89式 ガスブロ 初速
東京マルイ No.6 89式5.56mm小銃 固定銃床型 18歳以上ガスブローバックマシンガンほかホビー, エアガン・モデルガン, エアガン, サブマシンガンが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最 … ローディングノズル内のピストンバルブスプリングを本品に交換するだけ現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 89式を使ってる時の私のスタンスが中〜遠距離での機動狙撃戦なので真逆の立ち回りになるってのを頭切り替えないといけないとこだけがネック。 とは言えこれで電動から一歩ビハインドぐらいまでは追いつけるので何とかやれている。 有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。 自衛隊の89式小銃用アイテムとして欠かせない薬莢受けのレプリカが登場。マーキングやファスナーはもちろん、陸上自衛隊独特の生地色は塗装で再現。実物の特許構造に抵触しない方法により、東京マルイ89式小銃(電動・ガスブロ)に装着できる ホビージャパン社発行の連載されているライターのについてのコラムです!是非参考に!!やはりね、日本人による日本人のための小銃と言える89式、それはそれは使いやすいですよね。M4系の人気はもちろんなんですが、この89式も未だその熱冷めやらず!現時点(2018年9月)では発売されてからそこそこ経過していますが、それでもまだまだ引く手あまた!すっかり人気モデルとなっているわけでございます。その理由は、先ほども申し上げた使いやすさだけでなく、高い命中精度やガツガツくる反動、リアルなメカやフィーリングなど、とてもわかりやすい魅力に満ち溢れているからと言えるでしょう。さて、そんな魅力たっぷりの89式なんですが、やはりM4系と比べるとチューニングベースというイメージは少々薄いのではないかな?と思うのです。そこで今回は、内部に手を入れてみることにいたしましょう。今回使用するのは  この三つです。ガスブロとしては、非常にベーシックな内容と言える組み合わせですね。そして、ただただ組み込む記事を製作するのは面白くない!というわけで、ガチの初心者の方をお呼びいたしました!!この方こう見えてめっちゃ初心者さんなんです。むしろ、この日が初めて本格的にエアガンに触れる機会であったとか。では、早速持ってもらいましょう。なかなか好評のようですね。それでは、今度は撃ってもらいましょうか!その眼差しは真剣そのもの!そして結構楽しいみたいだ!しかぁし!今回は撃つだけじゃダメなんです!分解して、チューンしてもらいますよ!!まぁそりゃそうですよね。いきなり分解しろってのもかなり無茶な話です。というわけで。記事を書いておいてこんなこと言うのもなんですが、、、、動画、分かりやすい!!!分解される際は是非ともご参考になさってください。やっぱり写真とは情報量が大違い! ※今回匿名さんに見て頂いた動画はコチラです→  それでは早速!動画をご覧いただくとお分かりかと思いますが、89式はガスブローバックに限らず長モノの中では、かなりインナーバレルに到達しやすいモデルと言えるでしょう。匿名さんもあっさりハンドガード外してねじをはずしたら、今度はレシーバーピンを外します。レシーバーピンを抜き去って、アウターバレルを抜き取ると、、、チャンバーユニットと共に銃本体からバレルが外れます。内径が違うから、弾速とか当てやすさとかが変わってくるんですよ!BB弾にとってスタート位置になるチャンバーパッキンです。今回はハードタイプを使用してみました。ホップ調整はノーマルより少々センシティブですが、安定した弾道や抜弾抵抗による初速アップが期待できるアイテムです。実に小さなリングですが、実は重要な役割を担っています。アウターバレル内でのガタつきを抑えて、インナーバレルのセンターを出してくれます。忘れがちだけど要注意!さらに、組み込み時に少しシリコンスプレーを塗布すると、組み込みがやりやすくなります。