3ds おすすめソフト 子供

「3DSは子供向けのゲームが多いからプレイしない」と思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、3DSは大人がプレイしても楽しめるゲームソフトや大人向けに作られたゲームソフトもたくさんあります。そこで、今回は3DSで大人向けのゲームソフト15選をご紹介していきます。気軽に遊べる定番のアクションからじっくりプレイできるRPGまで幅広くご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めては、ドラゴンクエストシリーズの最新作で、お馴染みのシンプルな戦闘システムが採用されています。グラフィックも懐かしいドット絵の2Dと3Dの両方を自由に切り替えが可能です。メインのストーリーとは関係のないクエストやカジノなどのやりこみ要素も充実しています。ゼノブレイドは、2010年にWii用ソフトとして発売した大人気ゲームのリメイク版になります。引き込まれるストーリーやBGMなどが高く評価されている作品です。広大なフィールドを自由に駆け回って探索が可能で、戦闘はフィールド画面からシームレスのため、スムーズにゲームを進められます。やりこみ要素も多く、飽きないように工夫されています。真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEYは、ニンテンドーDSで発売した作品のリメイクで、新しいイベントやダンジョン、エンディングなどが追加されています。敵の弱点を攻撃する戦闘システムは戦略性があり高く評価されています。難易度も追加され3段階あるので、初心者でも楽しめるようになりました。声優陣も豪華で、メインストーリーはフルボイス化されています。ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンは、子供向けの作品と思われがちですが、オーソドックスな戦闘システムで大人も楽しめる内容です。RPG要素だけではなく「ポケリフレ」でポケモンとふれあうこともできます。仲間にできるポケモンは800匹以上いるため、パーティーを変えて何度もプレイできます。探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSKは、ハードボイルドな世界観を舞台にした推理アドベンチャーゲームです。ムービーシーンは、豪華声優陣を起用しています。新作の本編に加えて、携帯アプリ版として配信された短編4本を収録しており、ボリュームも十分です。信長の野望2は、総勢1000名以上の武将が登場する歴史シミュレーションです。3DSならではのタッチ操作で初心者でも直感的に楽しめます。シナリオは13本あり、ボリュームも満点です。戦国時代を自由にアレンジできるエディタ機能も搭載しています。レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀は、謎を解きながら進めていくアドベンチャーゲームです。ビジュアルもアニメのようで見やすく、声優陣も豪華なので、女性のプレイヤーからも評価されています。テンポのいい展開で次々と謎解きを楽しめるようになっています。ゼルダの伝説 神々のトライフォース2は、1991年にスーパーファミコンで発売された1作目の続編で、同じ世界を舞台にしたアクションアドベンチャーです。謎解きやアクションは新しいものが追加され、ゼルダシリーズをやり込んでいる人も楽しめる内容になっています。アイテムなどはレンタルもできるため、好きな順番でダンジョンを攻略できます。ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3Dは、ニンテンドー64で発売された作品のリメイクで、新しい要素を追加し、遊びやすくなっています。仮面やお面を装着することで、多彩なアクションでダンジョンを攻略していきます。行き詰まったときは、分かりやすいヒント映像を見れるので、ゲームに不慣れな人にもおすすめです。テラリアは、2Dの世界で自由にブロックを組み合わせて、さまざまな物を作れるアクションゲームです。土を掘ったり、石を砕いて素材を集めてアイテムや家を作っていきます。3DS版ではタッチプレイに対応しているので、直感的な操作も可能です。最大マルチプレイで4人で同時に協力プレイができます。メタルギア ソリッド スネークイーター 3Dは、PS2で発売された潜入アクションゲームのリメイク版です。環境を利用して敵に見つからずにミッションを遂行していきます。3DSの下画面でアイテムや装備をタッチ操作で直感的に選択できます。新たに中腰での移動も追加され、潜入の方法が増えました。カタチ新発見!

