三国志 大戦 旧カード

2009年7月23日、Ver3.50 猛き鳳凰の天翔 が稼働開始。新カード追加に加えて、士気上昇速度の上昇、軍師カード2枚登録可能(戦闘中に使う奥義は4つの中から1つを選ぶ)、対人戦に店内対戦と同じく勝敗による武勇や証の変動が無い「全国演習」が追加される等の変更がされた。 2007年1月25日発売。システムのベースは三国志大戦2(Ver.2.00とVer.2.01が混在した独自仕様)。プレイスタイルはDSを縦持ちにしたスタイルであり、左がモニター、右がフィールドとなっている。1のカードが使えるほか、DS版オリジナルカードやエクストラカードが登場する。 2016年12月21日の稼働開始と同時にオープン。利用するには2代目をプレイしたAimeカードが必要。サービスは『三国志大戦』単独のサービスとなり、『戦国大戦』の連動サービスである「大戦.NET」および「大戦 演武場」から利用権を引き継ぐことはできない2016年12月21日の稼働開始と同時にオープン。利用するにはTwitterアカウントが必要。いわゆるコミュニティサイトに当たる。 IDでもっと便利にすべての機能を利用するにはJavaScriptの設定を有効にしてください。このカテゴリから現在の検索条件価格指定地域を選択1件〜50件を表示この出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にするこの出品者の商品を非表示にする1件〜50件を表示

敵ユニットを撃破しても直接勝敗には結びつかず、「対人戦の他にも、また、時々大会も開催されていて、プレイヤーは自由に参加できる。そのほかプレイスタイルに関係なく、期間限定で特殊な兵士服が獲得できるイベントなども随時行われている。 Ver.2.1 若き獅子の鼓動~ 三国志大戦 アーケードの販売・買取はネット通販最大手のカードショップ遊々亭へ。上位プレイヤーの攻略Blogも要チェックです! 全国一律 全品送料無料で即日発送します。 3.0のシングル販売一覧ページ …

三国志大戦2で排出されるLE、SR、R、UC、Cの各カードには、「戦器」を装備する事ができた。「戦器」はプレイ時に、戦器争奪戦で取得する、戦器商人から「金」で購入する、贈り物として受け取る、などの方法で入手でき、対応した武将に自動的に装備される。すでに入手していた戦器を入手した場合は売却され、かわりに「金」を受け取る事になる。

2006年9月発売のコミックボンボン増刊号「ただし、『ゲームクリエイター列伝』はあくまでもとあるゲームセンターで、企画会議では、三国志のゲームとしての国取りや内政の必要性を問われたが、大原は「リアルタイムの対人戦(キャラ個人対キャラ個人)」を三国志大戦のテーマとすることを発表。2003年に正式に開発が始まった。なお、開発初めの概要説明の時、大原はスタッフとして集まった30名のメンバーに「開発当初は、真上から見たゲーム画面であったため迫力に欠け、かといってキャラクターをアップ画面で表示すると、フィールド全体を見渡せないためシミュレーションゲームとして成り立たないという、どっちつかずの状況に陥っていた。 第1期Ver.3で新しく登場したカード。通常の武将カードが縦なのに対して、これは横向きに印刷されている。軍師カード自体には武将コストや能力値が設定されておらず、直接戦闘には参加しないが、同名の武将カードと同時に使用できない点や、デッキ内の勢力の種類の計算に含まれるということについては、通常の武将カードと同様である。 Ver1.2の追加・変更点は以下の通り。 Ver.3.1 蒼天の龍脈~ 第2期~ Ver3.0.0C情報 ; 過去Ver情報; イベント情報; よくある質問集; 用語集(通称集) 攻略情報; チーム一覧; システム詳細; 義勇ロード; デッキ; カードリスト. そこから大原は、「高台から見た視点」で三国志大戦の画面を作成すれば前述した問題を解決できることをひらめき、それに合わせてミニマップを追加。次々に良い発想が浮かんでいった。 以下は三国志大戦2以前に存在した勢力。Ver3に移行した際に主に西涼と他勢力が「群雄」に、Ver3.1からは主に袁が「漢」に再編成された。 以下はDS版共通の特徴として、DSはタッチスクリーンの2ヶ所同時操作が不可能な仕様のため、複数のカードを同時選択した状態でカード移動を行う「リンク」機能が搭載されている。 いずれも有料コンテンツで、『三国志大戦』及び『2008年7月22日にオープン。PCまたは携帯でICを登録して、高画質な対戦リプレイ動画の作成を行えるサービスであった。動画作成には筐体で一戦ごとに録画の有無を選択する必要があった。また、登録するとパソコン上でも戦績やチームの情報を確認できた。店舗のトッププレイヤーのリプレイ(頂上対決)とは別にWEB限定で配信されている動画をダウンロードすることも可能であった。ゲームで太尉以上の階級に初めて昇格した時などには、特別なリプレイ動画が自動的に作成されていた。 第1期は天・地・人の属性が存在していた。Ver.3.xxの武将カードすべてがいずれかの属性を所持している(Ver.2.xxカードにもかかわらず戦器を所持できないカードの存在した三国志大戦2と大きく異なる点である)。この属性は、奥義や一部の号令系計略に影響する。ただし、2.xxの武将カードや、武将カードでない召喚兵は属性をもっていない。 三国志大戦 アーケードの販売・買取はネット通販最大手のカードショップ遊々亭へ。上位プレイヤーの攻略Blogも要チェックです! 全国一律 全品送料無料で即日発送します。 です。 一部例外はあるが、高武力や高威力計略、或いは特殊計略や特殊能力を有するカード程コストが高く、レアリティも高い。但し、C・UCのみで構成されたデッキを得意とする上級プレイヤーも多く、編成カードのレア度の高さと勝率は無関係といってよい。勝敗を左右するのは、デッキの趣旨及びその内容と、プレイヤーの熟練度(地形や敵の陣容に合わせた効果的な布陣、様々な戦況への冷静な対応、等)である。

