野球 サッカー 競技人口

番組内で、「子供に人気なのは野球とサッカーどっちか」を競うコーナーがあった。 そこで実際に高校生までの競技人口のデータが出されたのだが、それによると野球は「66万6844人」、サッカーは「72万8539人」だった。 新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。サッカーのJリーグが先週土曜日(2月25日)に開幕しました(J1)。早くサッカーが見たいとワクワクして、この日を待っていたサポーターも多いと思います。初戦の結果はどうあれ、最終節の12月2日まで、選手の素晴らしいプレーを今年も数多く見たいものです。そこで、今日はサッカーに関する統計をご紹介したいと思います。具体的には、サッカーの競技人口などについて、お知らせいたします。※日本生産性本部「レジャー白書201  まずは、サッカーを楽しむ人の数をみていきましょう。そのため、日本生産性本部「「レジャー白書」によると、1年間に1回以上、当該スポーツをおこなった全国の人口を表す「参加人口」は、下の表の通りとなります。このうち、サッカーの参加人口は2016年で480万人とスポーツ部門の第14位となっています。  なお、この表にはありませんが、フットサルの参加人口が2016年で150万人となっています。サッカーとフットサルを両方される人もいらっしゃるとは思いますが、参考のためにサッカーとフットサルの参加人口を合わせると、630万人に達します。第10位のゴルフ(練習場)並みの規模となります。 続いて、サッカーの参加人口の推移を確認してみます。この10年間でみると、緩やかな減少傾向をたどっています。同じ球技であるバレーボールやバスケットボールとほぼ同じ傾向で推移しています。人口の減少などが影響しているのかもしれません。ただし、近年では下げ止まりの兆しもうかがえます。  さらに、サッカーを1年間に1回以上おこなった人(回答者)の割合を示した参加率について、2016年時点で性・年代別に明らかにしたのが下の図です。  図をみると、男性10代の参加率が極めて高くなっています。男性10代に限ると、スポーツ部門では「ジョギング、マラソン」に次いで第2位の参加率となっています。ただし、残念ながらその後、年代が上がるにつれて参加率は下がっていきます。個人で気軽にできるスポーツに比べて、団体スポーツであり、かつ体力的に激しいスポーツであるため、やむを得ない面があるのかもしれません。 以上で確認した参加人口は余暇活動の側面もあることから、続いて競技として参加している人口をみていきたいと思います。  図をみると、サッカー選手登録数、いわば競技人口は緩やかな増加傾向にありましたが、2014年をピークにやや減少し始めています。なお、2016年度で93万7,893人となっており、参考までに先程の参加人口480万人と比べると、参加人口のうちの約20%が競技人口に当たるとの計算になります。また、サッカー選手登録者数の内訳をみると、12歳未満の選手である「第4種」が最も多く、約29万人と全体の約3割を占めています。続いて、15歳未満の選手である「第3種」が約26万人となっています。以下、18歳未満の選手である「第2種」が約18万人、年齢制限のない「第1種」が約15万人、40歳以上の「シニア」が約3万人、「女子」が約2万8,000人となっています。一方、長期的な推移をみると、概ね12歳未満の選手である「第4種」、15歳未満の選手である「第3種」、18歳未満の選手である「第2種」、さらには40歳以上の「シニア」や「女子」が増加する一方、年齢制限のない「第1種」が減少しています。全体的には、小学校でサッカーを本格的に始め、その後、中学校から高校へと裾野が広がっている様子がうかがわれます。 2016年度のサッカー選手登録者数を都道府県別にみると、下の表になります。  表をみると、東京都が最も多く、以下、埼玉県、神奈川県、千葉県と続いています。なお、私たちが住む新潟県のサッカー選手登録者数は第22位。人口に比べて、登録者数は少なくなっています。  【追記(2017年5月23日)】の投稿に伴い、中学校と高校での競技別生徒数について、年度別推移を調べてみたので、念のため、下記のとおり、お知らせいたします(男子のみ)。