2020/04/13 【じっくり読むと5分】 「3dsは子供向けのゲームが多いからプレイしない」と思っている方は多いのではないでしょうか。 大人向け3dsゲームソフトおすすめ15選。人気の塗り絵やrpgも. 【2018-2019年版】小学校の女の子向けで人気のニンテンドー3dsのゲームソフトのおすすめをピックアップ!定番ゲームから女の子ならではのおしゃれ系ゲームまでジャンル別にまとめました!女の子へのゲームソフトのプレゼントにお悩みの方はぜひチェックを!

任天堂の携帯用ゲーム機「ニンテンドー3DS」。全世界での累計販売台数が約7500万台となり、国内では1500タイトル以上のソフトがリリースされている人気のハード機です。マリオやゼルダといった任天堂の定番タイトルはもちろん、ドラゴンクエストをはじめとするビッグタイトル、モンスターハンターなどのオンラインプレイ可能なタイトルといった、さまざまなゲームが楽しめます。そこで、今回はニンテンドー3DSのおすすめソフトをピックアップして、ジャンルごとに名作タイトルをご紹介。ゲームファンの方はもちろん、「子供へのプレゼントに何のソフトを選べばいいのか迷っている」という方も、ぜひ参考にしてみてください。子供から大人まで、幅広い世代に愛されているポケットモンスターシリーズの最新作。本作『ウルトラサン・ウルトラムーン』は、前作『ポケットモンスター サン・ムーン』のストーリーに、本編では語られなかった裏ストーリーやオリジナルの要素を加えた作品となっています。今回の舞台は、ハワイ諸島をモチーフにしたアローラ地方。これまでのポケモンが「アローラのすがた」で登場したり、温暖な島々という舞台ならではの展開であったりと、ポケモンシリーズを初めてプレイする方はもちろん、これまでのポケモンファンも新鮮な気持ちでプレイすることが可能です。『ウルトラサン』と『ウルトラムーン』では、基本的なストーリーは同じですが、細かな展開や出てくるポケモンがやや異なります。物語を100%楽しみたい方やポケモンをコンプリートしたい方は、それぞれがセットになった『ダブルパック』がおすすめです。国民的RPGソフト『ドラゴンクエストシリーズ』の最新作です。主人公は、かつて世界を救ったといわれる”勇者”の生まれ変わり。ドラクエシリーズにおける勇者とは、人々に慕われる英雄のような存在でしたが、本作ではなぜか”悪魔の子”と呼ばれ、兵士たちに追われる身となります。今作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、PS4版と3DS版の2つのハードでリリースされています。3DS版は2Dモードで遊ぶことが可能。昔ながらのドット絵でプレイしたい方には3DS版がおすすめです。冒険が進むといつでも3Dと2Dを切り替えられるので、立体的なグラフィックが好きな方も楽しめます。また、ニンテンドー3DSの”すれちがい通信”を活かしたコンテンツ「時渡りの迷宮」が遊べるのもポイント。迷宮ではアイテムを手に入れられるほか、ファンが思わずニヤリとしてしまうような要素もあります。まだドラクエシリーズをプレイしたことがない方にもおすすめの3DSソフトです。2009年にニンテンドーDSでリリースされた『マリオ&ルイージRPG3!! 2020/04/13 【じっくり読むと5分】 「3dsは子供向けのゲームが多いからプレイしない」と思っている方は多いのではないでしょうか。