勢力が見直され、そして今回からすべての武将カードに属性が付加された。属性は、天、地、人の3種類ある。 プレイヤーが操作するカード。カード毎に0.5刻みで1~3のコストが指定されており、8コストの枠内であれば自由にデッキを編成できる(最大枚数は8枚。8コストを使い切らずに1枚だけや7.5コストで編成することも可能)。 営業時間 12:00~19:30 戦器を装備した武将は、何らかの恩恵を受けることができる。 2008年8月7日に発売。『DS』の続編だが互換性はない。Wi-Fiで全国対戦が可能。通常版にはシステムのベースは三国志大戦3(Ver.3.02)。『天』ではプレイスタイルが常の横持ちのスタイルに変更されており、上画面がモニター、タッチスクリーンをフィールドとアーケード版により近いプレイスタイルとなっている。前作と異なり1や2のカードは使えないが、新しいDS版オリジナルカードが登場、前作のDS版オリジナルカードも再録されている。 Ver.3.594 WAR BEGINS~ 2009年2月17日稼動のVer.3.12からは「特別進軍」というコンティニュー方法が追加された。1戦目で敗北した場合でも2戦目のクレジットで連戦可能になるので、Ver.3.11以前と比較すると僅かにプレイ料金が安くなった。 軍師には前作までの「兵法」に代わる「奥義」が設定されている。奥義は、前作までの兵法と同様に戦場全体に効果を及ぼす奥義にはまた軍師カード自体に成長要素があり、戦闘後に得られる兵糧を使用する事で成長させる事ができ、奥義の効果を高めたり奥義ゲージがたまるスピードを速めることができる。軍師カードは鍛錬実習を始める前の画面で訓練をすることができ、訓練の成果に応じて能力が上がるようになっている。 Ver.1.1 乱世の群狼~ 新着商品; ケータイ版. 例;SR夏侯淵「魏国の礎」 SR徐庶「侠者の陣法」等 また攻城力に武将のコストも関係するようになり、コストの高い武将ほど攻城力は高くなっている。 スマートフォンを利用しているプレイヤーでも、PCサイトでカードを登録すればカード情報の閲覧、チーム参加、カード再発行を行えた。英傑伝のリプレイ動画は作成できなかった。ちなみに、表記は演舞場ではなく演武場である。 2004年10月に三国志大戦は完成し、その後行われたロケテストでも好評を博した。