自己肯定感 低い 子供

自己肯定感を高める子育ての方法とは?言葉がけや参考になる本. 最近よく聞く「自己肯定感」。低い子の特徴を調べると「えっ?親の自分にも当てはまる?」と思う人、いませんか?ここでは自己肯定感が低い子どもへの接し方をお伝えすると共に、親御さんの自己肯定感を高める方法もご紹介!実はこれ、メリットがたくさんあるのです。 という感じです。他にも、自己肯定感を低くする接し方を、いくつかご紹介します。邪魔な時は「ごめん、通らせて~」などと穏やかに言いましょう。子どもの自己肯定感を高めるためには、ありのままの子どもを受け入れ愛してあげること。「〇〇できないとママの子じゃない!」などの条件付きの愛情は、「ありのままを愛する」ことからかけ離れてしまいますよね。また、親御さん自身がなど、ネガティブな言葉が口癖になっていませんか?お子さんのことでも自分自身のことでも、です。先にも述べましたが、一緒にいる時間が長い人の口癖は、脳に強く刻み込まれます。同じような言葉を発しやすくなるので、子どもの自己肯定感は高まりにくくなるのです。「私の自己肯定感が低いってことでしょ?だから無理!」と諦めないでください。大人でも、自己肯定感を高めていくことはできます。自己肯定感は、今までかかわってきた人や体験も関係してきます。低すぎると精神を病む人もいますし、自己啓発セミナーやカウンセリングで高めていく、という人もいます。自己肯定感が高まると、子育ても人生全般も、今までよりラクで楽しくなります。筆者が体験済みです!すべてを書くことはできませんので、概要をお伝えしていきます。興味を持たれた方は、ぜひ自己肯定感について詳しく調べてみてください。まず、ありのままの今の自分に気づき、認める「作業」をしていきます。いくつでも書き出してください。筆者もこの3つの作業を試みました。作業①で「えっ?本当にそうなの?」と疑問がわいたり、作業②と③で将来は自分が変われるような期待感が持てたりしました。自己肯定感の低い人は、物事の「悪い面」や「嫌だったこと」ばかりを考えがち。反対に自己肯定感の高い人は、自然と物事の「よい面」や「自分にしてくれたこと」を受け取ることができます。他にも、自分は恵まれていると感じたこと、褒められたこと…。何でもOKなので「よいこと」を書き出します。大きなつらいことを経験し、心の傷が癒えていない人も多いかもしれません。その経験の中にでも、「ありがたいこと」をみつける。よかった点があれば、そこに目を向ける。信頼できる精神科医に教えていただいたことの一つです。つらい経験をきっかけにNPO法人を設立し、精力的に取り組んでいる方々もいらっしゃいます。ここまで大きなことをしなくても、日常生活で生かせる場面があるかもしれませんね。前述に付随する内容なのですが、自分の短所を見直してみます。思い浮かばない項目は、人に聞いたりネット検索したりしてみましょう。意外なことに気づく可能性がありますよ。精神科医の水島広子先生は、「自己肯定感を高めるために最も有効なのは、他人をリスペクトすること」と言います。筆者は感銘を受けました。リスペクトは「尊敬」と訳されることが多いですね。しかしここで言うリスペクトとは、「仕事ができる上司を尊敬する」「素晴らしい先生を尊敬する」など、優れた業績や人格を持つ人に抱くものとは違います。他人をリスペクトする例を、3つ挙げます。悪口ばかり言う人は、基本的に満たされていません。家事をしても文句ばかり言われているのかもしれないし、実はご主人が浮気しているのかもしれない。もっと言えば、過去の心の傷が癒えていないのかもしれないし、自己肯定感が低すぎて他人をけなすことでしか自分を保てないのかもしれません。イラっとさせられる人も多いかもしれませんが、とにかく疲れているのでしょう。普段の仕事が自分に合わず、かなり無理をしているのかもしれません。もしくは年齢と共に体力が落ちたのかもしれないし、普段能力以上のことを求められることが多いのかもしれない。うつ病の手前ということも、ないとは言えません。他人への暴力やストーカー行為などが挙げられるでしょうか。これらは適切な所に訴えた方がよい場合もありますし、被害経験で心の傷が癒えない人もいるでしょう。決して肯定はできないですし、受け入れる必要もありません。ただ、そういう行為をする人も、つらい生き方をしてきたり、どうしてもやめられず悩み苦しんだりしているかもしれません。程度や状況にもよるでしょうが、「深い事情があって異常な行動をしてしまうのかもしれない」と思うことで、受けるストレスが軽くなる場合もあります。以上①~③までリスペクトの例を挙げましたが、「どんな人間にも事情がある」と考えることで、「どんな人間も自分なりに頑張っている」という思考になります。自己肯定感の低い人は、「生きづらさ」を感じやすいです。それでも今生きている自分自身に、「大変だけど頑張っているよね」と声をかけてあげてほしいと思います。「言霊(ことだま)」って聞いたことがありますか?言葉には力が宿っていて、発した言葉どおりになる、という意味。実はこれ、脳科学的にも当てはまることなのです。あまりにも違和感や抵抗感がある人はやめた方がよいそうですが、筆者は効果を感じています。最初は本当にそう思えなくても、続けるうちに思考が自然と前向きになってくるのが不思議でした。筆者は、「運気を上げる方法」や「成功者の習慣」も同時に調べ、生活に取り入れています。部屋に小さな観葉植物を置いたり、自分に悪影響を与える友人知人とは最低限のつき合いにしたり…。とにかく「実践」しています。多少の自己肯定感の低さは、念入りな準備や人一倍の努力、謙虚さにつながることもあると思います。物心ついた時から自己肯定感が高い人は、低い人の気持ちがわかりにくいとも言えるでしょう。筆者も自己肯定感が低い方でしたが、とあるつらい経験のおかげで「このままではいけない」と思いました。子どもにも悪影響でしたし…。少し時間はかかりましたが、おそらく自己肯定感は高まり、今は生活全般が楽しい!以前より「ラク」にも感じられています。Copyright © 「自己肯定感」 これって、本当に一生のテーマだなぁと思います。 私の感じた見解ですと、幼少期の子供は自己肯定感が高い、思春期に下がって、まただんだんとあがってゆきます。 とくにお母さんってみーんな「自己肯定感が下がる時期」です 自己有用感とはどんな感情で、自尊感情(自己肯定感)との違いについて知ることが、子供の自信を高め、社会性を見つけることにつながります:自己有用感を高めるための方法や、低いとどうなるのか等、ここでは分かりやすく自己有用感について解説しています。 あなたは、自己肯定感という言葉を耳にしたことはありませんか? この記事では、自己肯定感の意味から、自己肯定感が高い人と低い人のちがいなどについて、詳しく解説します。また、自己肯定感を高めるうえで、やってはいけいないこともご紹介します。