陸上 競技人口 推移

問2 問1でお答えになった運動・スポーツ種目について、実施回数の多いものから順に、A ~ g までの問いにお答えく Powered by 引用をストックしました引用するにはまずログインしてください引用をストックできませんでした。再度お試しください限定公開記事のため引用できません。 ここでは、陸上競技に参加している人口について紹介しています。陸上競技はさまざまな種目に分かれているため、比較的競技人口は多いです。陸上競技に参加している人やどのくらいの競技人口がいるのかを知りたい人におすすめの内容です。

7 . 参考競技別・実施校数(男女別) 参考競技別・参加生徒数(男女別) ... 平成22年~平成29年加盟校推移(PDF) 平成13年~平成21年加盟校推移(PDF) 平成6年~平成12年加盟校推移(PDF) 平成30年度加盟校調査集計表. 今回は日本国内における陸上競技の競技人口とはいえジョギングやランニングを日ごろ行っている人なども正確には人口に含まれますが今回対象とする競技人口は中学・高校などの部活動で陸上競技部に入っていれば必ず日本陸連の登録は学校側で行ってくれるので市の大会や公式戦などに出場できるようになっています。 サイト内で人気のおすすめキーワード◎ では実際にどのくらいの人が日本陸連の登録を行って陸上競技の競技者として活動されているのかというと2018年度のデータで皆さんが思っていたよりも多いですか?少ないですか? 下記のグラフが中学・高校・大学・社会人の日本陸連登録者の数となっています。2018年度の中学生の日本陸連登録者数は 2000年を超えてから中学生の陸上競技人口がかなり増えている傾向にあり、ここ数年で10倍以上の競技人口になるなど若い世代には陸上競技のブームが来ていることもうかがえます。 確かに以前よりもかなり中学生など若い世代における好記録の更新などレベルがとても上がってきているようにもうかがえます。この先も人口が増え、中学記録の更新など非常にハイレベルな争いが行われることが予想されています。 2018年度の高校生の日本陸連登録者数は中学生のおよそ半分くらいの人口となり、中学と大きく違う点として高校によっては陸上競技部に力をかなり入れているところも多く県外から選手をスカウトしてくることもあるでしょう。相対的な人口として全国の高校生が3,226,017人に対して114,391人となり、約30人に1人は陸上競技部員という形で見ると実感がわくのではないでしょうか。クラスに1人くらい陸上部がいるという感じですね。 2018年度の大学生の日本陸連登録者数は中学生、高校生に比べて大きく人口が減っているのは高校までと決めており大学に進むと同時に陸上競技をやめてしまったり、大学に進学せずに就職などという人も多く出てくるためです。 なかなか大学まで本格的に陸上競技を続けている人も多くなく、高校時代のおよそ5分の1という割合になっています。長距離選手などでは箱根駅伝に出場したいなど大きな目標を掲げて陸上競技で大学を決めて入学する選手もいます。 2018年度の社会人の日本陸連登録者数は大学生の競技人口から比べて大きく伸びているのは年代関係なく何歳でもこの枠に当てはまることや、長距離種目を本格的に行っている人が多いことが理由となります。一方短距離種目では社会人になってなかなか実業団などに入っていない限り難しい種目ではあるのでどうしても人口は少なくなってしまうと言えます。 続いてと 「あなたは、どんなスポーツが好きですか?」世界では様々なスポーツが誕生し、進化を続け、もはや私たちにとって欠かせない存在となっています。そこで今回は、この記事を読むことで、各スポーツの人気度や認知度はもちろん、将来どんなスポーツが注目されるのかといった付加情報も手に入れることができますよ。ぜひ最後までご覧ください。ランキング発表の前に確認をしておきますが、今回ご紹介する「スポーツの人気ランキング」は以下の基準をもとに作成されたものであることをご了承ください。というのも、現在のオリンピックは1896年に初開催されており、実に120年以上の歴史を経て、いまでは世界三大スポーツイベントとも呼ばれるほど世界に浸透しています。つまり、幸い、オリンピック憲章には『競技プログラム、競技・種別・種目の出場資格の認定』という基準が設けられていますので、さっそくその記載内容をご紹介しておきましょう。 オリンピアード競技大会のプログラムに含めることができるのは、男性によっては、少なくとも75か国、4大陸で、女性によっては、少なくとも40か国3大陸で広くおこなわれている競技のみとする。ですから、多くの国・地域で行われているスポーツは競技人口が多いとも予想することができます。オリンピックの正式競技には、例えばサッカーなら国際サッカー連盟、バスケットボールなら国際バスケットボール連盟といったように、各国・地域の協会をまとめる国際競技連盟があります。そして、国際競技連盟にどれだけの数の国・地域が加盟しているのかは、それぞれの公式サイトで確認することができます。そこで、その数を集計しランキングとして順位を明確化しました。これによって、ということで、ランキングの作成基準をわかりやすくざっくり説明すると、以下のようになります。