中国 24時間ルール 航空

輸入コンテナには日本版の24時間ルールが適用されるのをご存じですか?輸出側が米国や中国の24時間ルールに注意するのと同様、輸入側も注意したい。テロ対策などで特別ルールが適用されるケースもあるので、船会社の発信する港湾側の情報にも注意が必要だ。 中国24時間ルール(CCAM)に関しまして . (cn24) 中国24時間ルール 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また、平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 平成21年1月より試行されております、中国24時間ルールにつきまして概略及び弊社の対応を御案内申し上げます。 導入の背景: 2001 中国の主要都市から日本へ送るような場合は、翌日か2日後に到着します。フォワーダーとは、海外に荷物を届ける国際輸送を取扱う業者です。フォワーダーは、発送人や受取人の要望を聞き、船や航空機を利用して輸送します。クーリエ業者が対応できないような地域や特殊な貨物の輸送も対応してくれます。貿易業界では、船のことを“SHIP”、航空機のことを“AIR”と呼びます。クーリエの特徴として、田舎の方など対応できないエリアがあったり、食品や電池が入っている商品などが輸送できないなどの制限があります。また、緊急事態が起こったときの個別対応はできません。クーリエとフォーワーダーの使い分けですが、クーリエ・フォワーダー業者との契約料金によりますが、物量ごとに比較します。それぞれの輸送方法にはメリット・デメリットがあり、海外への輸送には、クーリエ・フォワーダーの代行業者に依頼するのが通常の流れとなります。物量が少ない・大きいといった差ですが、フォワーダーの料金にもよりますが、45cm立法の段ボール 50箱を超えてくると一般的には海上輸送の方がコストは安くなります。フォワーダーは、船会社・航空会社・トラック会社と協力して荷物を目的地まで輸送するため、輸送の依頼・輸入書類を作成・提出する必要があります。クーリエと比較すると書類の作成・提出など少し手間がかかります。中国の主要都市から日本へ送るような場合は、8日後くらいに到着します。また、フォワーダーでは、納期が間に合わないから通関を早めてほしい、受取場所や時間を変更したい、保管場所が確保できるまで納入を止めてほしいなど、輸送トラブルが起きたときに臨機応変に対応してくれます。フォワーダーの輸送方法は、飛行機を使った航空輸送、船を使った海上輸送があります。また、クーリエ業者が対応できないような地域や特殊な貨物の輸送も対応してくれます。クーリエとは、海外に荷物を届ける国際宅配便の業者です。ヤマト急便・佐川急便の海外版をイメージしていただけると分かりやすいと思います。クーリエの業者に輸送を依頼すると、通関手続きや荷物の集荷から送り先までの配達を全て自社だけでおこないます。このような一貫したサービスを貿易業界では「ドア・ツー・ドア」と呼んでいます。代表的な業者は、FedEx、DHL、UPSがあります。その他に、OCS、TNT、スコアジャパンなどの業者があります。 また、FedEx(フェデックス)はアメリカ方面で強いなど、地域によって特徴があります。 (太倉港集装箱海運有限公司) を. ッピング (輸出:03-4334-3791 / 輸入:03-4334-3792)入る旨TCLCより通達がございました。      *B/L面上は記載いたしません。4.CONSIGNEE CODEの記載(下記いずれかのコードを記載) 2018 年6月4日 コスコシッピングラインズジャパン株式会社 カスタマーサービス部 中国24 時間ルール(ccam)に関するご案内(3) 平素は弊社コンテナサービスに格別の御愛顧を賜り誠に有難う御座いま … ご利用頂きまして誠に有り難うございます。 さて、この度、 中国版24時間ルール(海关总署第56号令)に関しまして、2018年6月1日より運用に調整 … 先ほど、「原則として」cyカットは本船入港日の前日、と説明しました。 原則があるということは、例外もあります。 24時間ルールが適用されるケースが、その一つです。 しかし、積みたい船の出航日と貨物の準備完了(Cargo Ready、カーゴレディとも呼ばれます)のタイミングがきわどい時は、貿易実務の担当者は荷主の立場として、時々刻々の管理が必要となります。輸出通関手続きの観点からしても、ビジネスの面から見ても、ある程度の締め切り(秩序)は必要です。「船便が変わるなら早めに言ってほしかったな」「船積み書類は本社の代表に発送せずに工場に直接送って欲しかったな」「もっと詳しい P/L にして欲しかったな」などなど。また、CY と CFS で+1日の違いが生じるのは、CFSで貨物を混載する作業時間がその理由です。ちなみに、CFS で混載されたコンテナは CY に一旦搬入されるため、CFS で混載が終わった後、何らかの事故や不具合で CY カットに間に合わなければ結局、予定の本船に積むことはできません。自分も輸出の仕事で意図せず、同じようなことをしているかも知れません。貿易実務に携わるからには、そのような将来的なルール変更にも気を付けておきましょう。個別の地域の特殊なルールは、24時間ルールに限らず、他にもあります。また、テロ対策などで一定期間だけ特別対応をすることもあります。荷主に提出を求められるデータの内容も、今後は変わってくるかも知れません。職場の仲間から「コンテナのカットって何ですか?」との質問をもらいました。かくいうぼくも、輸出がメインなので、輸入に関してはどうしても手が遅くなります。そのため、たまに処理する輸入の仕事で、輸出者(海外の仕入れ先や関連会社など)の作成する書類の体裁や本船情報連絡のタイミングなどに、いろいろとストレスを抱えることになります。