深夜食堂 エピソード ランキング
『深夜食堂』(しんやしょくどう)は、安倍夜郎による日本の漫画作品。2006年10月に小学館発行の漫画雑誌『ビッグコミックオリジナル増刊』に読切一挙3話掲載で初登場。 それ以降、1回に2話掲載、出張宣伝漫画などを経て、2007年8月からは『ビッグコミックオリジナル』で連載されている。 目次出典:この回でポテトサラダは、深夜食堂は下ネタ系の話が多く、ポテトサラダの話もその1つだ。あまり表では聞かない職業、出典:深夜食堂5巻で印象深かったお話。マスターが出典:豚バラスライスをプチトマトに巻いて串に刺して焼いたもの。今回も相変わらず美味そう。漫画では10本頼んでるな。串だとホイホイ食べれるもんなー、ホイホイ食べれるからお財布に優しい食べ方は、やはり自宅で調理すること。安上がりで沢山食べれる。キッチンのグリルで、豚バラトマト巻きに荒めの塩をかけてから、こんがり焼くと良い具合!出典:自分は絶対そうはならないという覚悟で2年間努力した橋本だったが、デビューすることは叶わなかった。漫画をやめることを決意した橋本は、最後に豚バラトマト巻きを”めしや”で食べていた。偶然そこへ、彼女を伴い手塚オサミが豚バラトマト巻きを食べに訪れる。出典:深夜食堂は漫画はもちろん面白いが、ドラマ版も役者の演じるキャラが光る。漫画の話はとても短くそのままドラマにするには難しい…。なので、ドラマは漫画より話が深かったり変更されている箇所がある。出典:ナポリから来たイタリア人が、マスターの店でナポリタンを食べるお話。自分もこの漫画で知ったが、イタリア人が母国に帰った後、落語家になりナポリタンの落語で有名になったのは笑ってしまった。最初はナポリタン微妙そうな顔して食べてたのに、こんなにナポリタンにお世話になって。彼のナポリタン発祥の地はマスターのとこの出典:出典:定年を迎えた男性客が続々と自分が打った自慢の蕎麦をおすそ分けに来て、マスターがこんなに食べきれない!となった時に大食いの客がお腹空いたーと入っきた。その時にマスターが放った一言出典:売れない演歌歌手の千鳥みゆきは、マスターの店で猫まんまを食べに来るようになる。猫まんまは、千鳥みゆきが初めにマスターの店に来店した時、猫まんまを注文。マスターがどうせなら今から米を炊いて、炊きたてのご飯で食べよう、出典:炊きたてごはんと、かつおぶしと、醤油の香りを脳内に運んでくる。思わず、溢れ出した唾液を飲み込んだとき、緊張から解放される。ただの猫まんまに醤油を注ぐだけのシーンに魅せられた。出典:出典:紅しょうが天ぷらは関西人の社長が大好き。注文してマスターにそれから社長と彼女の奇妙な関係が。話の最後に、社長が彼女に値切り交渉をしたオチが笑ってしまった。この辺りは漫画で是非読んでもらい。それにしても深夜食堂は下ネタが多い(笑)安倍夜郎先生の出典:月子は店のマスターが作ってくれた白菜漬けを、持ち帰る途中タクシーの運転手にあげた。一緒に連れてきた猫が篭から飛び出して車に引かれて軽く怪我をしてしまう。白菜漬けを渡したタクシーの運転手が偶然にもその場におり、動物病院まで連れていく。白菜漬けで知り合ったタクシーの運転手と月子。こんな関わり合いないだろうと思いつつ、どんな展開になるのか読まずにはいられなかった。出典:マスターの店で大好きな唐揚げを食べているサヤは、彼氏に暴力をふるわれたり、いつもお金を渡していた。そのせいで家でゆっくり眠れないからと、店で目を閉じて時折寝ていた。唐揚げを通して、ダメな彼氏のために家族と縁を切ったサヤが家族と復縁するのであるが、サヤの兄が出典:この回は、親の借金を夜の仕事をして返しているイクミ、それに恋した青年の話である。イクミはマスターの店で大好物の煮こごりを食べている。