pubgモバイル パラシュート 距離

【PUBG】「最長距離は3km!」パラシュートで届く距離と降下速度の参考をまとめた動画が公開! 2017/08/22 2017/09/10

SHAREPUBGモバイルにおいてパラシュートは、初動で生存できる確率が変わるくらい重要なものです。そこでこの記事では、パラシュートの基本操作について解説し、初動を有利に進めるためのパラシュートのコツなどについてもお伝えしていきます。パラシュートは以下の3つの動作が基本となります。これらの操作を上手く行うにはなのでここからは、この2点について掘り下げて解説していきます。パラシュートでしっかりと見ておくべき表示は以下の3つです。上記3つの内容を順に解説していきます。ここでいう距離はプレイヤーの現在地と、ピンを立てた目的地のことです。図のようにマップをタップしてピンを立てることで、目的地とプレイヤーの距離を測ることができ、輸送機から降りる適切なタイミングを測ることができます。基本的な飛び方では1500mしか飛ぶことができないので、この距離感を把握しながら目的地を決めておくとより良いパラシュートができます。搭乗人数は現在輸送機に何人乗っているかを示す数字です。プレイヤーが何人乗っているかを確認しておくことで、自分が降りたい地点にどれくらい人が来る可能性があるかを、ある程度予想ができるようになります。初心者の場合だと、ほとんどプレイヤーが乗っていない時まで待ってから飛ぶことで、接敵しにくくなって生き残りやすかったりします。下降速度はその名の通り、パラシュートで下降する速度です。輸送機からジャンプした直後から表示され、真下を向いた時が最速で、234km/hまで出るようになっています。この速度が早ければ地上に降り立つのは早いですが、その分遠くまで飛ぶことはできません。目的地との距離を確認しながら速度を調整することをオススメします。パラシュートの操作方法についてですが、基本的には以下の5点を抑えておけばOKです。ほとんどの人が感覚である程度できる範囲だとは思いますが、一応こちらも1つずつ解説しておきます。飛行機で飛んでいる時に、降りたい場所でタップすることで飛行機から降りることができます。飛ぶ時の方向を変えることができるのが、デフォルトでは左側にあるスティックです。上下に引っ張れば前後に、左右に引っ張ると横飛びになります。これはプレイヤーの傾きの操作で、図のように空いている場所で操作することができます。ここで向きを調整して、プレイヤーが下を向けば早く、上を向けば遅く下降していくという感じになります。目のマークのついたボタンで、ここを掴んで回すことで周囲を見渡すことができます。自分の降りたい場所に敵が降りてないかなど、主に索敵する場合に使えます。下降した瞬間から「開く」という、パラシュートを開くボタンがあります。普段は画面右側にあるラインの白い部分まで降りることで自動的にパラシュートが開くようになっていますが、このボタンをタップすることで自動パラシュートライン到達前に強制的に開くこともできます。ただしパラシュートを早めに開くと下降速度はもちろん遅くなってしまうので、これを使用するのは遠くに飛びたい場合のみにしておくといいでしょう。ここまでが基本的なパラシュートの操作となります。ここからは、パラシュートで上手に降りるテクニックについて解説を進めていきます。パラシュートのテクニックを使った下降方法ですが、主に以下の2種類が主流となります。なのでここからは、こういったテクニックを使うコツについて解説していきます。最速降りは、同じ場所に降りてくる敵プレイヤーよりも早く降り立つことができるため、初動で打ち勝ちやすくするためのテクニックです。この最速降りをするコツとしては、以下の3つの要素が重要となります。文章では少しわかりづらいので、下の操作画像も確認してみてください。このようにスティックは約45度をキープしながら、右のスペースを操作してプレイヤーに真下を向かせておく飛び方です。操作はジャンプ直後から行うのが現状最も早い降り方となるため、この部分を考慮すると実際に飛ぶことのできる距離は800m前後となります。ちなみにですが、真っ直ぐ飛べていないと距離が伸びて目的地まで到達できないことがあります。そのため、斜め降りでしっかり目的地の方向に飛べているかを確認しながら、方向の調整も行うようにしましょう。ロングパラシュートは通常1500mしか飛べない距離を伸ばして、初動で敵があまりこない場所まで飛ぶテクニックです。エランゲルでは1マス1000mなので、1.5マス分が通常の限界の距離となっています。このロングパラシュートを行うためのコツとしては、以下の2つの要素が重要になります。操作イメージとしては、以下の画像のような感じとなっています。下降速度が40km/hを維持できるように、スティックをちょこちょこ前に倒すイメージです。これをパラシュートを早めに開き全ての人がロングパラシュートすることはほぼないため、これを行うことで初動で接敵する確率を大幅に下げることができます。レート上げをしたい場合などは初動死するとかなりマイナスが大きいので、こういった方法で守るのもありかもしれません。これでパラシュートに関するコツは以上です。ここまでお伝えしてきたように、パラシュートはプレイヤーの操作によって、降りる速さや飛べる距離がかなり変わってきます。初動で有利になるためにも、ぜひ参考に試してみてください。CATEGORY :TAGS :【PUBGモバイル】TommyGun(トミーガン)の評価とおすすめのアタッチメントまとめ【PUBGモバイル】R45の評価とおすすめのアタッチメントまとめ【PUBGモバイル】QBUの評価とおすすめのアタッチメントまとめ【PUBGモバイル】M762(ベリル)の評価とおすすめのアタッチメントまとめ【PUBGモバイル】ギリースーツの入手方法と特徴【基本的な使い方も解説します】【PUBGモバイル】AUGの評価とおすすめのアタッチメントまとめこのサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。次の記事 akiPUBGモバイルのクラン「ガバリシャス」隊長のakiです。自分でプレイしていて疑問に感じたことや、知っておくと便利な攻略情報などを発信しています。YouTubeではライブ配信などもしていますので、よかったら遊びにきてください!