1生活雑貨2生活雑貨3生活雑貨4生活雑貨5生活雑貨6生活雑貨7生活雑貨8生活雑貨9生活雑貨10生活雑貨 【2019年版】この記事では最新の『3dsおすすめ名作ゲームソフト』をランキング形式でお届け致します。面白い3dsゲームソフトのみを厳選していますので是非ご覧になってみてください。 !』をフルリメイクした作品。ゲームが苦手な方も遊べるように難易度が調節されたほか、大ボリュームの新モードも追加されたデラックスの名にふさわしいゲームソフトになっています。ある日突然、キノコ王国では、カラダが膨らんでコロコロと転がってしまう〈メタコロ病〉が蔓延してしまいます。原因不明の事態を解決するために立ち上がった「マリオ兄弟」。ライバル関係であるクッパと間接的に協力しながら、大冒険を繰り広げる人気RPGです。『マリオ&ルイージRPG3 DX』ではストーリー本編のほか、クッパの息子が主人公の『クッパJr.RPG』を収録。自分だけのクッパ軍団を編成して、バトルが楽しめます。本編では語られなかったストーリーが展開されるので、すでにニンテンドーDS版をプレイした方にもおすすめ。1本のソフトで2本分のゲームが遊べる3DSソフトです。「モンスターハンター」シリーズ初のRPG。これまではハンターに焦点を当てていたのに対して、本作はモンスターを育てて共存を図る〈ライダー〉が主人公。メインシリーズとは違ったモンスターハンターの世界で大冒険が楽しめます。バトルはターン制を採用。攻撃は「パワー」「スピード」「テクニック」の3すくみになっていて、相手の苦手な攻撃パターンを選ぶことで有利に戦えます。仲間となったモンスター〈オトモン〉と連携すれば絆が深まり、強力な〈絆技〉を出すことが可能。モンスターごとに個性的な演出があり、シリーズをプレイしているとニヤリとできるような技もあります。ストーリーは王道で、いい意味で安心してプレイできるのも魅力。また、無料の大型アップデートも配信されており、モンスターや装備などの追加など、一作目とは思えないほどのボリュームがあります。やり込みゲーが好きな方にもおすすめの3DSゲームソフトです。過去に戻って、正しい未来を取り戻すタイムリープRPG『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』。本作は、2010年にニンテンドーDS用としてリリースされた『ラジアントヒストリア』のフルリメイク版です。キャラクターデザインが変更されているほか、新規イベントやキャラボイスなどが追加されています。主人公は青年・ストック。時空を越えられる謎の書物〈白示録〉で、過去や未来、平行世界を移動して、さまざまな事件を解決しながら、世界の闇へと挑むストーリーです。ポイントに戻って違う選択肢を選ぶといった点ではアドベンチャーゲームに近いですが、「死亡フラグをへし折るRPG」というキャッチコピーのとおり、基本的には王道の剣と魔法のRPGとなっています。また、本作は難易度を3つから選ぶことが可能。難易度を「FRIENDRY」にすれば、ボタン一つでサクサクと敵を倒せます。RPGに慣れていない方はもちろん、ストーリーを早く進めたい方にもおすすめの3DSゲームソフトです。自分だけのキャラクターを作って冒険できる3DダンジョンRPG。ニンテンドー3DS最後の完全新作として『世界樹の迷宮X(クロス)』がリリースされました。本作の舞台は絶海の孤島〈レムリア〉。タイトルにクロスとあるように、今までのシリーズで人気だったゲームシステムを搭載しているのが特徴です。新職業「ヒーロー」を含む19種類のジョブからパーティを組み、未知のモンスターが徘徊するダンジョンに挑みましょう。『世界樹の迷宮』シリーズの特徴である「マッピング」機能ももちろん健在。ニンテンドー3DSの下画面にダンジョンの地図を書いていくシステムで、宝箱の位置や採取スポット、抜け穴の場所などを記した自分だけのマップを作れます。自動で地図が作成される「オートマッピング」機能もあるため、冒険やバトルに集中したい方も安心。歯ごたえのあるRPGで遊びたい方におすすめのソフトです。ニンテンドーDSでリリースされたサッカーRPG『イナズマイレブン』シリーズのリメイク作品。1~3作目のバージョン違いを含めた計6本をすべてセットにしたソフトです。主人公は弱小サッカー部のキャプテン・円堂守。陸上部の生徒をスカウトしたり、心に傷を負った元・ストライカーを仲間にしたりとはじめは寄せ集めのチームなのですが、日本一ひいては世界一を目指して、少年マンガのような熱いストーリーが展開されます。