そして、もうすぐ借金返済できる時が…自由になったら元の自分に戻れるか彼女は不安になる。煮こごりは魚を煮た煮汁が固まったものをいう。温かいご飯の上に、出典:タマゴサンドが好きなお客さんに、マスターが口直しにハムとキューリも入れといてくれるところが粋。サンドウイッチ…自分も結構好きでそういえば最近、出典:同窓会幹事会の帰りにミホとサユリが雨に降られてマスターの店にやってくる。サユリが春雨サラダを注文すると、春雨サラダを大好きだったシガッチのことが話題に。サユリはシガッチが好きで春雨サラダを片思いの人の好きな食べ物や取り組んでいることって、出典:マスターがやっている”めしや”では缶詰も出すのである。今回はそのまんま出すのではなく、ひと手間加えている様子が描かれていた。さんまの蒲焼はコンビーフはコンビーフを炒めて目玉焼きを乗っけるだけ。玉子の黄身をからめて食べると美味しい…(うまそうだ)。また、少し残したコンビーフをご飯の上に乗せて、醤油をかけて出典:この話で驚いたのは店のマスターが餃子を作らずに、出前で頼んでいるところだ。餃子のシーンはもちろん美味しそうだったが、出典:この回は、夫が死んだ後に歌うのをやめた女性(みさおさん)のお話である。マスターの店にいる、みさおさんに戸山さんが歌ってよ!とお願いする場面、自分は愛する人が死んでしまったら、夫が死んでしまって終始悲しい感じだ、みさおさんの出典:“めしや”でみさおと偶然同席した戸山は意を決して、もう一度歌ってほしいと頭をげるが、夫の棺の前で「人のために歌わないと約束した」とみさおは言葉を残して店を出ていく。ある日、メンチカツを泣かずに食べられるようになったみさおにマスターは、「旦那さんは歌っているみさおさんが好きだったんじゃないのかい」と声をかける。出典:出典:1巻の第2話に「きのうのカレー」がある。前日の冷蔵庫で少し変わっている食べ方だな…と思い、こんな食べ方を紹介されては試したくもある。自分も一度やってみたが感想は、出典:漫画の1巻の第14話にラーメンは出てくるが、店のマスターが出すのは何てことない、インスタントの袋麺・チャルメラとサッポロ一番のラーメン。ラーメンの具は、海苔・煮玉子・鳴門・メンマ・長ネギ・チャーシューを乗せている。ラーメンの具を、ちゃんと揃えるとインスタントでも豪華に見える。家飲みの〆にも出典:3巻の第34話でこのバターライスの回を読むことができる。お客の流しのゴローさんは、ご飯にバターを溶けさせてから醤油をかけかき混ぜて食べる…味わって食べているゴローさんを見た周りの客達が自分はこの回を夜に読んでいてその時はバターの上に、焼いたベーコン・かつお節・半生に焼いた目玉焼きを乗せて、醤油を垂らしてリメイクしたりもした。←これも美味いので一度試してもらいたい。出典:1巻の第1話「赤いウインナー」では、ヤクザの竜ちゃんが注文する赤いウインナーと、2丁目のゲイバーの小寿々さんが注文する玉子焼き…これを2人は店で会うと、ヤクザの竜ちゃんが赤いウインナーを好きで食べている場面は、読んでいて店のマスターがウインナーをそのまま出すのではなく、出典:赤いウインナーは、漫画では2回登場している。1回目は、1巻の第1話「赤いウインナー」で。2回目は、3巻の第31話「再び赤いウインナー」で。また、深夜食堂のグッズなどにも赤いウインナーは人気が高いことが伺えることもあり…(自分自身が”人が出してくれる焼き立てのウインナー”でビールを飲みたいことから)出典:しかしどこに飲み屋で、豚汁定食にビール・焼酎・酒…、あとは好きなものを頼んで良し、なんて店があるのか?こんな飲み屋があったら、何度でも通ってみたくなってしまうのだが…(笑)漫画を読んでいると、出てくる料理は全て美味そうだ。今回のランク付けは