宇宙 重力 作る

2009/2/8万有引力(重力)が発生するメカニズムはいまだに分かっておらずいろいろな説があります。この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!この広告は次の情報に基づいて表示されています。閉じる1〜2件/2件中 宇宙船内は無重力だから、落下させる必要がなく、歪みのない球ができる。 このことを利用して、1982年から1984年にかけてスペースシャトル内でプラスチックの球を作る実験が行われた。 以前から宇宙ステーションというとドーナッツ型の想像図が典型的でしたし、実際、長期間人間が宇宙に滞在する場合、居住区間は人工重力があったほうがはるかに快適に思うのですが、過去のnasaのスペースラボ、ミールなどはもちろん、新しいissでも採用されないのは、なぜなんでしょうか。 宇宙空間で宇宙船や装置を回転させて遠心力を発生させれば、重力が発生したのと同じような状態になるのです。 国際宇宙ステーションには「セントリフユージ(生命科学実験しせつ)」という、重力が生物にあたえるえいきょうを調べる実験装量が取りつけられます。 宇宙船は、遠心力と重力が釣り合って、無重力になっています。常に地球の周りを高速で回っているから、遠心力が働き、重力による落下がないのです。バランスが取れているから、宇宙にも放り出されない。ということであるなら、地球上でも そこで今回は、無重力空間でのサンドイッチの作り方を収めた映像をご紹介したい。 ・無重力空間で「PB&J」を作る動画. 1961年、ガガーリンが世界初の有人宇宙飛行に成功してから、約56年の歳月が経過した。技術の開発はめまぐるしく進み、民間人向けの宇宙旅行プランまで登場するようになったことはご存じの通りである。さらには宇宙食も進化し、初期はほとんどがペースト状だったものが、現在は見違えるほど種類豊富になったという。そこで今回は、無重力空間でサンドイッチの作り方を披露してくれるのは、NASAの宇宙飛行士、シェーン・キンブロー(Shane Kimbrough)さんである。サンドイッチの種類はピーナッツバターとジェリー(ジャム)を挟んだ、米国の定番メニュー「PB&J」だ。少しの力が加わっただけで、あらゆるものが散乱してしまう無重力空間。そこで活躍するのが、「注目すべきは、サンドイッチのパンが「トルティーヤを手に取ったキンブローさんが、スプーンでピーナッツバターをたっぷり塗って、ボトルからジェリーを絞り出せば……正直なところ、特別ウマそうにも見えないが、ペースト状の食事ばかりを食べていた昔の宇宙飛行士がこれを見たら、きっと感動するに違いない。ぜひ宇宙旅行に行った気分で、動画をご覧になってみてはいかがだろうか。参照元:▼「PB&J」を作る様子がこちら© 「宇宙」といえば、重力がないことを思い浮かべる人も多いでしょう。宇宙が舞台となるSFの映画や小説とかでおなじみですから、ほとんどの人が宇宙空間=無重力と考えているのではないでしょうか?ところが!これが大きな誤解なのです。宇宙にも、実は重力はどこにでもあるのです。では、テレビのニュースなどでよく見る宇宙飛行士のシャトル内の映像とかは、なぜ無重力な感じでフワフワと浮いているのでしょうか?ちなみに、テレビのニュースなどでよく見る宇宙飛行士のシャトルの映像は、地表から400キロメートルくらいの高さであり、この高さでは、地上の重力よりわずか10%しか減っていない状態なんだそうです。それならなぜ、あのようにフワフワと浮いているのでしょうか?この記事の目次 それは、人工衛星内でも人工衛星の外でも、人間は人工衛星と同じ速度で地球の周りを回転しています。この回転は地球に向かって直角方向の運動と、地球方面へ落下する運動が合成されたものです。たとえば、エレベーターに乗っていたときに綱が切れて落下した場合は、地上に落ちるまでエレベーター内で宇宙飛行士のような遊泳が出来ることになります。あのよく見る人工衛星内の宇宙飛行士の映像は、つまりいつまでも落下しているエレベーター内と同じと言えます。7,9km/s以下の速度でも、人工衛星が地球に落ちるまであの無重力遊泳ができます。宇宙飛行士は過酷な訓練をすることで有名ですが、その訓練のなかでは飛行機を高い場所から落下させて無重力状態を作っています。水平飛行をしているときに飛行機のエンジンを停止すると、惰性によって前進していきながら落ちていきますが、機内はそのときに無重力状態となります。このとき、エンジンを停止したときの速度が7.9km/s以上の場合、落ちることがなく人工衛星になります。では、宇宙の重力ってどうなっているんでしょうか?月は地球を回っていて、地球も1年かけて太陽を回っています。太陽系ですら、銀河の中心にあるとされるブラックホールの周りを回っているのです。この回転は、重力によって行われています。つまり、結局は宇宙にも重力は存在しているのですね。  「宇宙ステーション」とは、宇宙空間で地球の軌道上にある、人間が住むために設計された人工天体の建造物です。この宇宙ステーションも前述のテレビのニュースのシャトルのように、無重力空間となっています。これはなぜなのでしょうか?これも、宇宙ステーションもシャトルと同じく常に自由落下をしているので、内部が無重力状態となっているのです。しかし、宇宙ステーションとは人間がそこで生活をするために建てられた人工天体ですから、長時間そこで生活をすることによってさまざまな問題が出てきます。たとえば筋肉の機能が低下したり、骨・カルシウムが溶けたりする悪影響があります。さらにあのような無重力空間というのは置いてある「物」も無重力になるため、この取り扱いにも注意する必要がでてきます。  このような問題を解決するために、宇宙ステーションで人工重力を生み出すことが計画されています。日本も開発に携わっていた実験では、遠心力で重力を作るという予定でしたが、2005年に中止が決定されましたが、このようなアイデアはすでにSF小説や映画では多く登場しています。たとえば有名なSF映画の金字塔である「2001年宇宙の旅」では、回転軸を中心にした車輪状の宇宙ステーションが登場しています。あの中では、変わったカメラワークによって宇宙飛行士がマラソンをしているのが描写されていたのが印象的でしたね!  人間の思考にも大きな影響を与えているのではとも言われている重力ですが、実は宇宙にも重力は存在していたんですね。普段、我々がいかにテレビの映像に影響を受けているということが最認識できた事柄といえるのではないでしょうか。HN:K.WAKE経歴:学生時代は天文サークルに所属し、約40年のサラリーマン生活中も、機会があれば高山で星を眺めました。今は、損害保険会社で非常勤勤務中です。奥会津の山荘に望遠鏡を設置し、週末、気候の良い夜は一晩中星を見ています。趣味:登山、楽器演奏気になる宇宙分野 宇宙旅行。宇宙論。テラフォーミング。Copyright ©