サッカー(バトル)部分はアクション要素が強めです。野良試合や公式試合で勝つと経験値を取得。レベルが上がることで身体能力が高くなったり、必殺技を覚えたりと、ちゃんとしたRPGに仕上がっています。3DSに移植されるのに伴って、グラフィックが美しくなっているのもポイントです。アニメも新シリーズが始まって、注目度が高まっているイナズマイレブン。シリーズの原点を知りたい方におすすめの3DSソフトです。さまざまなライフ(職業)から好きなものを選び、広大なファンタジー世界で自由気ままな生活を楽しめるRPG『ファンタジーライフ』。本作のLINK!は、新装備や新モンスター、新しい遊び方などが加わったリニューアル版となっています。ライフは全部で12種類。ドラゴン討伐のようなスリルを求めている方は王国兵士や魔法使いなどの戦闘職、アイテム集めが好きな方は木こりや採掘師といった採集職、アイテム作りが好きな方は鍛冶屋や錬金術師などの生産職がおすすめです。また、3DSの通信機能を使って最大3人の協力プレイで遊べるのもポイント。遠く離れたフレンドと遊べるインターネットマルチプレイ、近くのフレンドと無線でプレイできるローカルマルチプレイに対応しています。子供から大人までハマれるおすすめの3DSソフトです。2003年にゲームボーイアドバンスでリリースされた名作RPG『マリオ&ルイージRPG』のフルリメイク版です。今作はピーチ姫の声を取り戻すために、マリオ&ルイージの兄弟が笑いあり、涙ありの冒険に出るストーリー。兄弟で力を合わせる〈ブラザーアクション〉や〈ブラザーアタック〉を駆使して、さまざまな敵や困難を乗り越えましょう。また、今作はメインストーリーとは別に、新たな物語「クッパ軍団RPG」が追加されているのもポイントです。行方不明になってしまったクッパを探すため、手下たちが立ち上がるストーリー。クリボー・ヘイホー・テレサ・ノコノコからリーダーを選び、最大8名のクッパ軍団を作りましょう。キャラクターは50種類以上。マリオ&ルイージの冒険とはまた違った面白さがあります。グラフィックだけではなく、新しいコンテンツも追加された豪華なリメイク。マリオ&ルイージRPGシリーズをプレイしたことがない方はもちろん、リメイク元である『マリオ&ルイージRPG1』をプレイしたことがある方にもおすすめの3DSソフトです。2009年にリリースされたニンテンドーDSソフト『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』のリメイク版。真・女神転生シリーズでも屈指の名作といわれる作品にさまざまな追加要素を加えたほか、細部に微調整を施してさらに遊びやすくしているのが特徴です。舞台は21世紀初頭の南極に突如として現れた亜空間”シュバルツバース”。その地で調査隊が目にしたものは神話・伝説・逸話に登場するような天使や悪魔といった超自然的な存在でした。プレイヤーは調査隊の一員として、異界の地を探索するRPGです。仲間にできる悪魔は約350種類。自分だけのパーティを組んで謎を解き明かしましょう。荒廃した世界、個性的な悪魔たち、ひとつ間違えたらボコボコにされてゲームオーバーになってしまう骨太なゲームデザイン。いわゆる王道のRPGとはいえませんが、独特の世界観に魅せられるファンは多いので、「手ごたえのあるRPGをやりたい」という方におすすめしたい3DSソフトです。2005年にリリースされたPS2用RPG『テイルズ オブ ジ アビス』のニンテンドー3DS版です。テイルズオブシリーズ10周年記念作品として作られた本作は、シリーズ中でも屈指の人気作。ソフトがCDからカートリッジになったことでロード時間が大幅に短縮され、さらに遊びやすくなっています。主人公は、公爵家の一人息子・ルーク。ある日、屋敷に不法侵入してきた少女・ティアとの出会いによって、運命の歯車が動き始めます。