CBDオイル 厚生 労働省

製品を輸入しました。日本で初めて CBD製品を輸入するに際し, 私は所管官庁である厚生労働省 特定課に問い合わせました。当初, 厚労省の担当者は,CBD製品の輸入は前例がなく, 大麻草を原料 とする製品であり,輸入は認められないと回答しました。

株式会社こころの商品は、その原料を厚生労働省、東京税関の厳格な審査を経て直輸入し、国内の認証を受けた食品製造工場で製品化した、高品質で安全な健康補助食品です。 仕事で、cbdオイルを取り扱うことになりそうなので、再度厚生労働省 医薬生活衛生局 監査指導 麻薬対策課に輸入の仕方を確認。 オイルの成分表; 製造工程(写真・文章など詳し … cbd(カンナビジオール)は大麻由来の成分です。日本の場合、大麻は所持も喫煙も罰則付きで取り締まる位の悪者扱いです。cbd製品を厚生労働省はどう見ているのか?cbd輸入|厚生労働省の基準についてcbdは規制薬物ではないのですが、やはり大麻成 厚生労働省は2020年4月1日に「CBD オイル等の CBD 製品の輸入を検討されている方へ」という文書を pdf で発表しました。 注目すべきは下記の2点です。 大麻に該当するか否かは提出された書類に基づいて … Extra CBD OIL、及びExtra CBD CREAMの原料となるCBDを含んだ麻種子油は、北欧の今まで農薬をまったく使ったことのない厳選された有機土壌で、EU規格のもとで育てられた麻の種子から、コールドプレス法という熱を加えない、品質に影響を与えることの少ない方法で搾られています。さらに生産にあたっては食品生産の国際的安全規格であるHACCP規格と、医薬品の国際的製造規範であるGMP規格を順守して生産されています。また、麻を原料とすると言うと、麻薬として取り扱われる大麻と考える人もいるかもしれませんが、麻の麻薬成分は“THC”という物質で、CBDとはまったく別の物質です。

一部のcbdオイル商品は、厚生労働省によって向精神成分の混入が疑われています。 税関においても対応が厳しくなっていますから、場合によっては通関で止められたり没収されることもあり得ます。ただ税関における明確な基準は発表され […] 輸入方法を厚生労働省に確認. 2月6日記事の「大麻栽培でまちおこし!?」に対する質問状には書面ではお答えできないとのことなので厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課情報係の担当者にお話を聞きました。「大麻という言葉に数種類の意味のがあるのは認めている。 これはヘンプに含まれる向精神成分に該当するもので、日本においては医療関係者であっても取り扱いが禁止されます。CBDオイルに関してはそれ自体が違法というわけでなく、THCが含まれている物だけが処罰の対象となります。厚生労働省の発表によると、商品名が明らかにされていませんから、消費者が個人輸入を行おうとする際に、これを避けたり代替品を選ぶといった自衛が困難です。以下では具体的な厚生労働省の見解と、どのようなCBD製品を選ぶといいのかについてご紹介していきます。ご一読いただけると幸いです。何故商品名の公表が行われていないのか、それは厚生労働省がCBDオイル市場の全体に、安全性に関する疑問を投げ掛けているからです。CBDオイル問題について厚生労働省は、法律違反に該当するおそれありという見解に留まっています。一律で輸入や販売の禁止を行うのは難しいですから、厚生労働省も判断や対応に困っているのが現状です。その為CBDオイル商品によっては通関出来たり没収されたりと、扱いや対応に差が生じます。多くの輸入販売業者は、厚生労働省に輸入許可の明確な基準の開示を求めています。一方の厚生労働省は、輸入や販売を行う業者に対して、取り扱い商品の原料や製造工程の提出を請求しています。ただ税関に対しての通知は不十分なようで、CBDオイルが少量だと無検査で通関出来たり、またその逆の事例もあるなどやや混乱している状況です。販売業者は原料や製造工程だけでなく、成分分析表の提出も行って、取り扱うCBDオイルの安全性を証明しようとしています。輸入が解禁された5年前から比べても、厚生労働省の基準が厳しくなっていますから、成分量に違法性があるものは税関を通過することはできません。違法成分が0.3%以下であれば、法律に抵触することはありません。CBDの成分そのものではなく、どれくらい違法成分が入っているのか明記されていないCBDオイルが問題なんですね。