詳細は上記投稿をご確認下さい。   サッカーについては、参加人口のうちの約2割が競技人口に当たるとの計算となりました。競技力の向上といった点では、競技人口を増やしていくことがもちろん大切になると思われます。また、下の図の通り、J1リーグの入場者数は3年連続で増加しているものの、Jリーグ全体の入場者数をより一層増やすといった観点では、サッカーに親しむ人、すなわち参加人口を増やしていくことも重要となるでしょう。つまり、競技人口も参加人口も双方とも増やしていくことが不可欠なのだと思われます。  なお、長期的にみると、小学生のサッカー競技人口が増加傾向をたどっている背景には、サッカー関係者の組織的な工夫や努力が感じられます。また、その工夫や努力がしっかりと実を結んでいることが今回のデータを見ることで確認できました。ただし、少子化の影響もあるのか、12歳未満の選手である「第4種」のサッカー選手登録者数が過去最高だった2013年度をピークに、3年連続で減少している点が少し気になります。再び増加することに期待したいところです。 =====¹公益財団法人 日本生産性本部「レジャー白書」の統計データを活用させていただきました。この場を借りて感謝申し上げます。²公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の統計データを活用させていただきました。この場を借りて感謝申し上げます。=====【追記(2017年10月17日)】日本生産性本部「レジャー白書201 新潟経済社会リサーチセンター研究部長。主な担当は、観光地の活性化支援です。料理メニューの開発、着地型旅行商品の企画、さらに旅館の方々のウェブサイト、チラシ、POP広告の作成などもお手伝いしております。当然ながら、温泉に入るのは大好きです♫ SHAREあなたは野球とサッカー、どちらが好きですか。ここではアンケートのランキングをもとに、野球とサッカー、それぞれの魅力をまとめました。子どもにさせたいのは?女子に人気なのは?儲かるのは?比較してみるとそれぞれの良さが際立って面白いですね。mokuji 野球   55人 その他には、観戦するなら野球が好きで自分がするならサッカーが一人、観戦するのはサッカーが好きで自分がするのは野球が一人でした。サッカーと野球の二大スポーツでは、観戦する立場ではサッカーの方に分があります。サッカーは体が接触するコンタクトスポーツなのが、一番の理由です。スタンド、テレビの両観戦でも迫力が伝わってきます。野球の場合、投手戦になれば、非常にスケールの小ささを感じてしまいます。ベースボールという競技の性格で、状況がパターン化されているのもあきてしまいます。サッカーは試合時間がほぼ決まっているのも魅力で、その後の計画もしやすいです。野球が好きな理由は試合の途中で相手のチームの選手と駆け引きをして、プレイする面白さがあるからです。サッカーは走りこまなければ大量の点数が繋がらない事が多くて、点差が離れている時に後半で時間が経つほど逆転の可能性は低くなります。野球は9回になってからでもある程度点差が離れていても、逆転の可能性がある事が醍醐味です。野球は走り続けなくて良いので、頭で考えながら相手を攻め込んだり、守っている位置で責任感を感じる事も面白いです。 これまでプロスポーツと言えば野球が花形だったところを、Jリーグが始まったことによって「こんな迫力のあるスポーツがあるんだ」と驚いた時の事を思い出しました。スピード感が新鮮でした。2012年時点の調査においては、野球が約730万人、サッカーが約750万人ということで、日本国内での結果はサッカーの方がやや上回る数字となっています。2つの比較では、サッカーが野球を上回る結果が出ましたが、スポーツ全体では、どれぐらいの順位になるのでしょう。そこで日本でのスポーツの競技人口の順位をまとめると第1位 ウォーキング・・約2,000万人2大スポーツと言われながら、全体順位では意外にも高い方ではないのです。しかし団体競技の人口順位では、サッカーと野球で上位2つを占めています。世界的な競技人口を見ていくと、サッカー約2億5000万、野球約3500万人。国内に限定した際は微妙な差でしたが、世界的には大きな差が見られます。