認知症 種類 4つ

【2019年最新版】認知症の治療(薬物療法と非薬物療法の違い) 認知症の基礎知識を「認知症のいろは」としてわかりやすくまとめています。単なる「もの忘れ」と認知症による「もの忘れ」の違い、認知症のタイプ別にみる原因や症状の違いなどの情報に加え、認知症早期発見セルフチェックシートも掲載しています。

受付時間9:00〜19:00 《相談無料》 認知症の薬も多くの種類があります。ここでは認知症治療薬について詳細をご紹介します。認知症の種類や症状に合った適切な薬を理解して服薬していきましょう。また認知症薬の薬価や副作用についても丁寧に説明します。

〒517-0501



【2020年最新版】認知症まるわかり(症状・種類・予防)
認知症にはいくつかの種類があります。ここでは、認知症の種類別割合とそれぞれの原因や症状についてご紹介します。 目次 1 認知症の種類別割合2 アルツハイマー型認知症(AD)3 脳血管性認知症(VaD)4 レビー小体型認知症(DLB)5 前

【早期発見】認知症の症状(中核症状・周辺症状)と は︖安心して暮らせる老人ホームが ※入居に関する相談用のフリーダイヤルです。求人・入居者への連絡・電話番号等の案内は承っておりません。 認知症は病気や外傷による場合などにより4種類の型に分類できます。その4種類について順番に説明していきます。 広告 ①アルツハイマー型認知症 アルツハイマー型認知症は認知症の中でも一番多く全体の70%以上を占めます(女性の方が多いと言われています)。 〒517-0501三重県志摩市阿児町鵜方2555-1TEL:0599-65-7727施設紹介法人について    メニュー認知症の原因疾患には、主に4つのものがあります。下記では、体の中で起こる変化と、現れる症状についてご説明します。認知症の原因のひとつは、神経変性疾患です。神経変性疾患によって引き起こされる主な認知症は、「アルツハイマー型」「レビー小体型」「前頭側頭型」の3タイプです。神経変性疾患とは、脳や脊髄の中にある特定の神経細胞が破損し、徐々に死滅していくことで起こる病気のことです。スムーズな動きができなくなる神経変性疾患がなぜ発症するのか、そのメカニズムはまだ解明されていませんが、高齢者が発症しやすいため、加齢が原因のひとつだと考えられています。また、残念ながら、現在のところは神経変性疾患を根本から治すことはできません。ただし、認知症のなかで最も多いアルツハイマー型は、脳のなかに「アミロイドβ」と呼ばれる不要なタンパクが溜まり、少しずつ脳細胞が破壊されることで発症します。また、初期の段階では身体機能の衰えはありませんが、次第に大脳の機能が低下することで身体が動きづらくなっていきます。ただし、治療によって進行を抑えることは可能です。脳の広範囲にレビー小体という異常タンパクが蓄積し、神経細胞に影響を与えることで発症する認知症です。また、前頭葉や側頭葉など、感情の抑制や判断力を司る脳細胞が死滅することで発症します。原因はまだ十分に解明されていません。また、症状が進むと毎日同じ時間に同じ行動を繰り返したり、一日中落ち着かなく動き回ったりする一方、場合によっては活動量が低下し、すべてのことに無関心になるような症状が現れることもあります。脳内のプリオン蛋白がなんらかの原因で「異常プリオン蛋白」に変質し、蓄積することで発症します。ただし進行がとても早く、発症から数ヵ月で認知症の症状が現れ、6ヵ月~1年ほどで寝たきり状態になります。さらに1~2年経過後、肺炎などの合併症が原因で死に至るとこともあるとされています。アルコール依存や栄養不良からくるビタミンB1の欠乏によって発症する脳障害です。まれに外傷性脳損傷が原因で発症することもあります。治療しないと死に至る可能性もある病気ですが、日本をはじめとする先進国での死亡例はほとんどありません。脳血管疾患には2種類あり、脳の血管が破れることで起こるものを出血性脳血管疾患、脳の血管が詰まることで起こるものを虚血性脳血管疾患と言います。出血性脳血管疾患の代表的な病気には「脳出血」「くも膜下出血」、虚血性脳血管疾患には「脳梗塞」があり、いずれも脳血管性認知症の主な発症原因になっています。そのことも一因となり、脳血管疾患の原因は、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病です。また、脳梗塞は認知症を発症するリスクがある病気のひとつです。この病気は、老化現象のひとつである動脈硬化が原因で起こることがわかっています。ほかの認知症と同様の症状として、物忘れなどの記憶障害、時間や場所などが認識できなくなる見当識障害、ものごとの計画を立てて行えなくなる実行機能障害などがみられます。また、血管性認知症は「まだら認知症」とも呼ばれ、症状が出たり消えたりするのが特徴です。新たに脳血管疾患を発症すると症状が進行するため、治療では認知機能の改善を促す薬のほか、血液の凝固や血管の拡張を予防する薬が処方されます。また、アルツハイマー型認知症のように徐々に進行するのではなく、脳血管障害(脳出血・脳梗塞)が再発するたびに悪化し、一気に体調が悪くなることもあります。認知症は認知機能の低下によって発症しますが、甲状腺はホルモンをつくる臓器で、首の前、のどぼとけの骨より少し下のあたりにあります。甲状腺で生成される「甲状腺ホルモン」は、新陳代謝を調節するホルモンで、多すぎても少なすぎても体に重大な影響を及ぼします。