バレル周りが終わったら、今度はバルブです。アウターバレルと同じく、まずは六角ネジを外してマガジンの底板を外します。これには匿名さんもびっくり!そして、この後のマガジンの行程は、写真撮れませんでした。と言うのも、わたくしモロ☆が組んじゃったからなんですね。なぜなら、結構大変だったのです。ガスブローバックガンのマガジンは構造が複雑になりがちです。ピンやら小さなスプリングやら、奥まったバルブにハンマーのエネルギーを伝えるわけで、そのため、インナーバレルのようにスムーズにはいきませんでした。マガジン部分に関しては、先述の動画をよくよくご覧いただき、ゆっくり確実に作業していただきたいなと思います。さてさて、全て元どおりに組み直せば完成です!それでは早速、撃っていただきましょう!発射音やリコイルショックなど、全体的な底上げが図られている印象です。では、フィーリング以外の部分はどうでしょうか?そんなわけで、弾速を測ってみました!【ノーマル】【カスタム】ご覧のように、明らかに弾速が向上しました!ただ、このままだと弾速が高すぎて、使えないサバイバルゲームフィールドもあるかもしれません。その場合はハイバレットバルブNEOの開口部を減らし、パワーを調整しましょう。また、それによってガスの放出量を減らせるので、寒い時期などより安定した動作が期待できます。色々と難しそうなイメージのある内部カスタムですが、動画によって随分と楽になった印象です。分解が進まなくなった時や組み立てがわからなくなった時など、この動画は強力にサポートしてくれることでしょう。 【Photo&Text:モロ☆ Model:匿名希望】目次 1. 自衛隊の制式小銃として有名な89式5.56mm小銃のエアガン、東京マルイ「89式小銃」をレビュー。自衛隊で訓練用にも使われている89式小銃電動ガン、リアリティを追求した89式ガスガンの性能や評価、サバゲー向けのカスタムを紹介します。 オルガ orga ハイプレッシャーspr 東京マルイm4系・89式 ガスブロ対応 or-sprほかホビー, エアガン・モデルガン, パーツが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。 89式ガスブローバックをカスタム! ホビージャパン社発行のアームズマガジンでも. こんにちは、ももてんです。 東京マルイが高耐久性を誇るzシステムを搭載したm4シリーズや89式のガスブロを発売しており、安定した動作や命中率が話題になりました。 自分もデザインにやられmtr16を購入しましたが・・・マルイのガスブロm4シリーズに言えることですが初速が低い! 質問を入力してください。 についてのコラムです!是非参考に! こんにちは、ももてんです。 少し前にmtr16にorgaハイプレッシャーsprを組んで初速を上げたんですが 案の定ショートマガジンが故に冷えやすくなってしまった・・・笑 ↓前回orgaハイプレッシャーspr交換 ガスブロm4系・mtr16・89式の初速アップに!orga(オルガ)ハイプレッシャーsprカスタム - 【男… 2018年7月5日 待ちに待った東京マルイ製ガスブローバックライフル、89式5.56mm小銃〈固定銃床型〉を購入したので、早速レビューをしていきます。どうやら入荷数が少なくて予約者全員に行き渡るかすら怪しい状態みたいですね…。内容物はざっくりこんな感じ。また、取扱説明書には3点バーストの機構について詳しい説明が書かれていたり、3点バースト使用時の注意書きが描かれた用紙が付属しています。そういえば、マルイのガスブロ3点バーストってこの89式が最初?まずは、『東京マルイ ガスブローバックライフル 89式5.56mm小銃〈固定銃床型〉』の外観を見ていきます。まず、ハイダ〜フロントサイトまではこんな感じ。フロントサイト下部、実銃だとガス量を調整する為のダイヤル(規制子というパーツ)が回せるギミックは健在。バイポッドを取り付けるとこんな感じ。ハンドガードは電動ガンの時とは異なり、スチール+樹脂カバーといった構成で、かなりずっしりしています。