M4 パトリオット カスタム

見た目もストックレスですっきりしており、実際にグリップを握ってみてもすっきりしたレシーバー周りや、マガジンの装着しやすさであったり、ハンドガードも持ちやすく照準を合わせる際にもいいですね。出典: M4パトリオットHCのマガジン!最初からついているマガジンもゼンマイ式でとても使いやすいです。出典: パトリオットという銃を考えると…。パトリオットはいろいろな形で存在しています。架空の銃であったり、海外メーカーが出している物もありますので、いろんなものが考えられるので一概にパトリオットというとこれ!というのを見つけるのは難しいですね。Rocky Mountain Arms社など複数の海外銃メーカーが出しているアサルトライフルのようなハンドガンの商品名を指します。実質日本のメーカーが出しているのはM4カービンライフルを改造したものでM4パトリオットHCなのは上記において説明しましたが、パトリオットと一口に言っても様々なものがあります。出典: パトリオットはM4のカスタム!パトリオットはもとの銃がM4シリーズなので、カスタム性能は果てしなく高いです。20mmレールなどの互換性などとてもカスタマイズしていて楽しい銃です。余談ですが、海外のパトリオットはストックレス化させ、レシーバーやハンドガードなどを削ったりと、試行錯誤した結果、本来のアサルトライフルではなくハンドガンのジャンルとして商標登録させたそうです。ただ非常に扱いにくい銃に仕上がったみたいですが、ロマンがありますね。出典: 見た目は小さいが、元はアサルトライフルなのに、ハンドガンとして登録されているとのこと。海外ではパトリオットをハンドガンとしているそうです、あの火力でハンドガンというのは少し納得がいかない点もありますが、片手で撃てないが、火力も非常に高いのでロマンあふれるいい銃ですね。出典: 小さくたって!小さくたって関係ありません!夢のような連射性能…たまげますね。見た目は小さいですが、M4カービンライフルを改造したものなので、火力も問題ないです。取り回しについても問題があるわけですが、火力はロマンの塊です。 m4パトリオットhcを1年間使ってみたので、レビューを書きます。イメージ通りの使い易さで購入して大満足。ただし気になった点もあるので、包み隠さず書きますよ。初心者からベテランまでオススメで …

実際にサバゲーで使うことなどを考慮してあるので、ハンドガード周りや、レシーバー周りなどは違う部分が多いですが、それもサバゲーで使うことを考えると問題は見受けられませんね。 右側のパトリオットの刻印もかっこいいです!ハンドガードを取り外し、バッテリーを交換するタイプになるため、サバゲー中でもそんなにバッテリーを交換するのに時間はかからないです。

終盤に差し掛かったところで、思い切ってフルオートで敵陣に突っ込んだところ2分くらいで5人ほどKILLできたのはいい思い出になりました。 ツインドラムマガジンと大容量バッテリー、そしてダットサイトとショートスコープを取り付け、予備としてストックを取り付けられるようにしておくのがおすすめです。 昔、友人とパトリオット出ないかな?なんて話で盛り上がり、行きつけのミリタリーショップの店員さんと話しているとドラムマガジンの構造が複雑なので出ないかもしれないね、なんて話をしていたのですが、その弱点も克服し、見事ツインドラムマガジンをひっさげ発売されました。 東京マルイ m4 パトリオット カスタム 飛距離アップ インナーバレル 加工 交換 2丁のM4を面ホップ化して効果を確認できたので、パトリオットも面ホップ仕様にする。 あとはパトリオットというと広域防空用ミサイルがありますね。本当に目から鱗が落ちるほどの勢いです。東京マルイがHCでパトリオットを出すと聞いた時には歓喜してしまったほどです。