逆にいえば、心配な方は個人輸入ではなく、正規代理店から注文すればもっと安心して通販することができますよ◎ 関連記事:#ブルーバードボタニカル本社のメンバー少なくとも、どれくらい成分が入っているのか証明出来ないと通関が困難になりますから、購入を検討する際には証明が行える相手を選ぶことが必要です。厚生労働省の対応は少し遅いので、業者や消費者の間ではイラ立ちが起こっていますが、今後議論をくりかえして更に詳しい基準が設けられるものと考えられます。信頼のできるメーカーのCBDオイルであれば、個人輸入でも安心して購入できますが、初めての方や違法性に不安を感じている方は、アフターフォローがしっかりしている正規代理店を選ぶといいでしょう。ただ、わたし自身が数十種類の中には粗悪なCBDオイルもありましたが、優良なメーカー&代理店のものしかご紹介していませんから、安心してご参考にしていただければと思います。 また、個人輸入に関しても注意が必要です。最近では、違法成分を含まないCBDグミを輸入しようとして、税関で没収の憂き目にあった、という事例もあります。どの部位で作られた製品なのか、証明書を税関に提出しなければ輸入できない場合もあります。余計な心配をせず、簡単にCBDを手に入れたいという方は、やっぱり信頼のできる代理店を選ぶのがベストかと思います。個人的にはVapemaniaさんばっかりですね、ここ最近は。成分分析表を提出して、厚労省の許可を得た最新の製品だけを取り扱っています。  あとは、気になることはなんでも質問できるCBDMANIAさんも◎。 (CBDMANIA公式サイトへ) #画像クリックで最新の記事へ♪#画像クリックで最新の記事へ♪➡️ → 年間300日くらいスノーボード、サーフィンを楽しんでます。 ➡️  残りの2ヶ月間は寝て過ごすナマケモノ・オーガニック・スタイル。です。 © Copyright 2020 CBD リキッドの効果ガイド【CBD ORGANIC STYLE】. Shopping cartShopping cartCBD(カンナビジオール)、CBDオイルは近年急速に、認知され人気がでてきた商品です。そのため、法律(大麻取締法)で明文化されていない箇所も多く、グレーな部分が多かったのです。 しかし、2020年4月に厚生労働省からCBDオイルのCBDオイル等の CBD 製品の輸入に関する発表がでたことで、今までグレーだった内容が明確になりました。 それではその内容とともにCBDに関する日本の法律・法規制を見ていきましょう。 目次 そもそもCBDオイルが違法?合法?となるのはCBDが大麻草から抽出されているからです。そのため、大麻取締法に抵触する可能性があり、「CBDオイルは違法ではないのか」という話になります。 違法、合法の議論について、結論はということになります。 なぜそういうことになるのか、それを理解するには大麻取締法について知る必要があります。  CBDオイルは大麻草から抽出されるのだから違法ではないか、と思うかもしれませんが実はそうでもないのです。その理由は大麻取締法の「大麻」の定義にあります。以下は大麻取締法の第一条ですが、 第一条:この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。  そのため、大麻草の茎から抽出したCBDオイルは合法ということになります。なお、種子にはCBDは含まれていませんが、ヘンプシードオイルとして輸入され、使用している方も多くいます。 関連記事:CBDオイルは違法か合法か?実は違法なCBDオイルも存在CBDオイルは基本的には合法で、使用しても捕まることはありません。しかし一方で、違法とされるTHCを含んだCBDオイルも見つかったり、フライデーで「危険極まりない合法ドラッグ」と紹介されるなど、誤って逮捕なんてことにならないよう、安心できるCBDオイルを買うための知識は必要です。... 「CBDオイル」と「ヘンプオイル」の違いは?買う前に知るべき本当のことCBDオイルとヘンプオイルの違いは簡単にいうと麻のどの部分から抽出されたオイルか、ということです。抽出場所によって、成分や効能が異なるため、目的に合わせて使い分けることをおすすめします。また、ヘンプオイルであってもCBDの成分を含んでいる場合もありますので、原材料を見てから買うといいですよ。...  厚生労働省の発表では「大麻」について以下のように述べています。 大麻の規制について(1)大麻取締法における「大麻」とは・大麻とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいいます。・ただし、大麻草の成熟した茎及びその茎から作られる繊維等の製品(樹脂を除きます。)