大口径 エア ライフル
1966年に国際公式となったエアライフル競技に使われるもので、日本人には一番馴染み深いものでしょう。1点の外線直径は45.5mm、中に向かって1点5mmづつ減じ、最終的な10点の部分のテンは0.5mmとなります。 6.35mm口径(0.25 Caliber) 6.35mm(0.25インチ)口径は、スタンダードな5.5mm口径に比べて空気が当たる表面積が大きくなるため、直進性は劣ります。しかし弾の重量が重い分、獲物に命中したときの衝撃(ストッピングパワー)は大きくなります。 5.5mmか6.35mmか迷ったときは エアライフル10m標的. MenuSidebarPrevNextSearch  日本ライフル射撃協会(nraj)の公式ウェブサイトです。競技、ニュース、大会、結果、ルール、各種手続きについて、一般・競技者の方への情報をご紹介しています。

一般的に使われるライフル弾は5.56mm(22口径)か7.62mm(30口径) 対して拳銃弾の定番は9mm(38口径)、または11.5mm(45口径)。 拳銃弾の方が遥かに口径が大きいですが、ご存知のとおり威力はライフルが圧倒的に勝ります。 西富士射撃場は富士山麓の豊かな自然に囲まれた朝霧高原にあります。 昭和39年に猟銃事故防止のために射撃技術向上と諸氏の親睦を兼ねて設備され現在に至る歴史ある射撃 … 自衛隊ミリタリー情報一般に「口径の大きな銃」=「威力が高い」と解釈されがちで、実際にその傾向はあるのですが。一般的に使われるライフル弾は5.56mm(22口径)か7.62mm(30口径)拳銃弾の方が遥かに口径が大きいですが、ご存知のとおり威力はライフルが圧倒的に勝ります。銃弾の口径は何を基準に決められるのか、口径の大小はどういう影響があるのか、貫通力や人体への威力はどう変わるのか、解説していきます。これは、単純に「弾丸の重さ」と「飛翔速度」という2つの要素で決まります。運動エネルギーの算出式 ご存知のとおり銃というのは火薬を発火させて、その燃焼ガスのエネルギーで銃弾を加速させるので弾丸の飛翔速度は火薬の特性と銃身の長さに依存します。ここに拳銃弾の方が大口径という理由が1つ。そして同じ運動エネルギーでも「貫通」と「衝撃」では適した口径が異なるという点も関係してきます。拳銃は小さいことに意味がありますので、あまり銃身(バレル長)を長く取ることは出来ません。銃身が短いということは、加速出来る時間が短いということ。加速時間が短いという縛りの中で一定の速度を出そうと思うとこのどちらかが選択肢となります。しかし圧力を大きくするということは、それに耐えられるだけの銃身構造にしなければならないということです。携帯性の高さが強みの拳銃なのに、大きく重くなったら本末転等です。故に拳銃としての強みを活かしたま速度を稼ぐには、燃焼ガスの圧力を大きな面積で受けられるように、断面積を大きくするしかありません。同じ運動エネルギーを持つ弾丸の場合、なるべく細長く鋭く尖った形状の方が貫通力を高く得る事が出来ます。対象に弾丸の運動エネルギーを大きく与えたい「衝撃」を重視するなら、逆に貫通しない形状にした方が得策です。拳銃の目的は一般に「対人」「対獣」なので、貫通力よりも対象に与えるエネルギー重視です。なので貫通しにくい大口径弾の方が拳銃の使用用途には適した設計となります。ちなみに大半の拳銃弾は着弾後、前から押し潰れるようになっています。以前に戦闘機のIRAN=Inspection and Repair As Necessary、メーカーに持ち込んでの定期整備について、その費用を調べて[…]先日、新たに進水式を迎えた護衛艦DDG-180が「はぐろ」と命名されました。 旧海軍の重巡洋艦「羽黒」と同じく、山形県の羽黒山にちなむ名前です。 新た[…]先日発生しました、新潟・糸魚川の大火事。 幸い死者は出ていないようですが、年の瀬に大変な惨事に遭われた方々が、せめて暖かく年を越せる事を願っております[…]当面の間、更新日を月曜日とさせていただきます。なお申し訳ありませんが7/27分はお休みします(本業が家に帰れないほどの激務の為) また、5.0mm(0.20インチ)という口径もありますが、これは過去に国産エアライフルで使用されていた口径なので、現在では適合する銃はほとんど流通していません。 5.5mmよりも大口径 西富士ライフル射撃場について.  5.5mmよりも小さな口径にはCopyright © WordPress Luxeritas Theme is provided by " その理由の一つに、大口径のエアライフルの精度が向上しており、一昔前の「よく当たるのは5.5mm」という通説が覆されつつあるようだ。 大口径でもあたるのであれば、半矢になりにくいしその方がいいじゃん、という話なのだが、私はあらためて初心者には5.5mmがよいと考える。