では、いよいよここから「スポーツの人気ランキング2019」を発表します!今回のランキングでは、2020年の東京オリンピックで実施される正式競技(27競技)と、開催都市提案の追加種目(5競技)を含めた32競技を比較し、さらに前回「世界ではどんなスポーツが人気なのかをじっくり見てみましょう。ちなみに、第1回のアテネオリンピックからすべての大会で実施されている競技は「5つ」のみとなっているので、その予想も含めてランキングをお楽しみください。スポーツクライミングの国際競技連盟は「国際スポーツクライミング連盟」で、オリンピック競技としては初採用となり、2020年の東京オリンピックでは国際スポーツクライミング連盟の通称はIFSC(International Federation of Sport Climbing)で、設立は2007年とかなり歴史が浅いですが、ボルダリングの流行が長く続けば、もしかしたら正式競技への道が開かれるかもしれません。スケートボードの国際競技連盟は「国際スケートボード連盟」で、加盟協会数は前回の調査で64crだったので、この1年で一気にその数を増やしたことになります。こちらもスポーツクライミング同様に国際スケートボード連盟の通称はISF(International Skateboarding Federation)。サーフィンの国際競技連盟は「国際サーフィン連盟」で、加盟協会数は前回から+2cr。こちらも国際サーフィン連盟の通称はISA(International Surfing Association)で、設立は1964年。海で自然に発生する波を使った競技なので、無事に開催できることを祈るばかりです。加盟協会数は前回から+5cr。オリンピック競技としては、1900年代前半に男子15人制を4大会で開催、そこから100年ほど経った2016年リオオリンピックで7人制として久々に復活し、続く2020年も連続開催となります。ラグビーの国際競技連盟は国際競技連盟がふたつ存在しているためちょっとややこしいですが、上記の理由から120crはちなみに、2019年9月に日本で開催されるラグビーワールドカップは、オリンピック、FIFAワールドカップと並んで世界三大スポーツイベントと言われています。馬術の国際競技連盟は「国際馬術連盟」で、加盟協会数は前回から+1cr。約30の競技があるオリンピックのなかで唯一動物を扱う競技であるため、いかにして人馬一体となれるのかが大きなポイント。国際馬術連盟の通称はFEI(Fédération équestre internationale)で、1912年のストックホルムオリンピック以降、すべての大会で実施されています。ホッケーの国際競技連盟は「国際ホッケー連盟」で、加盟協会数は前回から+9cr。国際ホッケー連盟の通称はIHF(International Hockey Federation)で、男子は1928年のアムステルダムオリンピックから、女子は1980年のモスクワオリンピック以降すべての大会で開催されている競技です。野球大国の日本に住んでいると、「野球・ソフトボールがなぜこの順位?」とか「野球・ソフトボールってまとめられているのはなぜ?」と思う方が多いかもしれませんので、少し解説しておきます。まず、2020年で32回目となるオリンピックの歴史の中で、というのも、前の章でお話ししたように、オリンピックの正式競技は「世界で広く行われているスポーツ」であることが条件となっていますよね。といことは、こういったオリンピックの歴史を振り返ると、したがって、2020年のオリンピックではなぜ「野球・ソフトボール」と統合されているのかという理由と経緯は以下のようにまとめることができるのです。このような理由から野球とソフトボールの国際競技連盟は統合(当面は存続)し、現在は「世界野球ソフトボール連盟」として新たに組織を発足しました。通称はWBSC(World Baseball Softball Confederation)です。なお、上記の理由から「野球・ソフトボール」は2020年の東京オリンピックでセーリングの国際競技連盟は「国際セーリング連盟」で、加盟協会数は前回から+19crと大幅増。セーリング競技は1908年のロンドンオリンピック以降すべての大会で採用されており、1996年のアトランタオリンピックまではヨット、2000年のシドニーオリンピックからセーリングと呼ばれるようになりました。国際セーリング連盟の通称はISF(International Sailing Federation)で、設立は1907年です。体操の国際競技連盟は「国際体操連盟」で、加盟協会数は前回から+5cr。ゴルフの国際競技連盟は「国際ゴルフ連盟」で、加盟協会数は前回から+10cr。国際ゴルフ連盟の通称はIGF(International Golf Federation)で、オリンピック競技としては1900年と1904年に採用されてからしばらくは開催されず、2016年のリオオリンピックで112年ぶりに復活。フェンシングの国際競技連盟は「国際フェンシング連盟」で、加盟協会数は前回から+18crと大幅増。国際フェンシング連盟の通称はFIE(Fédération Internationale d’Escrime)で、男子は1896年の第1回アテネオリンピックから、女子は1924年のパリオリンピックから実施中。