野球では、日本において「野球離れ」が叫ばれていますが、野球の本国アメリカでも野球離れは存在し、競技人口の減少も見られるようになったと言われています。野球の競技人口は日本とアメリカで大半を占めていると言われ、その2カ国で野球離れが進めば、競技人口への影響も大きくなっていきます。 小さい頃はテレビ局も野球中継を毎日のように放送し、延長になれば他の番組よりも優先していたものですが、今はそれもなくなりましたね。サッカー選手の方がおしゃれだと子供が憧れやすいというのも原因にありそうです。Q.自分の子どもに、どんなスポーツを習わせたい?(複数回答)1位:水泳 38.5%1位はダントツで水泳。「基礎体力をつけたい」「丈夫な体になりそう」などのほか、「自分が泳げないから、泳げるようになってほしい」というコメントも。手軽に始められて、体力がつく人気のスポーツがランクイン。2位、3位はサッカーと野球がそれぞれ続いた。日本代表という言葉が似合う、人気を2分するスポーツ。共通するのは「集団スポーツをやらせたい」というもの。また、「日本代表になってほしい」「メジャーリーガーになってほしい」など、子どもに夢を託す人も。「自分が好きだから」試合などの応援をしたい、教えてあげたいといったコメントも目立った。 親が好きだったり、やったことがあるスポーツを子どもも自然と好きになり、一緒にやっていくようになると思います。野球やサッカーというのはそういう意味でなじみやすいのかもしれませんね。スポーツ経験のある男性は、それだけで格好よく思えてしまうもの。そこで今回は、働く女子にこんな質問をしてみました。Q.「野球部出身の男性」と「サッカー部出身の男性」、どちらがよりときめきますか?野球部出身の男性……47.3%サッカー部出身の男性……52.7% 詳しいルールがわからなくても観戦しやすいサッカーに比べ、ある程度ルールの把握が必要な野球自体に苦手意識を持つ女子も。また、野球部独特の上下関係や、硬派なイメージがNGという意見もありました。そのほか、「運動に関する総合力がありそう」(29歳/金融・証券/専門職)、「女慣れしていてドキドキできそう」(30歳/医療・福祉/専門職)など、さまざまな意見がありました。全体的にはほぼ互角の結果となりました。でも、野球部出身だと「男らしい」、「マジメそう」、「仲間意識が強い」、サッカー部出身だと「さわやか」、「オシャレ」などのイメージが強いようです。スポーツごとに、それぞれ人に与える印象が大きくちがうのは興味深いですね。 少年野球の主人公は坊主頭で硬派なイメージですし、Jリーガーはファッショナブルで、悪く言えばチャラいイメージもあります。最近は野球漫画も変わってきたのでしょうが、どうしても一度ついたイメージは取れないですね。日本なら圧倒的に野球。サッカーで日本人で国内に限定すれば何人が1億円プレーヤですか?数人でしょ。日本のJリーグなんて3千万位で一流だと思います。野球は今はレギュラーなら1億は当たり前。サッカーの年俸は15~20年前の野球の水準ですよ。ヨーロッパならサッカーでしょう。アメリカなら野球。トータルして野球。サッカーで10億っています?CM等の副収入を除いて。。野球ならヤンキースだけで10億なんて何人もいます。 選手平均年俸NPBは3,733万円、JFLは1,929万円。社会人なら一度は頭をよぎる疑問です。あらゆるデータが開示されてますのでビジネスモデルを考察する際に題材にしやすいこの比較。小一時間ほどパソコンの前で計算したらすぐわかります。資料年度が異なるので数値は予測含めて概算します。また、実際は他経費がありますが、わかりやすくします。(NPB=日本プロ野球、JFL=Jリーグ) NPBが約1,300億円で750名 JFLが約600億円で980名。選手平均寿命は野球10年、サッカー6年。 ずっと走り回っていてコンタクトスポーツだからでしょうか、皆引退が早いですよね。そう思うとトータルで稼げるのは野球選手ですね。あくまでも実力にお金が付いてきただけなので、お金目当てでなろうと思ってもなれるものではないですけどね。sponsored linkCATEGORY :TAGS :陸上の短距離走で速く走るためには『筋トレメニュー』が重要☆血管脂肪腫が出来た!痛みがなければ切除しない?形成外科へ行こう手術後の赤い傷跡を消したい!消し方はある?テーピングの方法頻繁に朝腹痛で目が覚めるのはなぜ?原因として考えられるのは・・衝撃!睡眠時間が6時間以下は徹夜と同等!?病気のリスクも【ドライアイ】どうして?症状が片目だけに出る。おかしいですよね?!次の記事

