笑っていいとも 視聴率 推移

All rights reserved. 上がっていき、2012年2月には、 お昼の時間帯で視聴率トップになります。 そして、同年11月に初めて. 2009年7月10日放送分のエンディングで、2013年7月1日放送分から一時、タモリが各曜日日替わりコーナーを1コーナー(オープニングコーナー)とテレフォンショッキングしか出演しないという形状になったが、2014年1月6日放送分から番組終了までは、全てのコーナーに出演する形に戻った。 みたいですね。 今や誰でも知っているお昼の人気番組「笑っていいとも」。 今回、いきなりの打ち切りで衝撃を受けた人も多いと思います。 笑っていいとも打ち切りは視聴率が低いことが原因だったのでしょうか。  「笑っていいとも!」は、放送が開始されたのは、1982年の10月からで、終了の2014年まで、約30年以上続いていた番組です。 何と言っても一番の売りだったのは、お昼の生放送で、人気の芸能人が出演し、クイズやトークをお茶の間に届けるといった番組のコンセプトでした。 生放送だけに、乱入者がいたり、人気企画である「テレホンショッキング」で、次のゲストと電話が繋がらなかったりとパプニングも多数あり、また、それすら人気の原因の一つでもありました。 現在、笑っていいともは「最も多く放送された生放送番組」という内容でギネスにも認定されています。 タモリに関しても、毎日の放送にも、関わらず今まで約8000回程放送された中で、休んだ日もほとんどなく、お昼の顔として地位を確立していました。  10月22日のいいとも放送中にタモリがいいともの打ち切りを発表しましたが、終始冷静に発表していたのは驚きました。 タモリもいいとも終了の話を聞いてから自分の中で気持ちの整理をつけてから番組で発表したのでしょう。 大人気だった「笑っていいとも!」が終わってしまう原因はやはり、視聴率だったのでしょうか。 もともと、「笑っていいとも!」の視聴率は2013年まではお昼の時間帯に放送されている他の番組の中ではダントツで高い人気番組でした。 その視聴率は、平均して10パーセント前後を推移していたみたいですね。 しかし、最近の視聴率の下落は凄まじいものがあり2013年に入ってからの「笑っていいとも!」の視聴率はだいたい4~5パーセント程です。 視聴率事態が年々下がっている背景には、インターネットの普及なども問題もあるので仕方がないことです。 しかし、同じ時間に放送されているTBSの「ひるおび」にも視聴率を抜かれたという事実もありました。  今までトップを独占していた分、他の番組に視聴率を抜かれてしまったという事実も打ち切りを決意した一つの理由なのかも知れないですね。 今後、「笑っていいとも!」が終了した後の新番組は中居正広が司会を務める、まだタイトルは仮ですが、「ハッピー・ピープル」という番組になるとのこと。 中居はいいともに毎週レギュラー出演しているだけに、笑っていいともで司会を務めていたタモリも複雑な心境かもしれませんね。[…] 「笑っていいとも!」も最終的には、 […]
また、すべての観覧募集終了後、最終回までの5回分の観覧応募落選者に送付されたはがきには、応募者多数による不当選となった旨の他、32年間の本番組の御愛顧に対する御礼と、番組末期の『森田一義アワー 笑っていいとも!』タイトルロゴの赤色の青森テレビ、テレビ大分、テレビ宮崎以外はフジテレビ系列のフルネット局。 3月に、31年半の歴史に幕を下ろす『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。近年は視聴率も低下し、同時間帯1位を他局に許す日も多く見受けられた。『いいとも』に限らず、テレビ番組は視聴率… No reproduction or republication without written permission.掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 いいともだけでいい。」 など言われ、視聴者から. などのほか、かつてはタモリが司会を務めていた1985年から1988年の4年間、タモリはタモリのゴルフプレー中に起きた怪我による欠席時(2001年11月5日 - 14日)は、各曜日レギュラー陣が協力して番組を進行していた。
エンディング 芸能2014.02.27 11:00  NEWSポストセブン 3月に、31年半の歴史に幕を下ろす『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。近年は視聴率も低下し、同時間帯1位を他局に許す日も多く見受けられた。『いいとも』に限らず、テレビ番組は視聴率が取れなくなれば、消える運命にある。だが、本当に『いいとも』は数字を取っていないのだろうか。 たしかに、平日は視聴率5~6%のあいだを推移しており、全盛期と比べればかなりパワーダウンしていることは否めない。しかし、今でも10%を記録する日もある。テレビ局関係者が話す。「平日はともかく、祝日の数字は相変わらず高いですよ。たとえば、昨年9月16日(敬老の日)は10.9%。この日のフジテレビの最高視聴率は、月9ドラマ『サマーヌード』(主演・山下智久)の11.9%、2位が『ネプリーグSP』の11.4%で、『いいとも』は3位でした。同日放送された『SMAP×SMAP』の8.4%よりも高い数字なんです」 それ以降の祝日も同じような結果を残している。昨年9月23日(秋分の日)は8.6%、同10月14日(体育の日)は9.1%。“衝撃の終了発表”のあった昨年10月22日以降をみても、11月4日(文化の日)は9.9%、12月23日(天皇誕生日)は9.9%、今年1月13日(成人の日)は9.1%だ。そもそも祝日は昼の時間帯の視聴率は高まる傾向にあるが、いずれの日も民放トップの数字で、2ケタ近い視聴率なのだ。「2月11日(建国記念日)は10.9%と2ケタに乗せました。ただ、日本テレビの『ヒルナンデス!』が11.4%を記録したため、同時間帯1位の座は譲っています。それでも、この日のフジテレビの視聴率1位は同率で『いいとも』と『とくダネ!』なんです。ほかの番組はすべて1ケタ。フジテレビの中では、『いいとも』のコンテンツ力はまだまだ落ちていないんです。 逆にいえば、今のフジは本当に苦戦していて、10%を超える番組が1日に2本ぐらいという日も珍しくありません。2ケタが『めざましテレビ』だけの日もあるほど。そのなかで、『いいとも』は祝日になれば、未だに2ケタを取れるコンテンツ。果たして、本当に打ち切っていいのかという疑問はあります」(同前) 2013年の年間平均視聴率は6.1%で、民放同時間帯でトップとなった『いいとも』。凋落ばかりが注目されるが、実は昼帯にもかかわらず、2ケタを超える数字を持っているのだ。その番組を終わらせるのは、果たして得策なのか。「たしかに全盛期と比較すれば、祝日の数字も衰退していますが、それはテレビ界全体にいえることですよね……」(同前)ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。© Shogakukan Inc. 2020 All rights reserved. 2001年4月以降、『笑って』の書体を変更したデザインが、一部のセットやテロップで使われるようになった。また、ロゴの配色は基本的に赤一色だが、時期によっては、オープニングタイトルやスタジオセットなどで、赤以外の配色をしたこともある。2011年10月以降は、青・黄・緑など多色にリニューアルされたデザインがメインに用いられた(上部の画像リンクを参照)。

