メギド 真 祖 違い
本作はDeNAとメディア・ビジョンの完全オリジナルRPGとして企画され、本作のプロデューサーであるDeNAの宮前公彦は、「世の中のトレンドよりは、自分たちが楽しいと感じて作っているものを、皆さんにおもしろいと思ってもらえるように出す、ということを最優先に考えています」と『2016年の8月にオープンβテストが行われた時点の本作は、キャラクターが球のように描かれ、それが飛んでいく形で戦闘が表現されていた宍倉は物語に出てくるフォトンを生かしたいと考え、「ドラフトフォトンシステム」の導入を提案した本作の開発は、月々の運営で家庭用ゲームの品質を提供するという目標のもとで行われたが、2017年12月の正式リリース直後に不具合が発生し、翌月の2018年1月から2月にかけても不具合が多発し、開発スタッフは悪戦苦闘するはめになった当初、ゲーム内のチュートリアルは最低限の内容だったが、システムの楽しさを理解する前にプレイを辞めてしまうユーザーが出てきたため、プレイヤーの誘導する仕組みの重要性に気づいた宮前は、スタッフと話し合い、情報をゲームの外へ積極的に発信するという方針へと切り替え、チュートリアルも本作の面白さを伝える内容に改良した本作に登場するキャラクターは、メギドから人間へ転生した存在という設定があり、存在感を出すためにメギド体の姿はあえて人間体からかけ離れたデザインにされたメインクエストで仲間になるメギドたち。 (リジェネレイト体ではない)通常版の祖メギドは含まれません; サバト限定のテルミナスメギドも対象ですが、排出確率は他メギドの半分となります; 7枚召喚 召喚(ガチャ)の対象となっている既存の「祖」または「真」メギドから1体(確定) メギドの強化には贈り物が使われる。 「メギド72」1周年に向け、祖01から祖72まで72体のメギド性能紹介をお届けします!第71回は「ダンタリオン」です。 追放メギドたちの中でも、強力な力を持つメギドたち。若い姿のまま年をとらず、人間を超えるはるかに長い時間を生きることができる。 本作品は一般的な基本無料型アプリゲームにおいて常態化している、プレイアブルキャラクターのレアリティの撤廃2019年にはプレイヤーはメギドを編成し、バトルに臨む。 本作は、ハルマ(天使)が住まう「輝界:ハルマニア」と、ヴィータ(人間)が住まう「臨界:ヴァイガルド」、そしてメギド(悪魔)が住まう「宵界:メギドラル」を舞台に、世界の終末「ハルマゲドン」を食い止めるために少年たちが奔走するという内容である。 一部の曲はゲームで使用されているバージョンから微調整が施されている本作はSNS等を通じて話題となり、プレイヤー同士のプレゼンが行われることもあった 本作に登場するキャラクターは、レアリティによる能力差がなく、初期キャラクターを含め、すべてのメギドが最高のレアリティまで進化することができる。 【メギド72】オリエンスの使い方【真-019】 11月5日で終わるピックアップガチャを意識するのもアレですが、この機を逃すと暫く書くタイミングも無いでしょうからオリエンスの使い方記事を書きました。 メギド72の全てのメギド(キャラ)の一覧です。全メギドのステータス情報や、スキルなどの情報をまとめている他、様々な条件で絞り込み検索をすることもできます。メギド72攻略の際、全キャラの評価や情報を知りたい場合の参考にご利用ください。 独自のシステムである「ドラフトフォトンシステム」は、バトル開始前に、フィールド内にあるフォトンを敵味方互いに1つずつ取得し、フィールド内のフォトンが分配しきるとバトルスタートとなる物である。 メギドno.真-010 覚醒ゲージ:4 クラス:スナイパー スタイル:カウンター hp:598 – 2054 – 7347 攻撃力:81 – 296 – 859 防御力:51 – 167 – 483 素早さ:63 – 224 – 652 cv:山下 七海 性別:女性 特性 バチバチしますニャ 攻撃を受けたとき、10%の確率で雷ダメージで反撃する フォトンは、通常攻撃を行って覚醒ゲージを1つ分増やす「アタック」と、メギドの習得しているスキルを使う「スキル」、覚醒ゲージを2つ分増やす「チャージ」の3種類存在する。覚醒ゲージが最大になると、「アタック」フォトンをすべて消費する「奥義」と、「スキル」フォトンを1つ消費する「覚醒スキル」を使うことが出来る。 その他の登場キャラクターたち。本項では公式ポータルサイトにて担当声優が明記されているキャラクターのみを記載ガチャやイベントなどで仲間になるメギドたち。メインストーリーにも登場する。 ゴエティア以外に記述されている悪魔を出典としている。祖メギド以外の追放メギド、あるいはメギドラルから離反したものなどが含まれている。 真メギド(その他) ガチャやイベントなどで仲間になるメギドたち。メインストーリーにも登場する。 ゴエティア以外に記述されている悪魔を出典としている。祖メギド以外の追放メギド、あるいはメギドラルから離反したものなどが含まれている。 『DeNAの新規オリジナルIPによるスマートデバイス向けRPG。 「メギド72」1周年に向け、祖01から祖72まで72体のメギド性能紹介をお届けします!第71回は「ダンタリオン」です。 こんにちは。第71回は見た目は子供「ダンタリオンはダンタリオンは、非常に高い攻撃力から繰り出される列攻撃スキルと、味方全体の攻撃力を100%以上上昇させる奥義が特徴の、アタッカーであり味方支援もできるメギドです。スキルは1倍(+で1.25倍)の列攻撃で追加効果はない、いたってシンプルな攻撃です。しかしダンタリオン自身の覚醒スキルは敵単体に3.25倍(+で3.5倍)のダメージを与え、さらに確率でフォトンを奪取できます。ただしダンタリオンは素早さが非常に低いため、本当に奪いたいフォトンを奪うことは少し難しい性能です。 異世界メギドラルから追放されたメギドたち。追放理由はメギドごとによって様々である。 ガチャやイベントなどで仲間になるメギドたち。メインストーリーにも登場する。 またリーダー時はマスエフェクトで奪取量が2個になるという効果が発揮されますが、逆に奥義が暴発したりすることもあるので、計画的な運用が必要になります。ダンタリオン最大の特徴とも言えるのは、奥義による味方全体への攻撃力強化でしょう。覚醒に必要なゲージが6と非常に多い代わりに、攻撃力の上昇幅も100%(+で110%)と強力になっており、ダンタリオンはスキルによるアタッカー運用もさることながら、奥義による味方全体の強化が強力なメギドです。特にアタック強化状態でダンタリオンの奥義を撃つことで、アタック強化中は効果ターン数が2ターンから3ターンになり、攻撃力上昇の効果値も100%(+で110%以上)上昇から150%(+で165%以上)上昇に変化します。アタック強化"なし"でも元の攻撃力が2倍(+で2.1倍)以上になるという恩恵を受けられますが、アタック強化中ならば更にダメージ上昇を狙う場合アタッカー役にも、奥義の威力が1.5倍になる「アタック強化」を付与しておきたいところですが、ここで課題となるのは、ダンタリオン自身の6という覚醒ゲージの長さと、アタッカーと同時にダンタリオンにもアタック強化をかけなくてはいけないという点です。課題解決にあたりもちろん強力な編成はこれだけではなく、純粋な攻撃力強化のため汎用性も高くなっています。ラッシュなどのダンタリオンは覚醒ゲージをため辛いことがネックですが、その点を解決できれば、ポテンシャルは非常に高いメギドです。スタイルの違いなどに囚われず、色々な編成を考えてみてください。