藤原 幸一 えふわら
~藤原幸一 フォトジャーナリズムの世界~ 地球上で起こっている出来事を写真や文章で伝えつづけていきます。 藤原幸一・オフィシャルサイト Revised 2020.07. 4 No.

誰がいるの? 研究室のメンバーを紹介します. 現在のスタッフは,教員2名と事務補佐員2名です.加納教授は主に製造プロセスを対象としたデータ解析に関連する研究,藤原助教は主に医療やヘルスケア分野の研究に取り組んでいます.研究指導・教育には協力して取り組んでいます. Doctor)てんかん発作予知システムについて(日経メディカル)てんかん発作予知システムに係るAMED班会議について(京都新聞・共同通信など)てんかん発作予知システムのついて(日経産業新聞)熱中症アラーム開発の取り組みについて(琉球新報)鵬学園高等学校(石川県七尾市)での講演について(北國新聞)テックプランター熊本でのプレゼンについて(NHK熊本放送局)AMED先端計測プログラム採択について(AMEDプレスリリース)公益法人新技術開発財団市村賞について(日経新聞朝刊)てんかん発作予知について(京都新聞企画「車社会のきしむ音」連載第5回)京都新聞企画「ソフィアがやってきた」(京都新聞・日曜面)てんかん発作予知システムについて(読売新聞朝刊・社会面)ニッポンのジレンマ出演(NHK・Eテレ)てんかん発作予知システムについて(朝日放送・キャスト)眠気検知システムについて(テレビ東京・モーニングチャージ)てんかん発作予知システムについて(京都新聞)眠気検知システムについて(毎日放送・ちちんぷいぷい)眠気検知システムの実証実験開始について(NTTドコモ・プレスリリース)眠気検知システムの実証実験開始について(産経新聞)てんかん発作兆候検知システムについて(日経産業新聞)京都大学外国向け研究紹介冊子 Kyoto University Research Activities Vol. 「太陽系図」がリリースされました。「新太陽系図2007」の後継版として企画されたもので、美術家の小阪淳さん、片桐暁さんをはじめとする宇宙図制作メンバーが関わっています。入手方法等については科学技術広報財団より近日案内がある予定です。>わかりやいすい! RT 当初、自分の博士論文のテーマが「科学の低関心層に向けた科学コミュニケーション」だったのですが、数年かかって「それは無理」とわかった。今回の事件がとどめ。タイトルと結論変えるだけで対応できるのが救い。通常、古代史は縮小されるのに、この年表ではそれがない。確かに、じっくり見入ってしまいます。“天体望遠鏡で木星をみた。しま模様はみえなかったけど、4つの衛星はみえました。 【ごはんシリーズ】『菜華』(荻窪)の3点盛り。このメンマは、メンマが嫌いなわたしが生まれてはじめて「うまい!うまい!!」と言ってたべたメンマ。さくさくの歯ごたえ。 ロンググッドバイ(NHK)の猫は卵を抱く茶色ネコだった(´・_・`)キトラ古墳展の戦利品。四神と星図のTシャツ。 土星の輪が見易い角度になってきた。ただし今夜は気流が悪い(´・_・`)「ヒトラーとスターリンのはざまで、ウクライナ王になることを夢見、ハプスブルク帝国の再興を夢見た、「赤い大公」ヴィルヘルム・フォン・ハプスブルクの政治的な夢と挫折とが綯い交ぜになった53年の生涯」おはようございます。今日午前は町内会のお仕事。近隣との関係は大事です(´・_・`)ブルゴーニュの修道院でゾディアック叢書の編集を50年近く続けていたアンジェリコ修道士にお話をうかがいました。御年、90歳!実際に声を聞く、お会いするということがどんなに大事なことか身に沁みた一日でした。詳細は11月に新雑誌、戸田山さんの『哲学入門』の感想めいたことを2回にわけてブログに書きました。これはある意味興味深い。始発の関係でどうやっても出社できない5:00とかからは働けないからね。赤いラピートかっこいい!色が変わっただけなのにイメージ変わるなぁ。これは写しにいかないと乗らないと!本日は13時~「東京アートアンティーク2014」関連イベントで、加島美術で「今こそ見たい、橋本雅邦」、15時~「ニコニコ超会議3」で「ヤバ研」チームによるトークイベント「阿修羅骨格を巡るガクジュツ的考察」東京新聞4/26朝再読:淳さんのおおぞら人生、俺流 (~_~;)ジョブズと『2001年宇宙の旅』をつなぐマクルーハン理論(前編): 今回は、現代のジニアス、スティーブ・ジョブズ、映画界の鬼才スタンリー・キューブリック、そしてメディア論の父マーシャル・マクルーハンの3人のメディア論的な... 大学院で研究したなあ。懐かしい→マクルーハンと「メディア論」をソーシャル時代に改めて考えてみる 東京大学駒場博物館特別展「《終わりなきパリ》、そしてポエジー」関連シンポジウム「ジャコメッティのパリをめぐって」松浦寿夫・進藤久乃・小林康夫・桑田光平(司会)|2014年5月13日(火)|東京大学駒場キャンパス18号館ホール 中国のキリスト教徒は人口の約5%。アメリカは79%だが、このままだと近い将来、信者数がアメリカを抜いて世界最大の『キリスト教国家』になるそうだ。中国もプロテスタントが断然多いらしいから、相当に複雑な未来地図。