野球はもはやサッカーに人気を取って代わられたスポーツなのか?近年、小学生や中学生の野球離れが著しくなってきている。小学生の軟式野球の競技人口は減少傾向(硬式は増加)少年野球スポーツ少年団現状調査報告書によると、スポーツ少年団における軟式野球 ブログ内の投稿を検索するRSSからブログを購読おすすめの投稿 アーカイブ(月別)タグ一覧当ブログにおいて発信する情報は、必ずしも公式な見解を表しているものではありません。〒950-0087 全国高等学校総合体育大会(サッカー競技) 国民体育大会(サッカー競技) xf cup 日本クラブユース女子サッカー大会(u-18) afc女子クラブ選手権2019 fifa / afcパイロット版トーナメント [シニア] jfa 全日本o-40サッカー大会; jfa 全日本o-50サッカー大会 世界における野球の競技人口は? まずはじめに、世界で1番競技人口の多いスポーツを知っていますか? 一般的には、サッカーが世界1位だと思っている方が多いのですが、実はサッカーではありません。 日程調整サービス『日本では、2大人気スポーツとして知られる野球とサッカー。この2つは常に比較され続け、永遠のライバル関係とも言われていますが、そこで気になるのはこの2つのスポーツの競技人口、つまり「どのくらいの人がそのスポーツをやっているのか」ということ。今回は野球とサッカー、この2つのスポーツを「競技人口」の視点から見ていきます。スポーツ財団が実施した調査では、サッカーが約750万人、野球は730万人となっています。日本国内での結果はサッカーの方がやや上回る数字となっています。さらに異なる調査を見ていきましょう。総務省による「平成28年社会生活基本調査」での年代別の競技人口の順位を見ていくと、10代まではサッカーの方がスポーツ行動者率が高いのですが、20代以降になると、野球がサッカーを上回ります。調査によって競技者の定義も違うので、このような結果になっていますが、基本的には良い勝負といったところでしょうか。2つの比較では、あまり変わらないという結果が出ましたが、スポーツ全体では、どれぐらいの順位になるのでしょう。そこで日本でのスポーツの競技人口の順位をまとめると 第1位 ウォーキング・・約2,000万人 第2位 ボウリング・・約1,900万人、 第3位 水泳・・約1,300万人 第4位 ゴルフ・・約1,200万人 第5位 バドミントン・・約930万人 第6位  卓球・・約900万人 第7位 サッカー・・約750万人 第8位 野球・・約730万人 2大スポーツと言われながら、全体順位では意外にも高い方ではないのです。しかし団体競技の人口順位では、サッカーと野球で上位2つを占めています。世界的な競技人口を見ていくと、第1位はバスケットボールで競技人口は4億5000万人といわれています。そして、サッカーは約2億5000万、野球になると約3500万人とかなり少ないことが分かります。国内に限定した際は微妙な差でしたが、世界的には大きな差が見られます。野球では、日本において「野球離れ」が叫ばれていますが、野球の本国アメリカでも野球離れは存在し、競技人口の減少も見られるようになったと言われています。野球の競技人口は日本とアメリカで大半を占めていると言われ、その2カ国で野球離れが進めば、競技人口への影響も大きくなっていきます。いかがでしたか。競技人口や順位については、調査機関、基準によって多少の差もありますが、競技の現状を知る目安にはなるでしょう。競技に関する数字の面を見つめることも、スポーツの面白さと言えるのではないでしょうか。今回の結果を踏まえ、みなさんもサッカーや野球はもちろん、様々なスポーツを楽しんでくださいね!ミクステンドWebサイトへ 具体的には、サッカーの競技人口などについて、お知らせいたします。 ※日本生産性本部「レジャー白書2017 」の出版などにより、参加人口などのデータが更新されたため、2017年10月17日に一部のデータや表現を修正・追加いたしました。 サッカーの参加人口