「自分は何のために生まれてきたのだろう」という誰もが一度は思い悩む”生まれた意味”を探すための物語です。『テイルズ オブ ジ アビス』の魅力は、格闘ゲームのような戦闘システム。通常攻撃から必殺技につなげることで大ダメージを与えられます。敵の攻撃範囲から出ればノーダメージでやり過ごすことも可能。立ち回りによっては、格上の相手を倒せるのも魅力です。テイルズオブシリーズにおける不朽の名作。RPG好きな方はぜひプレイしてみてください。2004年にPS2用ゲームソフトとしてリリースされた『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君』。日本国内で最も出荷本数の多いPS2ソフトとして知られる、名作RPGが3DS用にリメイクされました。本作は、ドラクエシリーズで初めて3Dグラフィックを採用しているのが特徴。グラフィックが大きく変化した一方で、基本的なシステムは従来のままなので、古くからのドラクエファンも楽しめます。3DS版はナンバリングタイトルで初のボイス対応。また、新しいエピソードが追加されていたり、PS2版では仲間にならなかったキャラが冒険に加わったりと、数多くの新要素が追加されています。時が経っても面白さが色褪せない、おすすめのゲームソフトです。任天堂の据置型ゲーム機の「Wii」でリリースされたオープンワールド型RPG『ゼノブレイド』。圧倒的なストーリーや雄大なフィールド、やりこみ要素などが評判となり、今もなお名作として語り継がれているソフトです。Wii版はプレミアが付いていたのですが、この度のリメイクによって気軽に遊べるようになりました。本作の魅力は「探索」。遥か遠くまで広がる大地をシームレスに移動できます。SFとファンタジーが融合した不思議な世界を冒険しましょう。また、爽快感あふれるバトルも魅力です。主人公シュルクは、”神剣モナド”の力によって少し先の未来を見ることが可能。大ダメージを受ける技を華麗に避けたり、攻撃される前に無効化したりと、対処方法はさまざま。危険と紙一重のスリルある戦いが楽しめます。今回、Newニンテンドー3DSへの移植に伴って立体視に対応。世界に奥行きが生まれるだけでなく、バトルの臨場感も大幅にアップしました。携帯機で本格的なオープンワールド型RPGを楽しみたい方におすすめです。なお、本作はNewニンテンドー3DS専用。旧3DSではプレイできないので注意してください。ドラクエ作品に出てくるモンスターたちを育成して、自分だけの最強モンスター軍団を作り上げる『ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズ。本作は1998年にゲームボーイでリリースされたシリーズ第1弾『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』をフルリメイクした作品です。登場するモンスターは600種類以上。ナンバリングタイトルや外伝からはもちろん、完全新規のモンスターも数多く参戦しています。また、原作は3対3のバトルだったのに対して本作は4対4のバトルを採用することで、より戦略性の高いバトルが楽しめるようになりました。シリーズならではの対戦要素も充実。無線を使って近くの人と遊べる「ローカル通信対戦」、インターネット機能を使った「Wi-Fi通信対戦」、ニンテンドー3DSのすれちがい機能を使った「すれちがいバトル」など、さまざまな対戦が楽しめます。まだ遊んだことのない方はもちろん、プレイしたことがある方も楽しめるおすすめの3DSソフトです。ランダム生成のダンジョンを冒険するRPG「不思議のダンジョン」シリーズ。『トルネコの大冒険』や『風来のシレン』などのタイトルで有名ですが、本作はキャラクターやゲームシステムなどにポケモン要素を取り入れた3DSソフトとなっています。ある日、突然ポケモンになってしまった主人公。個性的な仲間たちとともに星の危機へと立ち向かう、笑いあり涙ありの大冒険が展開されます。