あらかじめご了承ください。

・公序良俗に反する投稿 © 2020 Gavaricious All rights reserved. ピンまでの距離100mの地点でパラシュートが開きます! パラシュートが開いた時に、ピンまでの距離が100m前後でなかった場合は 降下タイミングか、移動の段階でミスがあるはずなので、修正していき … 「pubgモバイル(pubg mobile/スマホアプリ版)」においてパラシュートや降下中のコツやテクニックを紹介しております。距離を稼ぐ方法など役に立つ情報もまとめておりますので是非参考にしてください… パラシュートが開いてからなにもボタンを押さなかった場合、54kmで向いてる方向に降下する パラシュートが開くのは地面から300m離れた場所 よって山の上や地形によりパラシュートの開く高さが変わる これをパラシュートを早めに開き長い距離を40km/hの速度で降りていくことで、通常より長い距離を飛ぶことができるようになります。 全ての人がロングパラシュートすることはほぼないため、これを行うことで初動で接敵する確率を大幅に下げることができます。

コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 PUBGモバイル攻略WikiPUBGモバイル(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS Mobile)の攻略まとめトップページです。ゲーム内の最新情報やドン勝のとり方、操作説明や各武器の解説など様々なお役立ち情報をお届けします。「PUBGモバイル(PUBG MOBILE/スマホアプリ版)」においてパラシュートや降下中のコツやテクニックを紹介しております。距離を稼ぐ方法など役に立つ情報もまとめておりますので是非参考にしてください!基本的に降下時の飛距離は約1500mまでしか伸ばすことができません。それ以上の距離を稼ぐには下で紹介するテクニックを使ったり、車を見つけて陸を移動するしかありません。その点を理解して目的地を決めましょう。マップを開くと薄く白い線や黄色い線が上下にマス目状になるように表示してあります。白いマスは1辺が100mでできているため、線1本毎の間隔は100mということになります。とはいえ、飛行機のルートが毎回必ず真縦・真横であるわけではないので上画像に掲載している長さを参照にすると良いでしょう。黄色いマス(砂漠は黒色)は1辺が1kmでできているため、線1本毎の間隔は1km(1000m)ということになります。目的地を決める際の物差しとして活用しましょう。上記で紹介した方法をまた、2分以上「前に倒す→離す→前に倒す→離す→前に倒す…」の動作をするので非常に疲れます。覚悟の上で行いましょう。記事をシェアする以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 2km×2kmのモバイル版限定マップ「Livik」では、他マップよりもダイブし始める高度が低いため、同じ感覚で滑空すると目的地まで届きません。 Livikでは500mくらいで下斜め降りを行うと良いでしょう。