ミスター ジミー YouTube
T, ミスター・ティー、誕生名: Laurence Tureaud, 1952年 5月21日 - )は、アメリカ合衆国の俳優。 イリノイ州 シカゴ出身。. Mr.Bean(ミスター・ビーン)って志村けんの事を尊敬していると思いますか? 更新日時:2010/11/20 回答数:2 閲覧数:452; こんばんは。 ミスタービーンがミスタービーンやめるらしいですが、 志村けんが志... 更新日時:2012/11/27 回答数:2 閲覧数:183 ミスター・T(Mr. デヴィッド・ベイリーのジャケット写真で有名な『山羊の頭のスープ』は、ジャガー、リチャーズ、ミック・テイラー、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツと重要なコラボレーターたちをフィーチャーした1969年から1974年のストーンズのヴィンテージ・ラインナップによる作品だ。このアルバムでは、彼らのトレードマークでもあるロックしたサウンドに加えて、少し控えめな、内省的な曲も登場している。このアルバムだけで最低4人のピアニストが参加している。ニッキー・ホプキンス、ビリー・プレストン、イアン・“スチュ”・スチュワート、そしてジャガー自身である。このアルバムの他のハイライト曲は、陰鬱な音で始まる「ダンシング・ウィズ・ミスターD」、しなやかで気取った感じの「100年前」と「スター・スター」、そして優雅な「ウィンター」。リチャーズの悲しげなリード・ヴォーカルの「夢からさめて」では、もう一人のストーンズの常連、サックスのボビー・キーズがフィーチャーされている。「悲しみのアンジー」のB面にもなった「シルヴァー・トレイン」は、2014年のストーンズの〈14 オン・ファイアー・ツアー〉における東京とブリスベンの公演でミック・テイラーが40年の時を経て、オリジナルのギター・パートを再現した。彼らにとってイギリスでは11枚目のスタジオ・アルバムで、ジャマイカ、ロサンゼルス、ロンドンでレコーディングされ、プロデューサーのジミー・ミラーと最後に組んだアルバムとなった『山羊の頭のスープ』は、ストーンズのランドマークとなった1972年のアルバム『メイン・ストリートのならず者』に続いて発売された。アルバムの発売前にリリースされたシングル「悲しみのアンジー」は、ミック・ジャガーとキース・リチャーズが、スイスで行なわれた曲作り作業の最中に書いたもので、彼らのバラードの中でも最も優れたエレガントな曲として知られている。アビイ・ロード・スタジオのマイルズ・ショーウェルによるハーフ・スピード・マスタリング未発表トラックから最初に解禁されるのは「クリス・クロス」で、ストリーミングとダウンロード・サービスを含むアルバムの事前予約で試聴が可能。加えて、CDとLPのボックス・セットには、オリジナルの10曲を5.1サラウンド・サウンド、ドルビーアトモス、そしてハイレゾ・ミックスしたヴァージョンを収録。「ダンシング・ウィズ・ミスターD」、「シルヴァー・トレイン」そして「悲しみのアンジー」のヴィデオも共に収録されている。また、イアン・マッキャノン、ニック・ケント、ダリル・イースリーなどの作家によるエッセイや、大量の写真をフィーチャーした100頁の本、そして1973年のオリジナルを忠実に再現したツアー・ポスター4部も付属。ザ・ローリング・ストーンズの比類なきカタログを飾る貴重な宝石が、再び栄光に浴する時が来た。9月4日、1973年の名盤『山羊の頭のスープ』が、マルチ・フォーマットで再発売されることが決定した。アルバムは、未発表のスタジオやライヴ素材の宝の山を含む4枚組CDと4枚組LPのそれぞれのボックス・セット・エディションなど、複数の形態で発売。イギリスでこのアルバムからシングル・カットされたのは「悲しみのアンジー」1曲だった。この曲は9月に5位にランク・インしている。アメリカでは、やたらファンキーで、ホーン・セクションがにぎやかな「ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー)」もシングル・カットされた。ミック・テイラーのワウワウを効かせたリード・ギターが印象的なこの曲は、1974年2月にトップ20に入った。「オール・ザ・レイジ」は、ワイルドで、「ブラウン・シュガー」のような誇らしげな雰囲気が感じられる。そしてパーカッションが目立つ「クリス・クロス」は、ストーンズのみが可能な形で堂々とロックしている。未リリースのヴァージョンが収録されているボーナス・ディスクには、ストーンズの身内であり、有名プロデューサーのグリン・ジョンズの手による未発表のミキシングも収録されており、「100年前」や「お前の愛を隠して」などの曲に、新たな光を投げかけている。『山羊の頭のスープ』のボックス・セットと2枚組デラックスCD、デラックスLP盤には、すべてオルタネイト・ヴァージョン、アウトテイク、最低3曲の未発表曲などを含むボーナス・トラックが付属する。