その日に登場した曜日レギュラーやゲスト、またはエンディングに告知をする為に登場するゲストを招き入れて告知・番宣をしたり、告知が無い場合は当日の放送内容をトークでを振り返った後、コーナー募集があれば行い、放送終了時間が近づくとタモリが「また明日も見てくれるかな?」BGMは当初から一貫して「ウキウキWATCHING」のインストだったが、昭和天皇病状悪化の時期はオープニングと同じBGMでエンディングとなり、最後の流れも行われなかった。 テレビ大分以外はフジテレビ系列のフルネット局。

1996年まではその後に一旦CMを挟んで、タモリやレギュラー陣が騒いでいる放送終了後のスタジオの様子(通称「偽善カット」。1990年12月までは後枠の『表記の時間など誤差あり。

やはり、視聴率だったのでしょうか。 もともと、「笑っていいとも!」の視聴率は2013年までは.

生放送のため、テレフォンショッキングや番組後半の日替わりコーナー2本目が長引いた場合、日替わりコーナー3本目を休止または短縮してそのままエンディングになることがある。通常、当日に番組開始初期から続いたトークコーナーのテレフォンショッキングは、毎回ゲストを当番組に招いてタモリとトークをするコーナーで、エンディングでは、週替わりの様々なゲームに各曜日レギュラー陣が挑戦し、曜日チーム同士の対抗戦で成績を争う1991年1月から、番組生放送終了後の約30分間は、タモリを始めとするレギュラー陣がファンサービスも兼ねてスタジオ舞台上でトークを繰り広げた。その模様の一部は『笑っていいとも!増刊号』で「放送終了後のお楽しみ」として放送されていた日替わりゲストとしてテレフォンショッキングのゲスト1組(以下テレフォンゲスト)、各曜日日替わりコーナーゲストが宣伝や番宣を兼ねて1組から2組1998年10月より本番組開始前(11:57:15 - 11:57:30)に一部地域を除いて、クロスプログラム(番組宣伝)を生放送していた。 長年多くの視聴者に愛されてきた『笑っていいとも!』が放送終了し、その後に放送開始されたのがたバラエティ番組『バイキング』。 何かとクレームの多いこの番組は、一時期は視聴率低迷で、打ち切りの噂も流れるほどでした。 1.調査事項 『笑っていいとも!』が終了し、『バイキング』が始まってから7年目を迎えた。番組の善し悪しは単純に視聴率のみではかれない部分があり、例えばスポンサーとしては視聴者層も気になると … エンディング

エンディング