ボートの国際競技連盟は「国際ボート連盟」で、加盟協会数は前回から+37crと大幅増。カヌー競技とは逆で、進行方向に背中を向けて進むのがボート競技の特徴。国際ボート連盟の略称はWorld Rowing(ワールドローイング)で、通称はFISA(Fédération Internationale des Sociétés d’Aviron)となっています。ボート競技は男子が1900年の第2回パリオリンピックから、女子は1976年のモントリオールオリンピックから実施中。アーチェリーの国際競技連盟は「世界アーチェリー連盟」で、加盟協会数は前回から+3cr。世界アーチェリー連盟の通称はWorld Archery(ワールドアーチェリー)で、略称はWA(World Archery Federation)。アーチェリー競技は1900年代前半に5大会で実施され、その後しばらくは未採用が続きましたが、1972年のミュンヘンオリンピックから再び正式競技として実施中です。射撃の国際競技連盟は「国際射撃連盟」で、加盟協会数は前回から+7cr。国際射撃連盟の通称はISSF(International Shooting Sport Federation)で、第3回と第9回大会を除くすべてのオリンピックで正式競技として実施中です。カヌーの国際競技連盟は「国際カヌー連盟」で、加盟協会数は前回から+3cr。国際カヌー連盟の通称はICF(International Canoe Federation)で、男子は1924年のパリオリンピックから、女子は1948年のロンドンオリンピックから実施中。トライアスロンの国際競技連盟は「国際トライアスロン連合」で、通称はITU(International Triathlon Union)。トライアスロン競技は2000年のシドニーオリンピックから実施されているので、オリンピック競技としては比較的新しい競技であり、スイム(水泳)・バイク(自転車によるロードレース)・ラン(長距離走)の3種目で構成されています。レスリングの国際競技連盟は「世界レスリング連合」で、加盟協会数は前回から+10cr。世界レスリング連合の通称はUWW(United World Wrestling)で、男子女子ともに第2回の1900年パリオリンピック以外すべての大会で実施されています。バドミントンの国際競技連盟は「世界バドミントン連盟」で、加盟協会数は前回から+10cr。世界バドミントン連盟の通称はBWF(Badminton World Federation)で、1992年のバルセロナオリンピックから正式競技として実施中。ちなみに、ウェイトリフティングの国際競技連盟は「国際ウェイトリフティング連盟」で、前回から+5cr。国際ウェイトリフティング連盟の通称はIWF(International Weightlifting Federation)で、男子は1920年のアントワープオリンピックから、女子は2000年のシドニーオリンピックから正式競技として実施中。空手の国際競技連盟は「世界空手連盟」で、前回から+5cr。世界空手連盟の通称はWKF(World Karate Federation)で、既出の4競技(スポーツクライミング、スケートボード、サーフィン、野球・ソフトボール)と同様、自転車の国際競技連盟は「国際自転車競技連盟」で、加盟協会数は前回から+20crと大幅増。国際自転車競技連盟の通称はUCI(Union Cycliste Internationale)で、1896年の第1回アテネオリンピックからすべての大会で競技が実施されています。ボクシングの国際競技連盟は「国際ボクシング協会」で、加盟協会数は前回から+7cr。国際ボクシング協会の通称はAIBA(Association Internationale de Boxe)で、男子は1904年のセントルイスオリンピック以降(1912年のストックホルムオリンピックを除く)、女子は2012年以降すべての大会で実施されています。スポーツの人気ランキングもいよいよトップ10です。ここからはより競技の魅力がわかりやすいようにおすすめ動画もご紹介しますので、ぜひご一緒にどうぞ。柔道の国際競技連盟は「国際柔道連盟」で、協会加盟数は前回から変化なし。国際柔道連盟の通称はIJF(International Judo Federation)で、男子は1964年の東京オリンピックから(1968年のメキシコオリンピックは除く)、女子は1992年のバルセロナオリンピックから正式競技として実施されています。初採用が1964年ですから、オリンピック競技の中では比較的歴史が浅いと言える柔道ですが、メダルを獲得した国・地域の数は55crに及ぶため、急速に世界に普及したと考えられます。かかと落としや回し蹴りなど、派手な足技はとても見応えがありますね!実は、テコンドーの国際競技連盟はふたつあり、ひとつは世界テコンドー連盟の通称はWT(World Taekwondo)で、オリンピック競技としては2000年のシドニーオリンピックから正式競技として実施されているので、トライアスロンと同様にオリンピックの歴史のなかでは比較的新しい競技です。ハンドボールの国際競技連盟は「国際ハンドボール連盟」で、加盟協会数は前回から+5cr。