菅原道真 子孫 宮司

天満大神(菅原道真公(スガワラミチザネ)) 天善日命(菅原家の祖神)相殿に祀る. ↓↓↓↓↓ ※入り口入ってすぐ左に曲がった、ここです☆↑↑↑↑↑            やっぱり嬉しくて…(照)」   (菅原道真公ことミッチ―)「久しぶりですしね」   (塩推神こと塩ジイ)「じゃの」   (因幡の白兎こと因幡)「やんす」      あ「  いつもお伝えしているように、 神さまという概念は、 人によって千差万別。   しかしそれでも、 数千年という『神道』という、 積み重ねてきた歴史があるのも、 事実なわけです。        一同「誰かさんが、もっとしっかりしてたら、 人に頼まなくてもええのにな…(ボソッ)」                  あ「とにもかくにも新コーナー!     12月21日(金)の、 『開運先取り☆大感謝祭』の、 一部のトークセッションにも、 大トリでご登場頂けて…」      ス「 『天満宮』ってことは…?」 ※このブログに登場する神さまは、荒川祐二というフィルターを通して映し出されている神様です。笑      あ「(笑)。 え~しかもですね、  南坊城さんは何と、 ミッチ―の末裔であるということでも、 知られておりまして…。   海のように心は広く、 白無垢のように美しい、  一同「 今までお前は何を学んできてん」      あ「(笑)。 ちなみに南坊城さんのご先祖様、 祖先神について、 もう少し詳しくお答え頂けますでしょうか?」      道「 『学問の神、神、神』である!!         あ「(笑)」      道「え~まずですね、 祖先神というのは、   日本では古来先祖を、 『ご先祖様』、『仏様』と言い、  一般家庭で位牌を仏壇の中央に祀ったり、 お盆や彼岸に、 これらの霊をまつる行事がありますよね」 生きている者の生活に影響を与えている、 あるいは与えることができる、  という信仰から来ております」      あ「ほうほう」      道「ただこの『祖先崇拝』に関しては、 先程もお伝えしている通り、   具体的に言うならば、 日本では死者が出ると、 初七日・四十九日法要を行い供養し、  さらに1年後に一周忌、 2年後に三回忌、 七回忌と法要を行い、  その後、三十三回忌を迎えると、 「弔い上げ」といって、 生木の葉がついた塔婆を建てたり、 位牌を家から寺に納めたり、 川に流したりなどして、 このような法要を打ち切ります」      道「そしてこの「弔い上げ」を終えると、 死者の供養は仏教的要素を離れ、      これが先祖の霊を、 『仏様』、『神様』、『ご先祖様』と呼ぶことになった、 その理由ですね」       あ「(…相変わらず騒がしいけど、 やっぱりすごいな。笑) いやはや、ミッチ―。 本当にありがとうございますm(_ _)m              あ「あ、実は…。 南坊城さんは、 ミッチ―の末裔と言えば、 末裔なのですが…」      因幡「…?」       知識の深さが何とも言えず、 格好良いですね」             ↓↓↓↓↓※頂いた質問は採用できるとは限りませんm(_ _)m↑↑↑↑↑   ↓↓↓↓↓ 菅原道真 スガワラノミチザネ. ご縁起. 福岡県立修猷館高等学校を経て、1977年(昭和52年)に慶應義塾大学文学部社会学科を卒業し、翌年國學院大學神道学専攻科を卒業する。. 菅原道真公をお祀りする当社は下町の天神さまとして広く知れわたり、多くの方々に親しまれております。 先日、福岡に行く機会があって、時間があったので太宰府天満宮へふら〜っと行ってきました。 今回は、太宰府天満宮を楽しむために知っておきたい歴史と見どころについてのお話をしようと思います。 太宰府天満宮は菅原道真を祀る神社 ある本によると、『14人とも23人とも言われている』とありました。いったい、何人でしょうか?