい種類にこの翼で殴られたら温厚な見た目ですが凶暴な一面もあるので、もしペンギンを怒らせるようなことがあったら大変なことになるかもしれませんね…ペンギンの皮膚は一見するとツルツルとした見た目をしているので羽毛なんか生えていないように見えるのですが、実はペンギンの表面にはこのペンギンの羽毛は短くて硬いのですが、状況に応じて寝かせたり立たせることが出来るので暑い時:毛を立たせて取り込んでいる空気を放出し、風通しを良くする(冷却効果)なので、ペンギンたちは羽毛を寝かせて空気を蓄えることで南極の冷たい風や水温にも耐えることが出来るという訳なんですね。ちなみにこの機能ですが、温度調節をするだけでなくペンギンが水中を速く泳ぐ秘密の1つでもあるんです。実は羽毛の中に溜め込んだ空気を放出させることで羽毛表面の摩擦抵抗が無くなり、泳ぐスピードを一気にさきほど動画でペンギンたちが泳いでる姿を見たと思いますが、ペンギンたちの後ろに気泡が生まれていたのは羽毛の中にある気泡を大量に放出して一気に加速させていたからなのです。ラグビーボールのような体型で「どこがウエストだ?」と言いたくなりそうな身体をしているペンギンですが、意外とこの体型は速く泳ぐのに適した体となります。このしかし、この体型を手に入れるために失ったものもあります。みなさんはどの部分になるか分かりますか?実はペンギンはもともと長い足を持っているのですが、流線型のフォルムを手に入れるためにわざと折りたたんで体の中に入れ込んでいます。外見はまっすぐに立っているように見えますが、実は常に膝を曲げて中腰のような姿勢で歩いているという訳なんです。ペンギンの象徴とも言える『よちよち歩き』は水中で素早く泳げるようになるために支払った代償なのかもしれませんね… ペンギンの種類によって潜れる深さは様々ですが、どのペンギンにもある程度の深さまで潜れる潜水能力が備わっています。その中で計測上もっとも深く潜った記録がコウテイペンギンの計測記録で、その深さはなんと素潜りのスペシャリスト集団である海女さんたちでも30m潜ればすごい方なのに、魚類でなく鳥類のペンギンがここまで深く潜れるなんて驚きですよね!ちなみに、光が届かない深海まで潜ってペンギンが何をしているのかは現在の科学でも未だ解明されていません。魚を追いかけるのに夢中になってて気付いたら564mまで来ちゃった…なんてことはまさか無いでしょうからね(笑)ペンギンも人間と同じように肺で呼吸をする生き物なので深く潜るためには息を長く止める必要があります。ペンギンには長い間息を止めるための様々な機能が備わっているので長時間呼吸をしなくても大丈夫なのですが、その息を止める時間の長さが驚異的。人間が息を我慢した場合30~60秒程度で限界を迎えますが、ペンギンはなんと最高でギネスの世界記録で22分22秒の間息を止めることが出来たという超人的な人もいるみたいですが、じっと動かずに22分息を止める人間とエサを探し回って27分息を止めるペンギンを比べればその差は歴然ですね。でも、どうやったらそこまで長く潜れていられるのでしょうか。あの体のどこにその秘密が隠されているのか気になりますが、実はペンギンが深く潜れる秘密はペンギンの人間と違ってかなりの酸素量を蓄えた状態で水中に潜ることが出来るので、長い時間水の中で息を止めることが出来るのです。▼体温を意図的に下げることが出来る南極の冷たい水の中で高い体温を維持しようとすれば更に大量の酸素が必要になってくるのですが、それを避けるためにペンギンは自分の体温をグッと下げて冷たい水中でも無駄に酸素を消費しないように工夫をしているのです。ちなみに564mまで潜ったり27分間息を止めたりと驚異的な記録を叩き出しているペンギンですが、あくまでこの記録はペンギンの生態を観察している上で「今から測定するから協力して!」とペンギンにお願いをして測定させてもらった結果ではないので、ペンギンが全力を出したらきっとこれを上回る結果になるでしょう。ペンギンが本気を出したら一体どんな記録が出るのか…その結果はペンギンたちにしか分からないのです。 ・ペンギンの骨は密度が高くて重い・翼には頑丈な骨が入っていて泳ぐ時に大きな推進力を生みだす・表面の羽毛には温度を調節する機能が付いている・ペンギンの体型は泳ぐ時に効果を発揮する・ペンギンは深海まで潜ることが出来る・体の様々な機能を使って長時間潜り続けることが出来る非常に興味深いペンギンの生態でしたが、今回紹介させていただいた水中での生態はあくまでほんの一部。地上に住む人間が確認できた範囲なので、ペンギンに秘められた生態はまだまだたくさんあると思います。生涯の7割を水中で過ごすペンギンの生態を人類が全て解き明かすにはまだまだ時間がかかるかもしれませんね。©Copyright2020