神奈川県 土壌汚染 条例
   又は生活環境に係る被害を防止するために講ずべき措置に関する指針」(以下、指針)が定められています。      土壌汚染の調査及び講ずべき措置に関する指針(PDFファイル) 土壌汚染の調査及び講ずべき措置に関する指針・同解説(PDFファイル)  次に示す県条例の規定による調査等は、指針に基づき実施する必要があります。    神奈川県内では、土壌汚染対策法に基づく要措置区域及び形質変更時要届出区域の指定は、土壌汚染対策法施行令第8条に規定される政令市10市は市長が指定を行い、その他の市町村は県知事が指定を行います。

土壌汚染に係る調査等を行う際、神奈川県生活環境の保全等に関する条例の規定により定められた「土壌汚染の調査及び講ずべき措置に関する指針」に基づく調査等が義務付けられているものについては、当該指針の内容を遵守してください。 県生活環境の保全等に関する条例に基づく土壌汚染対策について. 土壌汚染調査の実績4500件以上の株式会社ジオリゾームが、滋賀県の土壌汚染に関する条例について解説します。滋賀県では、土壌汚染対策法に上乗せして、有害物質取扱い工場に対して、漏洩防止や定期検査を求めています。 土壌汚染調査の実績4500件以上の株式会社ジオリゾームが、神奈川県の土壌汚染に関する条例について解説します。神奈川県では、土壌汚染対策法に上乗せして、有害物質取扱い工場に対して10㎡以上の土地改変や廃止時に土壌汚染調査を求めています。 神奈川県生活環境の保全等に関する条例(平成9年10月17日条例第35号)では、土壌汚染対策に関 して、「特定有害物質使用地」及び「ダイオキシン類管理対象地」における、事業者の義務を規定し 土壌汚染対策法(平成15年2月15日施行)では、土壌の特定有害物質による汚染の状況の把握を行い、その汚染による人の健康被害を防止することを目的としています。また、市条例(平成24年10月1日改正)では、法を補完するものとして制定しています。 土壌汚染対策法(平成15年2月15日施行)では、土壌の特定有害物質による汚染の状況の把握を行い、その汚染による人の健康被害を防止することを目的としています。また、市条例(平成24年10月1日改正)では、法を補完するものとして制定しています。 お問い合わせ資料請求土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム東京03-5606-4470大阪06-6381-4000神奈川県は、そうなんです。神奈川県では、「神奈川県生活環境の保全等に関する条例」について、詳しく、図も交えながら説明していきます。土壌汚染対策法、法律のH31年4月の改正内容を詳しくお知りになりたい方は神奈川県条例で定められている1つずつ、具体的に確認していきたいと思います。特定有害物質26種類+ダイオキシン類物質の詳細と基準値はこちらをご参考にしてください神奈川県生活環境の保全等に関する条例 第 59 条第3項 第 63 条の2第2項、第 63 条の3実際に、東京都の条例に基づいた調査事例もご参考にしてください②の事業所で、以下の場合は土壌汚染調査が必要となります。*ただし、10㎡を超える場合でも、神奈川県生活環境の保全等に関する条例 第62条の2神奈川県では、土壌汚染対策法に基づく調査、もしくは条例に基づく調査で地下水の影響は、ボーリング調査やモニタリング調査を行います内容のご不明な点やご質問については、お気軽に神奈川県では、県の条例だけでなくて、市独自の条例がさらにあるらしい・・・。神奈川県内では、県の条例の他にも各区で条例が制定されている自治体がありますので、注意が必要です。横浜市では、ご質問や内容については、お気軽に横浜市では、特定有害物質等(ご質問や内容については、お気軽に神奈川県内のうち、以下の区町村については、区独自の条例は定められていません。土壌汚染対策法と神奈川県生活環境の保全等に関する条例に従って、調査が進められます。横須賀市相模原市平塚市藤沢市小田原市茅ヶ崎市厚木市大和市a神奈川県は、土壌汚染対策法+神奈川県条例、さらに市の条例もあって。。。大変だ。ご不明点はお気軽に*業務時間外は、直接担当者に繋がります。お困りごとなど、お気軽にご相談ください。毎月無料で土壌汚染に関する情報をお届けしております。土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム資料請求お問い合わせお困りごとなど、お気軽にご相談ください。 届出書等の行政文書は、原則としてすべて公開の対象となります。 届出書作成の前に「情報公開制度に伴う行政文書の取り扱いについて」をお読みください。 土壌汚染対策以外の横浜市生活環境の保全等に関する条例の様式については、こちらへ。 土壌汚染が判明した土地については、神奈川県生活環境の保全等に関する条例に基づき「公害防止計画」、「周知計画」、「地下水への影響調査」の作成・実施が義務付けられており、それに伴い「計画書」及び「報告書」を厚木市に提出する必要があります。 土壌に関する法令は土壌汚染対策法と神奈川県生活環境の保全等に関する条例があります。それぞれ、調査対象者や調査時期等が異なりますので内容については下記のパンフレットを参照してください。 土壌汚染対策法の案内 (pdf 48.0kb) çœŒæ¨ªæµœå¸‚中区日本大通1© 1995 Kanagawa Prefectural Government.   ã€€è‡ªä¸»çš„な調査等においては、指針に基づいて実施する義務はありません。 土壌汚染の調査・公害防止の計画・汚染土壌の運搬等を行う際、指針を参考資料として御活用ください。  ã€€åœŸå£Œæ±šæŸ“に係る県条例の規定として、関連ページ「  

(市役所第二庁舎7階)ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、 汚染された区域の指定を行うのは. çœŒæ¨ªæµœå¸‚中区日本大通1© 1995 Kanagawa Prefectural Government. これら土壌汚染について、県では、土壌汚染対策法(平成14年法律第53号)を適切に施行するとともに、神奈川県生活環境の保全等に関する条例(平成10年神奈川県条例第35号)により、法と連携した効果的な取組を推進しています。 新着情報 県条例に土壌汚染対策が初めて定められた際の運用のおおもととなった通知です。 「神奈川県生活環境の保全等に関する条例の施行について」の一部改正について(平成15年3月31日 気水第285号)(pdf:104kb) 土壌汚染対策法が施行されたことに伴い、平成10年3月31日環総第128号通知(施行 …

   神奈川県生活環境の保全等に関する条例に基づく土壌汚染対策 (条例第58 条~第63 条の3) 県条例では、特定有害物質使用地及びダイオキシン類管理対象地について、一定の契機を捉えて 土壌調査を実施すること等の義務を定めています。 土壌汚染が判明した土地については、神奈川県生活環境の保全等に関する条例に基づき「公害防止計画」、「周知計画」、「地下水への影響調査」の作成・実施が義務付けられており、それに伴い「計画書」及び「報告書」を厚木市に提出する必要があります。 神奈川県では、土壌汚染対策法に基づく土壌汚染対策の他に、「生活環境の保全等に関する条例」(以下「県条例」といいます。)に基づく土壌汚染に関する規制を行っています。