どなたかご存知の方いらっしゃいますか?お願いします下記リンク先の家系図によると12人になっていますね。土師連(はじのむらじ)大保度よ ⛩【宮司さんに聞いてみよう!】菅原道真公の末裔 | 荒川祐二オフィシャルブログ 「ていうか、神さまってなに? ... (菅原道真公ことミッチ―)「久しぶりですしね」 ... 因幡「先祖神と子孫のコラボでやん … 天満大神(菅原道真公(スガワラミチザネ)) 天善日命(菅原家の祖神)相殿に祀る. 菅原道真の嫡流・高辻家の分家で、太宰府天満宮の宮司を世襲する西高辻家の4代目当主。. 経歴. ↓↓↓↓↓ ※入り口入ってすぐ左に曲がった、ここです☆↑↑↑↑↑            やっぱり嬉しくて…(照)」   (菅原道真公ことミッチ―)「久しぶりですしね」   (塩推神こと塩ジイ)「じゃの」   (因幡の白兎こと因幡)「やんす」      あ「  いつもお伝えしているように、 神さまという概念は、 人によって千差万別。   しかしそれでも、 数千年という『神道』という、 積み重ねてきた歴史があるのも、 事実なわけです。        一同「誰かさんが、もっとしっかりしてたら、 人に頼まなくてもええのにな…(ボソッ)」                  あ「とにもかくにも新コーナー!     12月21日(金)の、 『開運先取り☆大感謝祭』の、 一部のトークセッションにも、 大トリでご登場頂けて…」      ス「 『天満宮』ってことは…?」 ※このブログに登場する神さまは、荒川祐二というフィルターを通して映し出されている神様です。笑      あ「(笑)。 え~しかもですね、  南坊城さんは何と、 ミッチ―の末裔であるということでも、 知られておりまして…。   海のように心は広く、 白無垢のように美しい、  一同「 今までお前は何を学んできてん」      あ「(笑)。 ちなみに南坊城さんのご先祖様、 祖先神について、 もう少し詳しくお答え頂けますでしょうか?」      道「 『学問の神、神、神』である!!         あ「(笑)」      道「え~まずですね、 祖先神というのは、   日本では古来先祖を、 『ご先祖様』、『仏様』と言い、  一般家庭で位牌を仏壇の中央に祀ったり、 お盆や彼岸に、 これらの霊をまつる行事がありますよね」 生きている者の生活に影響を与えている、 あるいは与えることができる、  という信仰から来ております」      あ「ほうほう」      道「ただこの『祖先崇拝』に関しては、 先程もお伝えしている通り、   具体的に言うならば、 日本では死者が出ると、 初七日・四十九日法要を行い供養し、  さらに1年後に一周忌、 2年後に三回忌、 七回忌と法要を行い、  その後、三十三回忌を迎えると、 「弔い上げ」といって、 生木の葉がついた塔婆を建てたり、 位牌を家から寺に納めたり、 川に流したりなどして、 このような法要を打ち切ります」      道「そしてこの「弔い上げ」を終えると、 死者の供養は仏教的要素を離れ、      これが先祖の霊を、 『仏様』、『神様』、『ご先祖様』と呼ぶことになった、 その理由ですね」       あ「(…相変わらず騒がしいけど、 やっぱりすごいな。笑) いやはや、ミッチ―。 本当にありがとうございますm(_ _)m              あ「あ、実は…。 南坊城さんは、 ミッチ―の末裔と言えば、 末裔なのですが…」      因幡「…?」       知識の深さが何とも言えず、 格好良いですね」             ↓↓↓↓↓※頂いた質問は採用できるとは限りませんm(_ _)m↑↑↑↑↑   ↓↓↓↓↓ 現在の宮司は西高辻信良氏(第三九代、63歳)で、菅原道真の直系の子孫である。 その西高辻氏について、ある宮司がこんな話を明かした。 「太宰府天満宮は全国津々浦々にある天満宮の総 …