と、大麻草の種子及びその製品は規制対象から除かれます。・我が国では、都道府県知事の免許を受けた大麻取扱者(大麻栽培者・大麻研究者)のみが大麻の栽培、所持、譲受・譲渡等を認められており、大麻取扱者以外の者がこれらの行為を行った場合は罰せられます。・大麻の輸入は、大麻研究者が研究の目的で、厚生労働大臣の許可を受けて行う場合にしか行うことができません。 すでに書いたとおり、厚生労働省も「大麻」に大麻草の成熟した茎及びその茎から作られる繊維等の製品(樹脂を除きます。)と、大麻草の種子及びその製品は規制対象から除かれると明文化していますね。  今まで厚生労働省はCBDに関して明文化した文章を出していませんでした。そのため、CBDを輸入する際に、担当者によって言っていることが違うということもしばしばありました。しかし、今回、CBDの輸入に関して明文化されたことで、合法のCBDオイルなどが日本に参入しやすくなったと言えます。 その内容の重要なポイントは以下のとおりです。  大麻草の成熟した茎又は種子以外の部位そのため、 関連記事:【3分で理解】CBDオイルは必ず茎から抽出じゃないと駄目なワケCBDオイルはヘンプ(大麻草)から抽出されたCBDが入ったオイルです。しかし、どこから抽出されたかで、日本で販売可能なCBDオイルかどうかが決まります。誤って違法なCBDオイルを買わないためにもCBDオイルは茎から抽出されたものを買うようにしましょう。...  大麻草から抽出・製造されたかに関わらずまた、化学合成された THC についても麻薬及び向精神薬取締法で「麻薬」として規制されていますので、原則として輸入できません。 THCを含む場合、「大麻」に該当しないとは言い切れないのは、THCがいわゆる「ハイ」になる状態させる成分だからでしょう。アメリカやヨーロッパでは、何パーセントまでなら可としている場合もありますが、日本では違法になります。 CBDとTHCを一緒に摂ることでそれぞれの働きに相乗効果が期待されているので残念ではありますね。 関連記事:CBDとTHCの違い|効能や副作用の違いまで、簡単解説CBDとTHCの違いがひと目で分かるように表にまとめました。CBDとTHCのもつ効能や副作用の違い、日本での使用についてなど気になる点を網羅。CBDオイルなどのCBD関連商品を買う前にまずはこの違いだけはチェックしておきましょう。...  CBD製品の中にはフルスペクトラムCBDという、大麻草に含まれる成分(カンナビノイド)が全て入っている商品があります。たとえ大麻草の茎から抽出したCBDオイルであってもTHCを微量に含んでいる可能性が高く、  以下、厚生労働省発表の抜粋です。 CBD 製品について・大麻草の成熟した茎又は種子以外の部位(葉、花穂、枝、根等)から抽出・製造された CBD 製品は、「大麻」に該当します。・なお、大麻草から抽出・製造されたかを問わず、大麻草由来の成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を含有する CBD 製品は、「大麻」に該当しないことが確認できないので、原則として輸入できません。また、化学合成された THC は麻薬及び向精神薬取締法で「麻薬」として規制されていますので、原則として輸入できません。※「大麻」の輸入は、大麻研究者が厚生労働大臣の許可を受けた場合にのみ可能です。また「麻薬」の輸入は、麻薬輸入業者が厚生労働大臣の許可を受けて輸入する場合等のみ可能です。・「大麻」に該当する CBD 製品を輸出入、所持、譲渡、譲受した場合は罰せられる可能性があります。・化学的に合成された CBD は規制対象とされていませんが、輸入に当たっては「大麻」でないことの確認を求められる場合があります。  すでにこの記事でも取り上げましたが、CBDオイルが違法か合法かについてや、CBDに関する法律の知識を深めたい場合はぜひ合わせてお読みください。 CBDオイルは違法か合法か?実は違法なCBDオイルも存在CBDオイルは基本的には合法で、使用しても捕まることはありません。しかし一方で、違法とされるTHCを含んだCBDオイルも見つかったり、フライデーで「危険極まりない合法ドラッグ」と紹介されるなど、誤って逮捕なんてことにならないよう、安心できるCBDオイルを買うための知識は必要です。... この記事で紹介した厚生労働省の発表資料は以下より見ることができます。   麻やCBDオイルはこの20年で急速に研究が進み、またその健康面での価値に多くの人が気づき始めました。関連記事CBDと麻ショップ