前作は登場するポケモンが約150種類ほどでしたが、今作は720種類にボリュームアップ。お気に入りのポケモンと一緒に旅に出られます。遊びやすいように細かいところが改善されており、まさにシリーズ集大成といった内容。本作から、直線上の相手にさまざまな効果を与える「えだ(不思議のダンジョンでいう杖)」が追加され、より戦略的になっているのもポイント。小さな子供はもちろん、大人も楽しくプレイできるおすすめのゲームソフトです。2010年にWii用ゲームソフトとしてリリースされた『毛糸のカービィ』。毛糸でできたカービィが、毛糸や布の世界を大冒険するアクションゲームです。本作は、同タイトルにさまざまな新要素をプラスした3DS移植版となっています。Wii版のカービィは、色々な姿に変身できる「メタモル能力」を持っていましたが、3DS版では新たに「さいほう能力」を取得。ボタンやマチバリなどを使った、毛糸のカービィらしいアクションができます。また、3DS版ではデビルが行く手を阻む「デビルモード」のほか、人気キャラクターのデデデ大王やメタナイトを主人公にした「サブゲーム」をプラス。Wii版を持っていた方はもちろん、シリーズをプレイしたことがない方にもおすすめの3DSソフトです。『メイドインワリオ』シリーズの最新作がニンテンドー3DSで登場。5秒程度の短いプチゲームを連続してクリアしていく”瞬間アクションゲーム”です。本作は集大成的な位置付けで、シリーズ最多300種類のプチゲームを収録。知らないおじさんの鼻毛を抜いたり、ネコが雨に濡れないように傘をさしてあげたり、トイレットペーパーを回転させて使い切ったりと、個性的なゲームが楽しめます。各キャラクターたちから出題されるプチゲームをクリアしていく「ストーリー」をはじめ、一度遊んだゲームを練習できる「ずかん」、特殊条件をクリアしてコインを稼ぐ「ミッション」、ミニゲームやBGMなど200以上の景品を獲得できる「ガチャコロン」などの4つのゲームモードを搭載。やりこみ要素も十分なおすすめの3DSソフトです。2001年にニンテンドーゲームキューブで発売された『ルイージマンション』が3DSにリメイクされました。本作は、マリオブラザーズの弟・ルイージが初めて主人公になった作品。オバケが住む洋館を舞台に、行方不明となった兄・マリオを探すアクションアドベンチャーゲームです。ルイージは、某ゴーストハンターズのように掃除機〈オバキューム〉でオバケを吸い取ることが可能。ライトを当てるとオバケがひるむので、すかさずオバキュームで吸い込んでしまいましょう。ライトはニンテンドーゲームキューブ版と同じ”オリジナル”のほか、『ルイージマンション2』で登場した”ストロボ”も使えます。また、本作は2人プレイに対応しているのもポイント。ソフトが2本あれば前身緑色の仲間と一緒に、すべてのステージを探索可能です。不気味な世界観でありながら、どこかコミカルな『ルイージマンション』。海外からの評価も高いおすすめの名作ゲームソフトです。スーパーマリオのコースを自由に作成&遊べる人気ソフト。ザコ敵をたくさん配置して誰にもクリアできないような難しいコースを作ったり、面白いギミックを組み合わせて思わずアッと驚かせるコースにしたり、コインやブロックを使ってイラストを書いてみたりと、楽しみ方はさまざまです。『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』では、すぐに遊べる任天堂のオリジナルコースが100コースも収録されているので、作るのが苦手な方も安心。また、インターネットに接続すればWii U版に投稿された人気コースで遊べます。クリア率10%以下などの超難関コースにもチャレンジすることが可能です。ニンテンドー3DSの”すれちがい通信”を使って、ユーザー同士でコースを交換できるのも魅力。魅力的なコースを作りたい方も、それをクリアしたい方も、両方楽しみたい方にもおすすめの3DSソフトです。