国際ハンドボール連盟の通称はIHF(International Handball Federation)で、男子は1936年のベルリンオリンピックで初採用され、その後1972年ミュンヘンオリンピック以降はすべての大会で実施、女子は1976年のモントリオールオリンピック以降すべての大会で実施されています。水泳の国際競技連盟は「国際水泳連盟」で、加盟協会数は前回から+1cr。国際水泳連盟の通称はFINA(Fédération Internationale de Natation)で、男子は第1回のアテネオリンピックから、女子は1912年のストックホルムオリンピックから実施されています。ちなみに、上の画像のような芸術性や表現力を競う水泳は2016年のリオオリンピックまで「シンクロナイズドスイミング」と呼ばれ、「シンクロ」の愛称で親しまれてきましたが、2017年7月22日に開かれたFINAの総会で名称変更が発表され、2020年の東京オリンピックからは「アーティスティックスイミング」となります。ということで、今後は愛称も「シンクロ」ではなく「アーティス」となります。動画は2004年の流行語「超気持ちいい」の誕生の瞬間。テニスの国際競技連盟は「国際テニス連盟」で、加盟協会数は前回から+7cr。国際テニス連盟の通称はITF(International Tennis Federation)で、男子が第1回の1896年アテネオリンピックから、女子が第2回の1900年パリオリンピックから実施され、その後1928年から1984年までは正式競技に採用されなかったものの、1988年のソウルオリンピックで再び正式競技として復活し、現在に至ります。動画は、「サッカー史に欠かせないゴール集」の詰め合わせとなっています。サッカーの国際競技連盟の通称は「国際サッカー連盟」で、加盟協会数は前回から変化なし。国際サッカー連盟の通称はFIFA(Fédération Internationale de Football Association)で、男子は第4回の1908年ロンドンオリンピックから(第10回の1932年ロサンゼルスオリンピックは除く)、女子は第26回の1996年アトランタオリンピックから実施されています。動画は、日本人初のドラフト1巡目指名を受けた八村塁が話題となっているNBAのスーパープレイ集です。バスケットボールの国際競技連盟は「国際バスケットボール連盟」で、加盟協会数は前回から-1cr。国際バスケットボール連盟の通称はFIBA(Fédération Internationale de Basketball Association)で、男子は1936年のベルリンオリンピックから、女子は1976年のモントリオールオリンピックから実施中。動画は、人類史上最も速く100mと200mを走ったウサイン・ボルトのレースです。陸上の国際競技連盟は「国際陸上競技連盟」で、加盟協会数は前回から+2cr。国際陸上競技連盟の通称はIAAF(International Association of Athletics Federations)で、男子が第1回の1896年アテネオリンピックから、女子が第9回の1928年アムステルダムオリンピックから実施中。100mなどのトラックレース、マラソン、走り高跳び、棒高跳び、やり投げなど多彩な種目が行なわれる陸上競技ですが、ただひとつ、どの種目にも共通しているのは「自らの能力の限界に挑戦する」というシンプルなテーマです。ですから、シンプルがゆえに誰が見てもわかりやすく、国籍や言語の壁を気にすることなく楽しめるという点が陸上の最大の魅力なのかもしれませんね。バレーボールの国際競技連盟は「国際バレーボール連盟」で、加盟協会数は前回から変化なし。国際バレーボール連盟の通称はFIVB(Fédération Internationale de Volleyball Association)で、1964年の東京オリンピックから正式競技として実施中。卓球の国際競技連盟は「国際卓球連盟」で、加盟協会数は前回から+6cr。国際卓球連盟の通称はITTF(International Table Tennis Federation)で、オリンピック競技としては1988年のソウルオリンピックから実施中。最後に、今回のスポーツの人気ランキングをまとめます。視覚的にわかりやすいようにグラフ化しました。いかかでしたでしょうか。いずれにしても、前回「1900年に16億人だった世界人口は2000年に60億人を突破し、2055年には100億人を超えると言われている急速な人口増加は、今後も国際競技連盟の加盟協会数を増やし続けることになり、それと同時に競技人口も増やし続けることになるでしょう。そして、スポーツは人口増加とともに多種多様化も続けているのです。>>>マイペースブロガーのゆんずです。このブログの運営は2017年から。開設から1年ほどは気が向いた時だけ記事を書く「ゆるゆる更新」。2018年から心機一転、「世の中に欠けている情報の提供」を日々更新してます。マイペースブロガーのゆんずです。このブログの運営は2017年から。開設から1年ほどは気が向いた時だけ記事を書く「ゆるゆる更新」。2018年から心機一転、「世の中に欠けている情報の提供」を日々更新してます。