人間の体には、細菌やウイルスなど体に害となるものを覚え、退治しようとする力があり、この作用を免疫と呼びます。原因はわかっていませんが、体が自分の甲状腺を「敵」とみなして攻撃してしまい、その結果、甲状腺が壊れて正常に機能できなくなって慢性甲状腺炎を発症し、さまざまな症状が出るのです。その症状のひとつが「甲状腺機能低下症」です。甲状腺は新陳代謝を調節するホルモンをつくる臓器です。甲状腺機能低下症を発症すると血液中に甲状腺に対する免疫がつくられ、甲状腺が正常に機能しなくなります。症状には身体のむくみや倦怠感、体重の増加などが代表的なものとして挙げられます。さらに、高齢者になると物忘れなどの認知機能の低下がみられます。また、物忘れがひどく、のどぼとけの下あたりが腫れている場合には、甲状腺機能低下症による認知症状を疑ってください。また、血液中の甲状腺ホルモンの量を測定して低下がみられれば、甲状腺機能低下症と診断されます。服薬によって症状は改善しますが、ホルモンを補充する形になるため、とめると再発する可能性があります。また、一般的にこのような自己免疫疾患は女性に多いのが特徴。慢性甲状腺炎も女性によくみられる疾患です。気になる⽅は半年から1年に1度、甲状腺ホルモンの量を調べる⾎液検査を受けましょう。脳に直接ダメージを加える疾患として、代表的なものに「脳腫瘍」と「正常圧水頭症」があります。どちらも発症すると認知症状がみられますが、ダメージを受ける場所によって現れ方は異なります。脳腫瘍には脳の細胞やその周辺の組織から発生する「原発性脳腫瘍」と、脳以外の部位で発症したガンが血液を通じて脳内に転移する「転移性脳腫瘍」があります。どちらも初期症状は軽い頭痛ですが、治療をせずに放っておくと次第に激痛に変わります。転移するがんは肺がんが半数を占め、乳がんが10%程度とされています。さらに原発性脳腫瘍が発症する原因はまだ判明していません。治療は外科手術や放射線治療、薬物療法などを組み合わせて行い、脳腫瘍がなくなれば、認知症状も自然と収まります。髄膜炎やくも膜下出血に伴って起こる「続発性」と、原因不明の「特発性」の2つに分けられますが、高齢者に多くみられるのは特発性正常圧水頭症です。正常圧水頭症になると、まずみられるのがそのため、この時点で正常圧水頭症だと診断されることが多いようです。認知症の症状も現れますが、物忘れなどの記憶障害よりも判断力や意欲の低下が目立ちます。治療は、頭の中に溜まっている脳脊髄液を体のほかの場所に流れるようにする「シャント術」が行われます。生活習慣病と言えば高血圧や糖尿病、肥満などが真っ先に思い浮かびますが、認知症の発症にも深く関わっていることが近年の研究で明らかになりました。特にアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の発症は、生活習慣が大きく影響しているのです。そのため、認知症予防は生活習慣の見直しから始めることが重要で、進行を抑えることを目指す場合にも生活習慣病の早期治療が必要になります。生活習慣病のなかでも認知症の発症と深く関わっているのが糖尿病です。糖尿病によって「インスリン」の分泌が抑えられ、血糖値が高い状態が続くことで脳神経や脳血管に異常が生じます。さらに、アルツハイマー型の原因になる「アミロイドβ」と「インスリン」の関係も指摘されています。脂質異常症になると血液中のコレステロールや中性脂肪が増加して動脈硬化のリスクが高まり、脳血管性認知症の原因となる脳出血や脳梗塞が発症しやすくなります。また、生活習慣病ではなく、怪我が原因で認知症を発症するケースもあります。頭部に強い衝撃を受けて脳に損傷が起こることで発症する脳挫傷は、脳内出血を併発して認知症を引き起こす原因にもなるのです。米国のフロリダアトランティック大学の研究では、生活習慣を改善し、バランスの良い生活を送ることでアルツハイマー病の約30%は予防できるという結果がでています。なかでも大切なのは、食生活の改善と適度な運動です。乱れた食生活は脳梗塞や高血圧などの生活習慣病の原因になり、認知症の発症リスクを高めます。ただし、高齢者の場合は無理に運動をするのは良くありません。自分のペースで行い、継続できるようにしましょう。あわせて読みたい 最終更新日:2018年11月12日。認知症と言っても、原因によって種類や症状は様々です。この記事では、認知症の種類別の原因・症状から、中核症状・周辺症状の症例別対処法をまとめました。家族や自分自身で、「認知症」について少しでも心当たりのある方は、ご参考にしてください。

みんなの介護入居相談センター

認知症に種類は4つある? 認知症全体の約9割を、大きく分けて次の4種類に分類することができ、これらは 「4大認知症」 と呼ばれています。では、4大認知症とはどんな病気があるのでしょうか? アルツハイマー型認知症 この認知症の種類は多岐に渡り『4大認知症』と呼ばれるメジャーなものから治る認知症と呼ばれるものまで、幅広く存在します。 今回の勉強会では「4大認知症」「中核症状と行動・心理症状(bpsd)」について勉強しましたが、 認知症の原因となる病気のうち、特に重要な4種類の病気である「神経変性疾患」「脳血管疾患」「内分泌・代謝疾患」「腫瘍性疾患」について詳細を紹介。それぞれの特徴や認知症を発症させるメカニズムのほか、予防方法にも触れています。