さらわれてしまったピーチ姫を助けるために、マリオとルイージがさまざまなステージにチャレンジする横スクロールアクションゲーム。ファミコンで発売された『マリオブラザーズ』のシステムを現代風に遊びやすくアレンジしているのが特徴です。本作では、アクションゲーム初心者の方も安心してプレイできるように「アシスト機能」が採用されています。同じステージで5回ミスをすると、無敵になれる〈無敵このは〉が出現。先に進めない状態、いわゆる”詰み”を防止できます。もちろん、アイテムを取らずに頑張ることも可能です。また、ローカル通信を利用した2人協力プレイにも対応。プレイヤーはそれぞれマリオとルイージを操作して、2人で協力しながらステージを攻略できます。友達や家族と一緒に遊んでも盛り上がるおすすめ3DSソフトです。3DSソフト『モンスターハンタークロス』の後継作です。前作の4大モンスターに引き続き、新たにメインモンスターを2体追加。さらに、過去作に登場したディアブロス・ベリオロス・ラオシャンロンといった人気モンスターも数多く追加されています。クロスシリーズの特徴といえば”狩猟スタイル”。今作のダブルクロスでは、既存スタイルのギルド・ストライカー・エリアル・ブシドーのほか、攻め続けることで自身を強化する〈ブレイブスタイル〉と、サポート能力に長けた〈レンキンスタイル〉が新たに追加されました。既存スタイルについても新しい必殺技(狩技)が実装され、よりスタイリッシュな狩りを楽しめます。もちろん、モンスターハンターシリーズ最大の魅力である「マルチプレイ」にも対応。家族・友人・恋人と顔を合わせながらワイワイと楽しむローカルプレイ、インターネット経由でさまざまな人と遊べるインターネットマルチプレイができます。ひとりでも十分面白いのですが、みんなと協力プレイをしたい方にもおすすめの3DSソフトです。『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D』は、2000年にNINTENDO64でリリースされたアクションゲームです。仮面をかぶった小鬼に大切なモノを奪われてしまった少年・リンク。必死に追いかけているうちに、あと3日で破滅する滅びの世界に迷い込んでしまいます。時のオカリナによって時間をさかのぼり、世界を危機から救い出しましょう。本作は、仮面やお面によって特殊能力を得られるのが特徴。半人半魚の「ゾーラの仮面」を身に着けて水の中を素早く泳いだり、「巨人の仮面」で体が大きくなったり、「まことのお面」をかぶることで動物の心を読んだりと、さまざまなことが可能です。3DSへの移植に伴って、グラフィックが向上。また、64版は途中セーブができなかったのですが、3DS版ではセーブポイントが設置されたので、いつでも気軽にプレイできるようになりました。まだプレイしたことない方はもちろん、かつてクリアできなかった方にもおすすめの3DSソフトです。1991年にスーパーファミコン用ソフトとして発売された名作『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のはるか未来を描いた作品。ニンテンドー3DSならではの「立体視」を利用したアクションアドベンチャーゲームです。本作のリンクは、エジプトの壁画のような姿になれるのが特徴。たとえば、足場がないような場所にも壁の中に潜ってスイスイと移動できます。立体移動と平面移動を駆使した、新しい謎解きにチャレンジしましょう。ゼルダ作品は、謎解き要素が多いことから対象年齢が高めになりがち。しかし、本作は「ヒントおばけ」がヒントを教えてくれるので、詰みを防止できます。かつてハイラルを救った勇者はもちろん、シリーズを遊んだことがない方にもおすすめです。『大乱闘スマッシュブラザーズ』は、マリオやピカチュウ、リンクなど、任天堂をはじめとする人気キャラクターたちが所狭しと大乱闘する人気アクションゲームです。ライバルを攻撃して画面外に叩き出したら勝利というシンプルなルールですが、奥深さも随所にあり、海外では賞金を懸けた大会も開催されています。