長岡から新潟 電車 ワンデーパス

SHARE新幹線に乗るときはなるべく安く乗りたいですよね。新幹線は他の乗り物に比べて価格が固定されていて不満に思っている方も多いのではないでしょうか。新幹線に割引価格で乗れる商品は、乗る列車を結構前に指定しなければいけないものが多いです。ところが、JR東日本の新幹線の一部区間には手軽に自由席に乗れる割引きっぷがあります。「新幹線もくじ新幹線この手のきっぷは往復セットというものが多いですが、新幹線有効期間は発売日から1ヶ月間です。利用できる列車に制限がありません。自由席を連結している列車であれば、乗る列車を自由に選べます。事前に乗る列車を指定しなくてもいいのが最大のメリットです。これの副作用として、乗り遅れたとしても全く問題なく使うことができます。また、利用できる日に制限はありません。365日使えます。使える区間が限定されています。新潟県内の比較的短区間のものが中心です。群馬県内や首都圏発着のものはありません。また、自由席以外の座席にアップグレードすることはできません。1枚目を使ってしまった後で2枚目を払い戻すことはできません。現地の駅でしか購入することができません。現地の駅の指定席券売機やみどりの窓口で発売しています。利用する列車や、利用日を決めておく必要はありません。現金、クレジットカード、びゅう商品券などが使えます。新潟発着分は、越後湯沢~新潟間の各駅に設定があります。全体的に20%を超える、高い割引率となっています。とくに、長岡~新潟間は3割引き近くなっています。自由席で単純に往復するだけなら、「えちごワンデーパス」や「えちごツーデーパス」よりもWきっぷのほうが安いです。長岡発着分は、長岡~新潟間の各駅に設定があります。越後湯沢など、長岡より上り方面はありません。長岡~新潟間は3割引きにもせまる高い割引率です。自由席で単純に往復するだけなら、「えちごワンデーパス」や「えちごツーデーパス」よりもWきっぷのほうが安いです。長岡~新潟間では、いろいろな割引きっぷが利用できますが、新幹線Wきっぷが一番オトクです。ちなみに、長岡~新潟間では新幹線のほかに在来線特急のしらゆき号も利用できます。新幹線では22分のところ、在来線特急では50分かかります。※しらゆきWきっぷは新潟~長岡間の設定がありません。新潟~柏崎間のきっぷで新潟~長岡間を利用することができますが、長岡駅では発売していませんので、注意してください。首都圏方面を利用する場合は、新幹線首都圏と新潟県内の間を安く乗る方法として「えきねっとトクだ値」というものがあります。「えきねっとトクだ値」はインターネット専用の割引きっぷです。購入にはクレジットカードが必要です。また、13日以上前に購入する場合は割引率が高くなります。乗車する列車は必ず購入時に指定しなければならない上、乗り遅れたときの救済措置がないので自由度は低いです。新幹線この記事では上越新幹線について紹介しましたが、新幹線次の記事 たかく三度の飯より列車に乗ることが大好きな旅人。もっと多くの人に汽車旅の楽しみ方を知ってほしいと思っています。

えちごワンデーパスとは新潟県で発売されている切符で、フリーエリア内の普通列車(快速含む)の普通車自由席が1日乗り放題になります。発売期間は通年、有効期間は1日間で、通年利用ができます。値段は大人1540円 子供770円とお手頃で、フリーエリ えちごワンデーパスとは新潟県で発売されている切符で、フリーエリア内の普通列車(快速含む)の普通車自由席が1日乗り放題になります。発売期間は通年、有効期間は1日間で、通年利用ができます。値段は大人1540円 子供770円とお手頃で、フリーエリ

電車で長岡から新潟へ行く場合は越後ワンデーパスという切符で1500円で往復することが出来ますが、長岡から長野へ電車で行く場合は少しでも安く往復出来る方法は無いのでしょうか? もしあれば、電車で行きたいのですが…。 販売価格 大人1,500円 子供700円

JR長岡駅目次『新潟県内を中心とするフリーエリアの普通列車・快速列車が、1日間乗り放題になります。以下では、『えちごワンデーパス』の内容をまとめました。フリーエリア内のちなみに1駅(小国駅)だけですが、山形県もエリアに入っています。フリーエリア内の主な駅を地図で示します。特急券を購入すれば新幹線・特急列車にも乗車できます。新幹線に乗車できるのは、上越新幹線の通年通年参考として、運賃が次に、新幹線を利用するケースで比較してみます。大人1名が、上越新幹線『とき』の普通車自由席で新潟〜長岡間を往復するという条件です。『えちごワンデーパス』を利用すると、以下では、『えちごワンデーパス』と関連するきっぷを紹介します。『『えちごワンデーパス』よりフリーエリアが広く、越後湯沢駅や直江津駅などもエリアに含まれています。有効期間は2日間です。通年での発売ではなく、月曜日〜木曜日は利用できません。『えちごツーデーパス』の価格は、以下の通りです。『『えちご料金回数券』の有効期限は『えちご料金回数券』の価格(新潟〜長岡)は、以下の通りです。新潟〜長岡間は、【新潟〜長岡】『また北越急行ほくほく線の一部区間や、一部の路線バスにも乗車できます。有効期間は2日間です。通年では発売していません。『雪国観光パス』の価格は、以下の通りです。『えちごワンデーパス』を紹介しました。新潟県内、特に新潟市近郊と長岡市近郊を安く移動するのに便利なきっぷです。『えちごワンデーパス』の一番のメリットは通年で使えることで、他の多くのフリーきっぷのように週末限定ではありません。フリーエリアはあまり広くないですが、また、別に特急券を購入すれば新幹線にも乗車できます。新潟〜長岡間を新幹線で少しでも安く往復するのに便利です。鉄道(新幹線・特急列車)きっぷ予約サイト

