輸出 韓国 規制

「韓国に対する半導体材料の輸出規制」の問題が注目を浴びている。「事実上の禁輸」「輸出規制を発動」といった文言がメディアに踊っているが、本当にそうか。かつて、経済産業省で貿易管理の責任者をしていた細川昌彦氏が解説する。 韓国の輸入規制措置の概要(2017年6月23日現在)(pdf:145kb) 韓国による日本産水産物の輸入規制強化について (水産庁hp) 2.証明書等の申請手続について (1)要綱. 化によって半導体材料の国産化を余儀なくされた韓国が、輸出制限の対象だった高純度フッ化水素の国産化に成功し、量産化を開始したと伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF) 公式SNS電話:03-3502-8111(代表)法人番号:5000012080001Copyright : Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries 輸出証明書発給システムにより申請してください。

原発関連証明書の発行に関する手続 (2)申請方法. キャンペーンタグ なぜ、相手が韓国になると日本の報道は歪んでしまうのだろう。もっと冷静に事実を報道して欲しいものだ。 今回の「韓国に対する輸出規制」に関しては、メディアは『半導体材料を“事実上の禁輸”』『対韓輸出規制を発動』などと、勇ましく報道している。それと同時に、記事では、『自由貿易を掲げてきた日本へ各国から批判が集まる懸念もある』『各国に恣意的なルール変更ともとられかねない』といった指摘もしている。 果たしてそうだろうか。 私は以前、経済産業省で貿易管理の責任者だった。その経験を踏まえれば、こうした誤解に基づく報道には首をかしげてしまう。こう指摘すると、経産省の代弁、もしくは擁護ととられるかもしれないが、それを恐れずに、正確な理解の一助になることを願ってあえてコメントしたい。 まずそもそもこれは、韓国に対して新たに「輸出規制を発動」するものではない。韓国向けの輸出について、2004年から特別に優遇して簡略化していた手続きを、2003年までの普通の手続きに戻すものだ。簡略化した手続きとは、3年間有効な「包括許可」を得れば、いつでも輸出できるというものだ。本来は、輸出の契約ごとに「個別許可」が必要だ。私が担当していた2003年当時は、韓国への輸出は個別許可が必要であった。まさにこの時の手続きに戻すのが今回の措置だと言ってよい。 また、輸出に際して「個別許可」が必要なのは、輸出管理の世界では国際的な原則で、特別に信頼できる相手国についてのみ、「包括許可」による手続きの簡略化が認められている。この対象国を、日本の制度では「ホワイト国」と呼んでいる。2004年にこの「ホワイト国」に韓国が追加されたのだ。 なお、この個別許可について、一部の報道では「出荷ごと」に許可が必要となり、日々、工場から韓国に製品を出荷しているようなビジネスが停滞してしまうというような報道によって、輸出企業の現場は混乱しているようだ。これは誤解で、個別許可は”契約ごと”に必要で、一契約で何回にも出荷を分ける通常のビジネスは当然、一度個別許可を得ていれば出荷ごとに許可を得る必要ない。Powered by 参考になった参考にならなかった経済産業省(旧通商産業省)で日米の通商交渉などを長らく担当してきた細川昌彦氏(中部大学特任教授、元・経済産業省貿易管理部長)…ビジネストレンド [PR]Facebook Japan今後日本企業に求められる組織文化とはPhotosynth4000社が導入済み 遠隔ワークの新常識アサヒビール岸氏が分析!アサヒ ザ・リッチが快進撃を続ける理由全国農業協同組合中央会育て、経営者 自治体力を入れる農業法人育成FUNDBOOK躍進のFUNDBOOK、そのM&A仲介モデルとは?ワイ・ディ・シー成長を加速させる物流システム「LogiWorks」三井ホームクロスオーバーデザインによる住まいづくりFacebook Japan組織カルチャーDX宣言キリンビール「キリン グリーンズフリー」大ヒットの秘密に注目Facebook Japan岸博幸氏と語るデジタル・プラットフォーマー規制最新号2020年7月20日・27日号フェルディナント・ヤマグチの走りながら考えるグルメサイトという幻もうやめる?ノルマ~アフターコロナの目標設定~押井守の「映画で学ぶ現代史」世界展望~プロの目Booksフェルディナント・ヤマグチの走りながら考える奥平力の新・列島改造論データから“真実”を読み解くスキルもう一度読みたいフェルディナント・ヤマグチの走りながら考える小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明Viewsデータから“真実”を読み解くスキル年収2割減時代 コロナで消えた「令和の所得増計画」Viewsもう一度読みたいさまよう工場 米中分断時代を生きるBooks河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学フェルディナント・ヤマグチの走りながら考えるデータから“真実”を読み解くスキルViews河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学Books小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明コロナ後の中国Views世界展望~プロの目Booksグルメサイトという幻もうやめる?ノルマ~アフターコロナの目標設定~世界展望~プロの目奥平力の新・列島改造論日経トップリーダー年収2割減時代 コロナで消えた「令和の所得増計画」さまよう工場 米中分断時代を生きる藤中潤の「あなたに代わって調べます」「ぽっちゃり企業」が危機に強かった池松由香のニューヨーク発直行便コロナ後の中国Views世界展望~プロの目池松由香のニューヨーク発直行便外食ウオーズ日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.各業界に精通した※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)有料会員限定記事各業界に精通した※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。