今作は、シリーズ最多のファイターを収録。任天堂の人気キャラクターをはじめ、パックマンやロックマンといった、他メーカーからのゲストキャラも登場します。有料ダウンロードコンテンツとして『ストリートファイター』からは流浪の格闘家・リュウ、『ファイナルファンタジー7』からは元ソルジャー・クラウドも参戦。ゲーム業界の垣根を超えたドリームマッチが楽しめます。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』は、最大4人で対戦できる「大乱闘」のほか、コンピューターと戦う1人用モード「シンプル」、ミニゲームで遊べる「競技場」など、さまざまなモードを収録。Wi-Fiに接続すれば、「インターネット対戦」も可能です。子供のころからスマブラで遊んでいた方はもちろん、初めてシリーズを楽しむ方にもおすすめしたい3DSソフトです。敵地へ単身で忍び込む潜入アクション『メタルギアソリッド』シリーズ。本作は2004年にPS2用ソフトとしてリリースされた『メタルギアソリッド3 スネークイーター』をニンテンドー3DSに移植したタイトルとなっています。ミッションの目的は、ソ連に捕らわれているソコロフ博士を奪還すること。主人公ネイキッド・スネークとなって、忍び足で歩く「スニーキング」、地面に伏せながら移動する「ホフク移動」、ときには近接戦闘術「CQC」などを駆使しながら、ジャングルの奥深くに潜入していきましょう。本作の新要素として、ニンテンドー3DSのカメラで撮影した映像を迷彩服の柄にできる「フォトカムフラージュ」を採用。背景と似たような色の写真を取り込めば、敵に見つからずにスイスイと潜入できます。『メタルギアソリッド』シリーズでは最も過去の話なので、初めて遊ぶ方にもおすすめのゲームソフトです。『Hey! ピクミン』は、前作の『ピクミン3』から4年ぶりに発売されたスピンオフ作品。見知らぬ惑星に墜落してしまったキャプテン・オリマーが、動物でも植物でもない不思議な生物”ピクミン”を率いて、惑星からの脱出を図るアクションゲームです。これまでの『ピクミン』シリーズは3Dアクションだったのに対して、本作は横スクロール型の2Dアクションを採用しているのが特徴。タッチペンでピクミンを投げたり、指示を出したり、原生生物にけしかけたりしながらゴールを目指します。ステージは40種類以上。やりこみ要素も豊富です。従来のシリーズと比べると難易度はかなり低め。クリアまでの時間制限もないので、じっくりとアクションや謎解きに集中できます。ピクミンファンはもちろん、小さな子供でも楽しめるおすすめの3DSソフトです。シンプル操作で、大人から小さな子供まで楽しめるアクションゲーム『星のカービィ』シリーズ。本作は、ニンテンドー3DS用に開発された完全新作ソフト。タイトルに”デラックス”と入っていますが、過去作品のスーパーデラックスとは特に関係はありません。ゲームシステムは前作の『星のカービィ Wii』をベースにしつつ、立体視を活かした3Dのステージや、ジャイロセンサーを利用したギミックなど、ニンテンドー3DSならではの遊びを取り入れているのが特徴。新たなアクションとして「その場回避」と「空中回避」が追加されて、スマブラのような感じで遊べます。また、ストーリー以外にサブゲームが充実しているのもポイント。最大4人で大乱闘バトルが楽しめる「カービィファイターズ!」、リズムアクションゲームの「大王のデデデでデン」、ボスとひたすら戦える「格闘王への道」など、さまざまなゲームで遊べます。やりこみ要素も充実したおすすめの3DSゲームソフトです。海外では”MEGA MAN”として親しまれている大人気アクションゲーム『ロックマン』シリーズ。本作はファミリーコンピュータ版としてリリースされた6作品と追加モードを収録したお得なゲームソフトです。収録タイトルは『ロックマン』から『ロックマン6 史上最大の戦い!