新潟-長岡の移動手段の中で断トツで格安なのはえちごワンデーパスだ。 えちごワンデーパスがどんなきっぷなのか解説しよう。 えちごワンデーパスはフリーエリア内の普通列車が1540円で1日乗り放題になる超お得な切符。 新潟-長岡間の普通運賃は2220円。 甲信越地方で最大の都市であり.

フリーパス. えちごワンデーパスもすぐれものですが、長岡から新潟市へ行くだけだったら、2920円のsキップも高いけれど、案外捨てがたいですね。これは途中下車しないこと。帰りの予定がつかず、しかも帰りはなるべく早く帰って来たいのだったら、お勧めですね。 長岡から時計回り ~えちごワンデーパスで新潟散策~ 2015年度 長岡から東へ ~山形経由で東北本線に接続~ 2015年度 長岡から南へ ~北陸本線・湖西線・山陽本線編~ 2015年度 『えちごワンデーパス』は、jr東日本が発売しているフリーきっぷです。 新潟県内を中心とするフリーエリアの普通列車・快速列車が、1日間乗り放題になります。以下では、『えちごワンデーパス』の内容をまとめました。 えちごワンデーパス(jr東日本) 新潟県の県庁所在地で東京から新幹線で2時間ほど.

そんなえちごワンデーパスを使っていける観光地を駅ごとに紹介します。 まずは・・・ 新潟駅. 新潟県の県庁所在地で東京から新幹線で2時間ほど. そんなえちごワンデーパスを使っていける観光地を駅ごとに紹介します。 まずは・・・ 新潟駅.

六日町から犀潟間を運行する北越急行全線が、1日間乗り降り自由となるフリーきっぷです。 販売場所 ほくほく線車内・駅券売機.

販売期間 通年(利用当日購入可) 有効期間 通年 1日間. 長岡から時計回り ~えちごワンデーパスで新潟散策~ 2015年度 長岡から東へ ~山形経由で東北本線に接続~ 2015年度 長岡から南へ ~北陸本線・湖西線・山陽本線編~ 2015年度

ほくほくワンデーパス. えちごワンデーパスは新潟県の県北、県中がフリーエリアとして指定されていて、このエリア内であれば普通列車が乗り降り自由となります。 さらに特急券を別途購入すれば特急列車にも乗車可能で、新潟~長岡間の上越新幹線も利用可能です。 中央本線を利用した週末の東京方面へのご旅行に便利でおトクなきっぷです。2日間乗り降り自由な「東京フリーエリア」への往復には普通列車の普通車自由席がご利用になれます。 長岡~新潟間は3割引きにもせまる高い割引率です。 自由席で単純に往復するだけなら、「えちごワンデーパス」や「えちごツーデーパス」よりもwきっぷのほうが安いです。 長岡~新潟間新幹線はw …

新潟県で発売されている切符で、フリーエリア内の普通列車(快速含む)の普通車自由席が1日乗り放題になります。発売期間は通年、有効期間は1日間で、通年利用ができます。 越後ワンデーパスの料金は以下のようになっています。この大人1,540円という料金なら、の往復で、元を取ることができるほど安い料金設定になっています。 利用区間はJR線の新潟県が中心になっています。の区間が利用可能です。 販売期間と有効期間です。通年を通して有効であるため弥彦や長岡の花火大会などの観光の際に役立つ切符です。この切符は新潟県を起点として、周辺の観光地へ行かれたい方にはおすすめです。特に長岡花火大会や弥彦神社への参拝など観光や旅行でJRを利用される方には役立つはずです。

新潟県で発売されている切符で、フリーエリア内の普通列車(快速含む)の普通車自由席が1日乗り放題になります。発売期間は通年、有効期間は1日間で、通年利用ができます。 越後ワンデーパスの料金は以下のようになっています。この大人1,540円という料金なら、の往復で、元を取ることができるほど安い料金設定になっています。 利用区間はJR線の新潟県が中心になっています。の区間が利用可能です。 販売期間と有効期間です。通年を通して有効であるため弥彦や長岡の花火大会などの観光の際に役立つ切符です。この切符は新潟県を起点として、周辺の観光地へ行かれたい方にはおすすめです。特に長岡花火大会や弥彦神社への参拝など観光や旅行でJRを利用される方には役立つはずです。 © 2020 汽車旅指南所 All rights reserved.

佐渡島へアクセスする連絡船が発着する街です。

佐渡島へアクセスする連絡船が発着する街です。 甲信越地方で最大の都市であり.