ETD(出港日)ではなく、ETA(入港日)を基準に設定しているのは、おそらく港に入る前に積み荷の量を確定させたいからでしょう。あなたが、輸入に関わるようになって日が浅いのなら、この記事だけは読んで帰ってください。実は貿易実務の担当者だけでなく、物流や製造部門で出荷を担当する人も、このルールを知っておけば役に立ちます。旅客飛行機の定時運行同様、顧客(荷主)獲得には運航スケジュールの安定が欠かせないからです。もちろん、ユーザーの立場で何かできることがあれば、取り組んでいきたいですよね。ということで、今回は「 Cut-off、カット日」と、コンテナカットに影響を与える「24時間ルール」について一緒にみていきましょう。とあるメーカーで20年以上、貿易実務を担当している神高(かんだか)です。輸出の仕事をメインに従事していると、どうしても輸入の感覚をつかみにくいものです。一人でも「本来は避けられたデマレージ」で悩む人を減らしたいんです。「え!? 今日、船が港に居るなら、すぐに積んでください」というわけにはいかんのです。メーカーで貿易実務に従事することになれば、製造部門や物流部門とカット日を意識して日々の仕事に取り組むことになります。乙仲業者はそういった情報に詳しいので、怪しいと思ったら、すぐに頼ってください。先ほど、「原則として」CYカットは本船入港日の前日、と説明しました。北米、欧州、中国向けの輸出貨物を扱うのであれば、注意が必要です。この船荷目録(マニフェスト)の提出義務は、我々荷主ではなく、船会社にあります。米国他と同様、貨物を日本向けの本船に積む24時間前までに船荷目録(マニフェスト)の提出が必要となっています。ただし、たとえば関西、中四国地区の港で考えると、釜山なら約2日、上海でも1週間程度で到着する距離なので、例外措置が認められています。おおむね、飛行機が出発する2時間前、あるいは3時間前と考えてください、とフォワーダーから聞いています。公開情報をうまく使って、乙仲業者と協力していけば、保管費用や輸送費用を無理なく削減できるでしょう。2020年のコロナ禍(ころなか)で、あらゆる貿易に関わる仕事も在宅勤務も間違いなく広まっていきますからね。また、現在はインターネットで各船会社もスケジュールの変更や注意してほしいことを個別に発信しています。貨物の搬出日に一番詳しいのは、実際に商品・製品を準備・梱包するチームですからね。日程、コストの面で余裕が生まれるかも知れませんよ。乙仲業者は、よほどのことがない限り、うっかり「カット日」を見落としたりしません。カット日が2日間繰り上がって、本船入港日の3日前が CY カットとなるからです。(CFSカットは、さらに+1日短くなります)現在、船積み書類を先に提出するなどの工夫で、コンテナのCYカットを2日前、あるいは他の向け先同様に前日に変えられないか、政府で議論されている、との報道もあります。コンテナ輸送の貿易実務に携わるようになると、ほぼ毎日、コンテナ搬入のCut-Off、カット日を意識せざるを得ません。IoT(Internet of Things、モノのインターネット。センサーによる位置情報取得など) を活用していけば、改善の方向に向かうだろうとは思います。なぜなら、貨物(メーカーなら製品、商品など)の準備が間に合うかどうかは、荷主の実務担当者が一番よくわかっているのですから。罰金その他の規定まであるため、船会社はペナルティを課されないよう、リストを時間内に作成、提出します。ユーザー(輸出者、輸入者)と海運会社、税関などの関係官庁、いずれも無理なく対応できる仕組みができ、ひいては日本の競争力強化につながることを願っています。 24時間ルールは前日、前々日が「原則」、例外は北米、欧州、中国向け. クーリエ・フォワーダー(航空輸送・海上輸送)の特徴; 中国24時間ルール(中国向け輸出) 企業コード・事前情報提出の厳格化; 産前・産後・育児休業とは? 出産時の休業補償・免除・医療費の補助 中国企業の場合は、上記の企業コードのどちらか一方を使用します。③は、受取人がTo Orderや銀行などの第三者がいる場合に必要です。BL上の品名の記載について、規制が厳格化されましたので、詳しく品名を記載する必要があります。この制度変更に伴い、2018年6月1日以降に中国へ入港される貨物において、海上貨物・航空貨物での対応が必要になりますので、船会社や航空会社はフォワーダーへの周知を進めています。中国への輸入貨物・中国トランジット貨物が規制の対象となります。マカオや香港は24時間ルールの対象外となります。今までのような「食品・植物・工具・肉・油・その他」などの大まかな品名では中国税関で受理されません。バナナ・花の名前・工具の名前・牛肉・潤滑油など、具体的な品名を記載しないといけません。米国はEIN(米国法人番号)、英国はVAT番号(付加価値税登録番号)など中国24時間ルールの具体的な案内があったのが直前ということもあり、5月29日の時点では、不明瞭なところが多く、今後の運用について検討中といった通関業者が多数です。空港の税関ごとに対応が異なったりしますので、要請の内容が変わる可能性があります。企業コードは、原則、中国税関が指定する種類のShipper、Consigneeの国ごとのコードが求められます。中国版24時間ルール改定の通達により、下記のフルネーム、フルアドレス、電話番号、企業コードが必要になります。また、今回の制度変更により追加になったものを含め、必要な情報を記入したAWBを船会社、航空会社に提出することが求められます。航空会社は、企業コードなどの新しい追加情報を中国税関に送信しないといけませんので、AWB情報を電子送信する際に対応するFWB、FHLのバージョンを整備する必要があります。数年前に中国税関より同じ内容の通達がありましたが、中国税関でうまく機能しないという理由で、うやむやになって流れていましたので、今回の通達がなくなる可能性もあります。