未発表トラックで最初に解禁されるのは「クリス・クロス」で、ストリーミングとダウンロード・サービスを含むアルバムの事前予約で即、聴くことができる。「スカーレット」の層になった分厚いギターは、バンドがこの神聖な時代にレコーディングした他の曲と肩を並べるほどにみだらな雰囲気でキャッチーだ。この曲ではジミー・ペイジがゲストとしてミック&キースと演奏しているが、他にも元ブラインド・フェイスのリック・グレッチがベースで参加している。ブリュッセルのコンサートでは、すでにスタンダード曲になっていた「ダイスをころがせ」、「ミッドナイト・ランブラー」、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」や、他にも数多くの曲が演奏され、当時発売されたばかりのニュー・アルバムから「スター・スター」、「ダンシング・ウィズ・ミスターD」、「ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー)」、そして「悲しみのアンジー」が立て続けに演奏されていた。本編の最新(2020年)ミックスを収めたスタンダードCDと1LPを軸に「スカーレット・ウィズ・ジミー・ペイジ」、「オール・ザ・レイジ」、「クリス・クロス」という完全未発表曲をはじめ貴重なデモやオルタネイト・ミックスを纏めたディスクがついた2CDデラックス・エディションが登場。マッキャンは以下のように書いている:“『山羊の頭のスープ』は、かなりの鳴り物入りでリリースされた。今、君たちが本などで読んでいる情報とは異なるかもしれないが、1973年当時の子供たちはまだグラム・ロックや、メタル、プログレやフィラデルフィア・ソウルなどに完全に取り込まれていたわけではなかった。そしてそのような彼らが何万枚とアルバムを購入して、このアルバムはアメリカとイギリスで1位になり、5週連続でイギリスのチャートのトップに輝いたアルバムとなったのだ。”『山羊の頭のスープ』のボックス・セットには、アルバムが8月にリリースされたのちに行なわれた1973年秋のツアーからのベルギーでの思い出深いコンサートの15曲をライヴ・アルバムにした『ブリュッセル・アフェア』も含まれる。このディスクは、ボブ・クリアマウンテンがミキシングを行なって、以前は2012年にローリング・ストーンズの“オフィシャル・ブートレグ”シリーズのみで発売され、大人気だったものだ。COPYRIGHT © 2020 UNIVERSAL MUSIC LLC ALL RIGHTS RESERVED.スティーヴン・デモレストは『サーカス』誌で、このアルバムは“パフォーマンスに関しては常に努力を怠らないことが特徴のバンドが、全力で突進して、探求して、手際よく料理した結果である”と書いている。そして40年後、『山羊の頭のスープ』の拡張盤リイシューは、この意見が今でも正しいどころか、それ以上の存在になったことを証明している。ザ・ローリング・ストーンズは、最近「リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン」のシングルを発売して大成功を収め、また、4月に行なわれたグローバル・シチズン主催の〈One World: Together At Home〉でもロックダウン状況下で「無情の世界」のパフォーマンスを行ない、世界的な評価を高めた。今回のリイシューは、それらに続くものとなる。このアルバムが最初に発売された当初、評論家たちはこぞって褒め称えた。“この音楽は、互いのことをよく知り尽くしている素晴らしいミュージシャンたちだからこそ作れるものだ”と、絶大な支持を集めていたライター&DJの故チャーリー・ジレットは『レット・イット・ロック』誌に書いた。“ストーンズの成功は、彼らが、ロックンロール・ドラマを作るという自分たちの目的を忘れることなく突き進んでいるからだ”とバド・スコッパは『ローリング・ストーン』誌でこう書いている。“今後も日を追うごとにこのアルバムへの理解は深まり、今年一番の音楽体験となることは確実だ”。ジャガーの切ない嘆きのリード・ヴォーカルとニッキー・ホプキンスの美しいピアノの旋律が印象的なこの永遠のラヴ・ソングは、アメリカで1位を獲得し、プラチナ・レコードに輝いた。この曲はヨーロッパや、オーストラリアなどでも1位を記録した。「俺たちは、少し違うことをしようと決めて、それがうまくいったんだ」と、リチャーズは「悲しみのアンジー」について『ローリング・ストーン』誌にこう語った。「今までストーンズのLPなど買ったことのなかった多くの人たちも買ってくれたと思う」。面白いことに、『ニューヨーク・タイムズ』紙での最近のインタヴューで、自分が書きたかったローリング・ストーンズの曲を3曲上げてくれと言われて、ボブ・ディランは「悲しみのアンジー」をそのうちの1つとして選んでいた。世界中のストーンズ信奉者たちは、未発表だったジミー・ペイジのギターをフィーチャーした「スカーレット」、そして3曲目の未発表曲として「オール・ザ・レイジ」が、ボックス・セットとデラックス・エディションに含まれることにゾクゾクするだろう。