思うだに寒けがしてくるな。明日27日(日)Eテレ23時30分からは「サイエンスZERO 大科学ミステリー 銀河系が寒冷化をまねく!?」の放送です。どうやら地球は1億4千万年ごとに寒冷になっていたらしいことが古代生物の化石によって判ったようです。その原因は我々の銀河系の星々の動きだとか。是非ご覧下さい。田中角栄が中国で歓待されたわけだ。『ルールは政治、政治は数、数は力』だもの。◆H.P.【2010年時点で中国全人口の5%】中国、2030年には「世界最大のキリスト教国」に頭蓋骨位置の微調整 これが幕張に来ております。【本日 ニコ生 4/26 15:00から】ヤバ研プレゼンツ 阿修羅骨格を巡るガクジュツ的考察 その1 藤原幸一、小田隆、林宗将、橋本麻里、八谷和彦、山中俊治、山本慎太郎、吉元英一、平岡敏洋、木野仁、千明裕、貴田達也、玉置泰紀 ここがあの"中野駅北口"とは思えぬ(´・_・`) 本日宵、宇宙ステーションを見るチャンスです。みたか星空散歩『アジアの星物語』ができるまで まだまだ火星が大きく視える。自分の望遠鏡(Vixen ED81sf)でも火星の極冠を確認(^^)実は存在、ビッグバン以前 宇宙誕生の痕跡を初観測  :日本経済新聞

c2008-2010 Nagoya University 16 藤原幸一,竹内考:センサ情報解析装置、携帯情報端末間通信制御装置、方法、及びプログラム. 特許 , 無呼吸識別システム及びコンピュータプログラム , 藤原幸一, 仲山千佳夫, 加納学 , 出願番号( 特願2015-101782 , 2015年05月) , 特許番号( 特許66913343 , 2020年04月) , 京都大学 , 日本国 3 (December 2014)心拍変動解析を用いた研究について(産経新聞)てんかん発作兆候検知システムについて(毎日放送・ちちんぷいぷい)眠気検知システムについて(産経新聞)てんかん発作兆候検知システムについて(NHK・産経新聞・京都新聞・共同通信)International Journal of Environmental Research and Public Health Special Issue Chief EditorFrontiers in ICT Special Issue Chief Editor日本睡眠学会  若手の会幹事APSIPA BioSip  Technical Committee日本学術振興会 第143委員会委員心拍変動解析に基づくCOVID-19重症化予測機械学習アルゴリズムの開発研究COVID-19重症化予測AIの開発てんかん発作オンデマンド介入のための発作予測システムの開発ウェアラブルデバイスによる熱中症発症予防のための熱中症アラームシステムてんかん発作オンデマンド介入のための発作予測システムの開発ニューラルネットワークを用いた生産プロセスのモデル化てんかん発作オンデマンド介入のための発作予測システムの開発非専門医によるてんかん診療質向上のための診療支援AI基盤の創出リアルタイム心拍変動解析技術を用いたヘルスケアサービス開発非専門医のてんかん診療の質改善のためのてんかん診療支援クラウドAIの開発ロバスト主成分分析を用いたてんかん発作予知システムの実用化研究てんかん発作オンデマンド介入のための発作予測システムの開発クラウド型てんかん発作診療支援AIの開発心拍変動解析と機械学習の融合による脳卒中検知システムの基盤技術開発ウェアラブルセンシングと人工知能の融合によるクラウドてんかん発作診療支援システムの開発心拍変動解析と機械学習に基づいた熱中症発症予測アルゴリズム構築PLSと構造正則化に基づいた高精度溶銑温度予測モデルの開発自動車運転中に特化したてんかん発作兆候監視システム開発およびインタフェース設計心拍変動解析によるてんかん発作早期予知デバイスの開発迷走神経刺激療法有効性事前判定のためのてんかん発作軽減効果予測手法の開発心拍変動に基づくてんかん発作兆候検知システムの構築心拍変動解析を用いたてんかん発作予知に関する研究統計的手法を用いたバッチプロセス品質推定手法の開発製品品質改善及び操業安定化のための生産プロセスのモデル化・最適化手法の開発心電図解析によるてんかん発作の検知・予知システム確立のための広帯域頭蓋内脳波解析マルチモダリティ生体信号計測によるてんかん発作自動検出および重症度評価技術の確立AIによる、教育と医療で共有可能なADHDスクリーニング及び治療適正化方法の開発保健医療用人工知能の技術革新と国際競争力向上に資する人材育成に関する研究(奥村班)生理機能に基づくレビー小体型認知症早期診断ウェアラブルデバイスの開発夜間・休日を含む小児救急医療体制の最適化及び情報発信方法に関する研究(清水班)センシング技術を基軸とした健康管理システムの地域特性に基づく分析治療抵抗性高血圧症に対する頭側延髄腹外側野の微小血管減圧術-確実な診断技術の開発てんかん発作発現前の生理的脳内ネットワークの変調に基づいた発作予知理論の実証ウェアラブルHRVセンサを用いたてんかん発作兆候検知システムの開発ネックレス型心拍数ワイヤレス計測デバイスを用いた小型・低コストな車載用居眠り検知システムの基盤技術開発