なんといってもスカッとする連射性能には度肝を抜かれますよ。反動も楽しめ、もちろんセミオートの性能も高く、ぶれたりしないためすごくいいです。



ハンドガード周りもいろいろと取り付けられるうえに、バッテリー交換もハンドガードを外してハンドガード内部に入れるものになるためバッテリー交換は容易です。

アッパーレシーバーなど交換しなくてもLR300フォールディングストックなどの他パーツを取り付ければストック化もできるのでカスタマイズの際には参考にしてみてください。 M4パトリオットHCを1年使用して良い点悪い点、分かってきました。どうも、サバゲーブロガーゆきお(「使ってみてわかりました。今回はM4パトリオットHCだけにスポットを当てて、レビューを書いていきます。5秒で分かる目次M4パトリオットを買った理由の一つがバッテリーやマガジン、ストックなどすべて入れても2kgいかないくらいの重さ。片手で構えながら匍匐できるのが意外と重要だと思っていて、もしも目の前に敵が現れてもそのまま攻撃すればOK。しかもエアソフトガンが小さいので、目を良く凝らしてみると、たまーに不自然に草木が揺れている場所があります。その草木に撃ち込んでみるとヒットがたまーに取れるので、お試しあれ。M4パトリオットのバッテリーはハンドガード内に収納できます。外からバッテリーが丸見えなので、「ストック内に入れるエアソフトガンに比べると、M4パトリオットは雨にダメかな…?」と思っていました。傘さしたくなるレベルの雨の日にサバゲーへ行ってきました。さらに雨が強くなればビニールではダメかもしれない可能性もあります。その前にサバゲーしたくないと思いますが…ま、当然ですが雨の日に電動ガンを使用するのは自己責任でお願いしますね。バッテリーに関連して、M4パトリオットはバッテリーを入れるのにコツが必要です。M4パトリオットはまずハンドガード内にバッテリーを入れて、コードをツメに引っ掛けます。んで、次に電動ガン側のコネクターと、バッテリーのコネクターを接続するのですが、ここでコツが必要です。コネクターは〇と□になっていて、カタチが合わないと接続できないという仕組み。コードがねじれた状態でも入らないことはないと思いますが、かなり無理矢理。コードが傷つく可能性があります。そしたら説明書通りにハンドガードを元に戻して完了。ハンドガード内に入るバッテリーが限られていて、自分が持っているバッテリーは1本しかありませんでした。エチゴヤさんのバッテリーです。どこのメーカーか忘れましたが、この真っ黒のバッテリーはハンドガード内には入ります。が、ハンドガードとエアソフトガン本体との2つには合体できませんでした。純正と同じ大きさのバッテリーを持っている人なら心配ありません。が、さらに35m先の集弾性はよろしくないです。遠くまで飛ばないからといって、敵が倒せないという訳ではありません。簡単なことです。飛ばない電動ガンでヒットが取れるようになれば、どんなエアソフトガンを使ってもヒットが取れるようになると思いませんか?“弘法筆を選ばず”ならぬ、”上手いサバゲーマーエアソフトガンを選ばず”ってやつです。「敵があの位置にいるから、右から回っていけば敵の死角を移動しつつ前進できるな…」みたいに考えてみると、案外イケるときがあります。M4パトリオットはストックが元々ついていません。ストックと言っても色んなカタチのものがあって、自分はMAGPUL社のMOEタイプを使用しています。見ればわかるんですが、MOEタイプって一番短くしても15cmの長さ。匍匐して進むときに15cmの長さが意外と邪魔になるんです。さらに言うと個人的にはスリングも使いたくない。ゲームが始まれば常に手に持っていますし、草木に引っ掛かることもあるので、自分はスリングを使っていません。話が脱線してしまいましたが、自分がストックを買い直すならワイヤーストックタイプにします。ワイヤーストックというのはこんなカタチのストック。MOEタイプほどストックが伸びませんが、その分コンパクトに収納することができます。軽い、小さい、というサバゲーにおいて重要なポイントを抑えているM4パトリオットHC。問題点は飛距離だけ。自分でカスタム出来る人は自分でカスタムすればいいですし、出来ない人は行きつけのショップにカスタムをお願いしましょう。ぜひ手に取ってM4パトリオットHCの魅力を体感してくださいね!初心者や耐久戦への参加者が増えてほしいを願いつつ、サバゲーブログを書いています。サークルのPVがきっかけで、サバゲー仲間の結婚式PVを制作。今はYouTubeの動画編集マン。100本以上の動画編集をし、現在編集歴1年経過。→→©Copyright2020