ハンドガード全体がスチールの板で作られており、そこに樹脂パーツが付いている感じの構造ですね。また、MWSとは異なりなお、このダイヤルはクリック感が無いレシーバー部分はこんな感じ。TOKYO MARUI MADE IN JAPAN ASGKのいつもの刻印はインジェクションポート下部に入っています。ボルトオープン状態はこんな感じ。尚、保管時など、レシーバー内部にホコリやゴミが侵入する可能性があるので、使い終わったら閉じておいた方が良いと思います。グリップ底部は蓋になっており、中に小物を入れる事が出来ます。尚、ただし、電動ガンのM4とガスのM4ほどの大きな差は無いと思います。ストック・バットプレートはこんな感じ。フロントサイトとリアサイトはこんな感じ。フロントサイトは付属の調整工具を使って上下位置を変える事が出来ます。リップ・ガスルートパッキン周りと、マガジン底部(注入バルブ側)はこんな感じ。形状が異なる他、色というか尚、マガジンを挿入する時はかなりタイトで、89式用マガジンとMWS用マガジンを入れた状態。グラつかないのは安心出来るのですが、ちょっと差し込みにくいのが難点ですね…。ちなみに、89式用マガジンをMWSで使う事も可能でした。という訳で、撃っていきます。まずは常温(マガジン温度26度)から。初速は78m/s±2m/s程度でした。続いて、マガジンを温めていきます。最初、50度まで温めてから撃ってみた所、あかん事になりました。尚、40度は大丈夫でした。大丈夫と言っても、超ギリギリですけどね。尚、撃っていて気になったのがトリガーフィーリング。トリガーの引きが、MWSに比べて少しもっさりしており、トリガープルが重いです。MWSのトリガーフィーリングに慣れているとガク引きの原因にもなりそうなので、この辺りは慣れる必要がありますね…。セミ・フル・3点バーストの様子を動画で撮ってみました。動作は非常に快調で、リコイルもそれなりにあります。これは今後サードパーティから発売されるであろう、リコイルUP用のカスタムパーツに期待…。ちなみに、セレクターレバーですが、セーフティ状態にしたい場合は一旦ボルトを操作してハンマーを起こしてからセーフティに入れる必要があります。とりあえず、工具無しで分解出来る範囲で分解を行っていきます。この辺りの分解方法は取扱説明書にも記載があるので、とりあえず、テイクダウンしてボルトやスプリングガイド等を外します。ロアレシーバーはこんな感じで、MWSに比べてかなり複雑な機構になっているのが分かります。ボルトはこんな感じで、重量は245gでした。MWSはロアレシーバー側にZシステムの特徴でもある、ダンパーの機構が備わっていましたが、89式はボルト側にダンパーが付いているようです。リコイルスプリングとスプリングガイドはそれぞれこんな感じ。いわゆる二重スプリングですね。そのため、ガス89式用のマウントベースが同時発売されています。取り付けるとこんな感じに。まず、外観に関してはハンドガードがスチールになっていたり、刻印が現行仕様のR刻印になっていたりと、良い改良が施されていると思います。作動性、初速の安定性に関関しては、流石は東京マルイといった所でしょうか。というか、現行ロットのMWSはノズルの穴空けで、この問題を回避してたと思うのですが、89式は初期のMWSと同じような感じ。弄る人間からするとこっちの方が有り難いのですが、ところで、何故東京マルイのフィクスドスライドガスガン SOCOM MK23のマガジンには、ガス圧が一定を超えたらガスが漏れる弁が実装されているのに、それ以外の銃には全く実装されていないのでしょうか…。という訳で、東京マルイ ガスブローバックライフル 89式5.56mm小銃〈固定銃床型〉の開封レビューは以上になります。次はまあ、分解していきますかね。【2018年7月7日 追記】こんばんははじめまして質問なのですがガス89のハンドガードを電動89につけることはできますか?自分は電動89式を持っていないので試せていませんが、やろうとした人曰く、ガタつくので調整が必要との事です。email confirmpost date